This page has been translated from English

科学は、超自然と奇跡を許可していますか?

付録A -スーパーナチュラルとミラクルズのために科学を許可しますか?

一部の人々は奇跡的に不可能だと思う、そしてこの主張の正当化として科学を使用してください。 奇跡は、神からの奇跡、または聖なる天使たちを通して働いていたかもしれない。 または奇跡は、堕天使からの偽サイン、奇跡と不思議の形で来ることができる。

次の目標は、神の奇跡的な能力を示すことであり、聖と堕天使は、現代物理学の用語や理論を用いて、科学によって許可されます。 これは、彼らが現代物理学の観点から、そのような事をする方法を説明しようとしていると向かっています。
これを行うための主なポイントは、現代科学は奇跡の存在を排除しないことを示すことである。 私は、現代科学が実際に完全に科学の法則に違反することなく奇跡を動作するようにどちらかの種類の神や天使のどちらかのための、そして天使と彼らの聖書に記述さの能力の存在を実現できると考えています。 関係する科学は、すべて単なる理論、主に世俗的な理論であり、そしてそれの多くは一部の人々がそのように受け入れられているものの私は、それのどれが正しいと主張していない。

奇跡は、現代科学の理論と競合しない方法

天使のようなビジョンのカテゴリのすべては、超自然的なイベントと呼ばれる。 神、聖なる天使たち、そして堕落した天使の"超自然"の活動を記述するために聖書のいくつかの単語があります。

ギリシャ語 - 兆候"semeion"(4592)、"TERAS"(5059)、そして奇跡"デュナミス"を(1411)疑問に思う。 これらの同じ3ワードは、すべてのコンテキストで使用されています:

1。 神 - 看板、不思議、と神、イエスキリスト、そして奇跡の贈り物を通じて、聖霊は、聖書のようで見ている奇跡の神の力

2。 聖なる天使 - 聖天使。 (行為2:22、午前5時12分、2ペテロ2:11、ヘブル2:4)

3。 竜と獣の堕天使、、そして"カエルのような3悪霊"。 (マット24:24、テサ二2時09分、リビジョン13時02、14、16時14)

聖書からそれは彼の三人の神、聖なる天使たち、そしてまた堕天使が、すべての兆候、不思議、そして奇跡を行うことができること。明確である どのように、物理学の用語で、神は看板、不思議、そして奇跡をうまくいくかもしれない?

ゲン1:1 はじめに神は天と地を創造した。

エペソ3:18 すべての聖徒とともに理解できる可能性がありますどのような幅広さ 、および長さ 、および深さ 、そして高さ [です]

REV 1:8 私はアルファであり、オメガ、 始まりと終わり 、である、とした、とこれは、全能の神を来てである言う主です

現代の科学によると、我々はobservably 4次元宇宙に住んでいます。 宇宙は我々が見ることができる時空を等しくスペース(3)+と時間(1)大きさ、で作られています。 神は、神は"天と地を創造"するときに、我々は(長さ、幅、および高さ)を参照してくださいスペースのすべての3次元を行いました。 (また、エペソ3時18何かのより多くのサイズまたは範囲または全範囲を比較する"深さ"への参照。)神は時間自体の作成をマーク、"初めに"時間の次元を加えた、時間の次元我々はそれを知っているように。 神は永遠であり、時間自体をしたこと、神は時間の外にある、と時間が作成される前にここにあった。 神は時間の次元に対して、完全な権限とコントロールを持っています。 神はまた、我々が見ることができる空間の三次元を作り、またそれらの外です。 そう、神はそれをすべて作り、それを作成した、全宇宙の外にあります。

それは科学で言及されるため上記の私は言葉"次元"を使用してください。 ウィキペディアを引用すると、
"物理的には、次元はすべてスペース(参照量)と、その時間内の位置(T -軸に沿ってスカラーの次元として認識)だけでなく、内に構造されているオブジェクトの空間的な憲法の構成素構造を指すパーティクルとフィールドの概念の両方との相関関係は、質量の相対的な特性に応じて相互作用し、そしてそれは説明で根本的に数学的です。 これらまたは他の軸は一意に他のオブジェクトやイベントへの態度との関係におけるポイントや構造を特定するために参照されることがあります。 このような一般相対性理論のような時間を組み込む物理的な理論は、、(ミンコフスキー空間として定義される)、4次元"時空"で動作するように言われています。 現代の理論は、量子フィールドとストリング理論を含めて"高い次元"になる傾向があります。 量子力学の状態空間は無限次元の関数空間です" - 次元、ウィキペディア

用語"次元"のこの使用は、"平行宇宙"のサイエンスフィクションの概念と混同しないようにしてください。 再び言葉"次元"でウィキペディアを引用する、
本当にパラレルユニバース、別の宇宙、または存在の他の面に言及する場合、"サイエンスフィクションのテキストは多くの場合、次元の概念を言及。 この用法は、いずれかの標準のもの以外の方向/次元に移動する必要があります存在の代替/パラレルユニバース/平面に旅行するという考え方から派生しています。 実際には、他の宇宙/航空機は離れて私たち自身からほんの少しの距離ですが、距離は、第四(またはそれ以上)の空間(または非空間)の次元で標準的なものではありません。"

あなたが上記を参照できるように空想科学小説の"平行宇宙"という概念は、実際には、科学の用語"次元"を使用すると非常に異なっています。 理論的には、"平行宇宙"は、3空間次元(長さ、幅、高さ)および時間ディメンションを持つことになります。 それは理論的には"平行宇宙は"実際には独自の4次元を持っていることを意味します。 さらに仮定は、独自の4次元を持つパラレルワールドへの旅行を可能にするために使用される我々の宇宙〜5 番目の次元があるということです。
それは定義上"宇宙"がすべてであるので、"平行宇宙は"、私たちの宇宙が持っていることと同じ4次元を使用していると言って正確ではないでしょう。 ので、"パラレルワールド"は、その現実と宇宙論的構造を定義し、単に図面の使用には、私たち自身の宇宙に継承借りる以外の寸法の独自の構造を持っている必要があります。 もちろん、これは実際の科学とは何の関係もないサイエンスフィクション、から来るすべて架空の理論です。 そして私はこれを明確にしたい、科学は"他の次元"でストレートな理論を持っている任意のステートメントとして"パラレルユニバース"のサイエンスフィクションの概念を行うには何も持っていません。 科学は我々の宇宙に内在する"5 番目の次元"の観察のいくつかの証拠を発見した場合、これは"平行宇宙"とは何の関係もありません。 用語"次元は"最初の科学の用語であり、誤解を招く、その意味が解釈されるように、空想科学小説から借用されています。

, and that at the end of the 6 th day God “ saw every thing that He had made, and, behold, [it was] very good…Thus the heavens and the earth were finished, and all the host of them.” Gen 1:31,2:1.聖書は、"初めに"神は"天と地"を作ったことを教示している、と6 番目の日神の最後に"彼が行ったことをすべてのものを見たこと、そして、見よ[それはだ]非常に良い...こうして天と地が終了し、それらのすべてのホストされた。"GEN 1:31,2:1が。

これは天と地、そして、それらのホストを行う際に、神は彼が作ったすべてのものを作ったことを意味します。 神が作ったもの以外の何か他のものがない、と我々は神が作ったのかを知る宇宙の全体に加えて、他の宇宙で作られた説明をしていません。 そう、実際にそこには"パラレルユニバース"がないとこの宇宙はすべての神であるとして概念自体が、聖書と矛盾が作ったと言われており、聖書によって明確に定義されています。 神は天と地を作り、これらの用語は明確に定義されており、神が天と地のほかに作ったことよりも、それらのホストはありません。

神が作った、と聖書は私たちのためにそれらのそれぞれを定義していること(複数可)我々は地球が何であるか知っているが、これを超えて複数の天国があります。

最初の天は、空や大気であり、そして雨が来ると鳥はどこに飛ぶところです。 (ゲン1:7-8、エレミヤ4時25分、リビジョン19:17、DEUT午前11時17分、28:12、ユート5:4、14:17の使徒)

第二天は太陽と月、そしてすべての星、惑星、そして銀河が置かれている外側の空間、です。 (エレミヤ8時02分、伊佐13:10)

神が宿る場所第三の天は神の王位がどこにあるか、であり、そして天使たちは天国にいる人される場所です。 (1金武8:30、PSA 2:4、11時04分、伊佐66:1、2チャンネル18時18分、マット5:16)第三の天にも"最高の天国"や"天の天国"と呼ばれています。 それは第一および第二天の天国なので、それは"天の天"と呼ばれています。 (1金武8時27、DEUT 10:14)

そしてその地球、大気(最初の天)、(第二天)宇宙空間、そしてどこに神の王位と天国で天使たちが住む(第三の天には)神の創造のすべてに存在するすべての領域です。 これらのどれも"平行宇宙"ではない、ので、聖書には存在する任意の"パラレルユニバース"を説明していません。 むしろ、創造の全体の聖書の徹底特徴付ける、実際には"平行宇宙"の概念の線に沿って何かの存在を排除する。

すべてのその科学の文脈における用語"次元"を使用して、言われて、(空間的な長さ、幅、高さ、および時間は)我々が知覚できる4に加えて、そこに神が作った以上の次元であり、肉眼で見る? 聖書は目に見えない霊的な領域があるか教えるので、我々が感知できるよりも多くの次元が存在している可能性だ。

地球は我々が見ることができる4次元を持っていますが、また聖書は、地球上のすべての私たちの周りに見えない霊的な領域があることを教え、そしてこの精神的な領域では、霊聖天使、堕天使、そして悪魔のような、存在感を持っている。 私たちは、悪魔が、彼らは追放されると、砂漠の場所を通過ことを知って、まだ我々は彼らを見ることはできません。 目に見えないまま、(マット12:43、ルカ11:24)我々は、軍隊が目の前で、目に見えない形でこの地球上に存在できることを知っている。 これはエリシャと彼の友人の場合に起こった、 そしてエリシャは彼が見ることができるよう、私は、なたの祈り、彼の目を開くと、、主の祈り、そして言った。 と主は若い男性の目を開かそして彼は見た:と、見よ、山[だった]馬とエリシャ約火災のラウンドの戦車の完全な"(2金武6:17)神は、彼の目を開いたとき精神的な領域、彼は彼らのために戦うすべてのそれらの周りの軍隊を見た。 これは、すべて私たちの周りに存在する精神的な領域ですが、目に見えないです。

同じ軍隊の一種、"天国のホスト"または神の天使である神の軍隊、 いや、エリコの戦いでジョシュ5-6で述べた"と彼は言われています。。しかし、ホストの[として]キャプテン主の私が今来ています。 そしてジョシュアは地球に彼の顔に落ち、そして礼拝を行なったし、彼の使用人わたしわが主を言う何が、かれによると?"(ジョシュ5:14)"主のホストは、"天使であるか、彼の軍隊です。 ジェリコの壁は奇跡的に落ちるように見える一方で、聖書は神の天使の軍隊が存在していたことを示しているではありません。 それは、神の天使が降りてくるエリコの壁の実際の仕組みに手を持っていたことを完全に可能性があります。 そして私たちは地球上でここに目に見えない精神的な領域があることを知っています。
最初の天で、雰囲気は、聖書はまた、目に見えない精神的な領域も存在すること、大気の物理的な部分以外にも、空気と雲のことを示しています。 天使たちは、最初の天である雰囲気、で飛ぶので、目に見えない霊的な領域も存在している必要があります。 (エズ8時03分、ジョン1時32分、リビジョン8:13)そして、サタンは聖書の"空気の力の王子"と呼ばれ、"空気"は雰囲気(エペソ2:2)を指しています。

第三の天は我々が宇宙の最果てに見るとき、我々は神の王位や天使を見ることができないように完全に、目に見えない霊の領域から成っているようだ。 つまりとして明らかなように、それは正確に神の玉座と天国の天使たちがどこにいて私たちに示して、彼らは目に見えない霊の領域にあります。 そしてこれは、神がどこにある第三の天が、と神は霊であるとして第三の天が、精神的な領域であることが理にかなっている。

間で宇宙空間のように聖書によって定義される2番目の天国は、です。 聖書ははっきりと第二天がまた目に見えない霊的な領域が含まれていることを示し、そしてその天使たちは彼らが地球に下りるように通過し、そして第三の天に戻って登る。

"そして彼は夢、そして地球上に設定はしごを見よ、とそれの上部は天に達して:その上に昇順と降順の神の天使たちを見よ。 と、見よ、主はその上に立っていた、と述べて、私はアブラハムなたの父の[午前]主なる神、そしてイサクの神:土地するところ汝liest、theeへ私はそれを与える、となたの種子に..."
彼らは第二天を通じて昇降として我々は天使が表示されないように世代28:12-13は、外側の空間である第二天、ことが明らかになり、また、目に見えない精神的な領域が含まれている必要があります。 ヤコブが見たはしごは、神が天使を昇降するために使用される、方法を与えていることを示します。 ジェイコブが梯子の上に主を見ることができたとの距離が天使に旅行しなければならなかったことは非常に遠くではなかったことを示しています。 天使たちが実際に物理的な次元で見られるように、地球に到達するために外側の空間の横広大な距離に持っていないことを教えるように見える聖書はそう。 むしろ、目に見えない精神的な領域で、距離はもはやあなたの上部を見ることができるラダーよりも、天と地の間に十分に短いです。 永久的なラダーの並べ替えは、第1および第3の天の間に行く、2回目天を通過するために天使たちのために神によって作成されています。 と目に見えない精神的な領域が通行時間によって制限されないように天使たちは、すぐに地球に派遣することができる物理的な寸法によって、物理学に制限されます。 どのようにこれは実際に動作するやや曖昧ですが、私たちは、聖書が言っているものから一般的なアイデアを得ることができる。 いずれの場合でも、目に見えない精神的な領域はまた、宇宙空間である第二天、全体で存在するようである。

そしてその地球と天のすべての3は、それらのすべてを突き破るように見える目に見えない霊的な領域を持っている。 ここに地球上で精神的な領域にはすべての私たちの周りですが、目に見えない。 ;すべてのものが彼によって作成され、のためにされた目に見えると目に見えない天国と地球上のもの、、王座も主権も、支配も権威かどうかを:聖書は、 彼によってすべてのものが作成されたために 、神が"、宇宙に目に見えない側を作成したことを教示している彼を。"(コル1:16)

そして、それは"支配者、当局"はこちらの用語は、すべての堕天使を参照していることに留意すべきである。 これは、エペソ6時12分でこれを比較することで見ることができる、"我々は高い[場所]で精神的な邪悪に対して、この世界の闇の支配者に対して、権力に対して、血肉に対するはなくレスリングが、公国に対しては。"そしてこれらの力と、当局は目に見えない堕天使なので。

彼らは物理的にマニフェストができますが、それは堕天使がまた精神製のボディのようなものを持っているようです。 我々は4次元のために作られている私たちの身体の4次元の、です。 天使は霊であり、そしてイエスは、ルカによる福音書24の彼の復活の後に言った:"それは私自身であることを、私の手と私の足を見よ:私を処理し、参照して、あなたがたが私に持って見るように精神のためには、肉や骨はないが、かれら。"ルカ24:39

これは、本当に天使は私達があるように、私達が住んでいる3つの物理次元の物理的な寿命ではないことを、取ることができる。 むしろ、天使たちは霊的な領域の霊であり、その"身体は"精神的な領域に存在している。 それは人間の体は私達が住んでいる3つの物理寸法のもので構成されているとして、自分の体が、彼らが住んでいるこの目に見えない精神的な領域の物質で構成されていることを理にかなっている

Ⅰコリント15時40分、44 地上も天体、そしてボディ[あり]には:しかし、天体の栄光一[である]、および地上波の[栄光]を別の...それは自然な身体を撒かれている[される];それは精神的なボディを発生します。 自然なボディがあり、そして精神的なボディがある。

聖書は精神、または精神的なボディで作られたボディが存在し得ることを認めている。 私たち人間の地上の体が4次元の物理的な物質で構成されているとして、それは生きている精神や天体が目に見えない精神的な領域の"問題"の同等で構成されることを意味をなさないと思います。 天使たちはそのような精神的なボディを持っている、などで作成されました。 天使の体はその精神的な領域になっている私たちの"4Dの問題"へのアナロジーで構成されていない以上、という場合は、最低でも5 番目の次元があることを意味をなさないと思います。 精神的な領域は、そのような精神的な領域の幅、長さ、および高さとして、言葉の科学的な意味で、複数の次元で構成される場合があります。 しかし精神的な領域はわずか1余分な次元の場合でも、言葉の科学的な意味で、目に見えない精神的な領域は、まだ5 番目の次元、1以上のディメンションになるよう我々が日常的に知覚する、4次元の物理的な世界。

これのすべては、この目に見えない精神的な領域がように用語の科学的利用につき、より多くの次元で構成されるかもしれないという点につながる。 目に見えない精神的な領域の追加の次元(s)は、我々が知覚する4次元よりも少なくとも1つ以上の余分な次元になります。 したがって、それは天使たち"余剰次元"、私たちよりもより多くの次元の意味が、ESPを呼び出して差し支えないだろう。 目に見えない精神的な領域は、言葉の科学の使用ごとに、余分な寸法に相関する場合。

しかし、神は、単に余分な次元ではありません 神は永遠であり、したがって、私は"外側の次元"と呼んでいます。 神はすべての理論的な天と地の大きさ、およびそれらに住んでいるすべてのものを含め、永遠となるすべてのものの創造主であること、次元の外にあります。 そう硬貨言葉に、神は"外側の次元"です。 これは神の創造主、そして彼の創造の重要な違いです。 。聖書は天と地のすべての3つは、彼はそれらをすべて行ったとして理にかなっている神、含まれていないことを言う;しかし彼らは彼が作成したすべてのものを含むように管理するかを"しかし、神は確かに地球上に住むのでしょうか? 見よ、天の天と天汝を含めることはできませんが、私がビルドされていることをどれだけ少ないこの家は"1キン8時27分

今、地球は神によって作られ、それは科学がで多くのことを学び、第1および第2の天国でも同じしたことを目に見える大きさを持っています。 我々はまた、神の創造を通じて目に見えない霊的な領域があることを知っています。 科学は目に見える物理的な領域で多く述べている。 しかし精神的な領域が見えない状態であることは、科学がそれについて言わなければ何かを持って決して、または何もルールや境界、そこに住む天使たちによって動作しない可能性があることを意味するものではありません。 実際に、それは同様に精神的な領域に継承されている物理学の法則のようなルールと境界が、、あるようです。 聖天使と堕天使たちの間でリビジョン12でさえ戦いは最高の存在するいくつかの精神的な領域の物理学として記述力をそこに反対していることを示しています。 これはさらに聖なる天使たちが勝っていたことで暗黙的に、そして地球にそれらをダウンキャスト、天から堕落した天使がプッシュされます。 は、1つの天使がさらに精神的な領域では、黙示されている物理学のいくつかの概念がなく、別のをプッシュしていることはできない。 このように、そこに目に見えない精神的な領域は、それが動作する物理学のルールを持っているといういくつかのチャンスは、そうだとすれば、目に見えない精神的な領域は、我々が知っている目に見える物理的な領域に触れるところ、科学はいくつかの洞察を収集することができるかもしれないこと、またはいくつかの洞察を与える。 この可能性は見えないものを研究する現代物理学のより多くの光の中で特に興味深いものです、そしてどのような目に見えない次元の理論は、宇宙の背後で存在する可能性があります。

我々は、目に見えない精神的な領域、および存在する生き物は、何が余分な次元や次元(用語の科学的な使用で)と何かを持っている、と精霊はそのための余分な次元の人間であることを何を推測していたのであれば現代物理学ではこれについて言いたいことがあるでしょうか?

現代物理学は、実際に余剰次元のトピックが含まれており、余剰次元についての科学者から話をしない"ひも理論"や"超ひも理論"と呼ばれるものに関係しています。

現代物理学の一部の支店は、このような重力、相対性理論、量子力学、素粒子物理学の多く、電磁気学、および弱いと強い核力などの実験、を介して確立されています。 ストリング理論は確立ではなく、すべてのブランチが由来というトランクを描画し、見て、それらを接続するために一緒に物理学のツリーのすべてのこれらの分岐をさせよう、、ですされていません。 ひも理論は、非常に、理論的な実証されていない、おそらく改良可能と検証できない、非常に数学的であり、そして10月11日寸法は理論的には現代物理学の木の幹を記述できるようにする必要があります。

ここでリサランドール博士は、素粒子物理学、弦理論、宇宙論に関する主要な理論物理学者と専門家からの引用です:

"そこにどのように多くのスペースの大きさですか? 私たちは本当に知っていますか? 今では、私はあなたはそれが我々は余剰次元が存在しないことを確実に知ることを主張する行き過ぎることされることを同意するだろう願っています。 我々は、空間の3つの次元を参照してください、私たちはまだ検出されていないことよりあるかもしれません。 時空がそうであっても、無限次元が不可視であることを小さな領域に集中して反りや重力であるため、それらが丸まって小さい、またはされているため、余分な寸法はどちらか隠すことができる今知っている。 いずれにしても、寸法がコンパクトまたはローカライズされたかどうかを、時空は、どこでもいつでもどこ四次元にならないように思われる。"
- リサランドール博士は、歪んだ通路:宇宙の隠された寸法、PGの謎を解明する。 437

我々は唯一の時空の4次元を知覚することができるものの、リサランドールは、存在する目に見えない大きさ、さらに無限大、非常に大きいがあるかもしれないことを、現代物理学によると、言っている。 このような5 番目に大きな次元はその次元の彼らの精神の体に天使が含まれている聖書で教えられて目に見えない精神的な領域である可能性があります。

とここでは、ランドールの仕事についての思いをコメントし、スティーブンホーキング博士は、我々の時代の最も有名な科学者や理論天体物理学者のいずれかからの引用です:

"事実なら、、それはと思われる星が軌道私たちの銀河系の中心をに速度を説明するために我々は観察の問題によって説明されるよりも質量が存在している必要があります。 この行方不明の質量は、そのような弱虫(ウィンプ)またはアクシオン(非常に軽い素粒子)として私たちの世界における粒子のいくつかの外来種から発生する可能性があります。 しかし行方不明の質量は、またそれで問題と影の世界の存在の証拠である可能性があります ...代わりに影のブレーンで終わる余剰次元から、別の可能性が鞍のような、彼らは無限ですが非常に湾曲しているということです。 ブレーン上のオブジェクトの重力の影響がブレーンの小さな近傍に限定し、余分な次元で無限大に広がるではないことになります。リサランドールとラマンSundrumは曲率のこのような第二ブレーンのようにではなく、行動することを示した。 影のブレーンモデルの場合と同様に、重力場は、重力の惑星軌道とラボの測定値を説明するために右の長距離フォールオフを持っているだろうが、重力は、短い距離でより急速に変化するでしょう。 このランドール- Sundrumモデルと影のブレーンモデルの重要な違いは、しかしそこにあります。 重力の影響を受けて移動体は光の速度で重力波、湾曲のさざ波時空を介してその情報を生成します。 光の電磁波と同様に、重力波は、連星パルサーPSR1913 16の観測によって確認されている予測のエネルギーを運ぶ必要があります。 我々は確かに余分な次元を持つ時空のブレーンに住んでいる場合、ブレーン上の体の動きによって生成される重力波は、他の次元にオフに移動するでしょう。 2番目のシャドウのブレーンがあった場合、重力波が反射二ブレーンの間に閉じ込められる。 単一のブレーンと余分な寸法はランドール- Sundrumモデルのように、永遠にそこに行っていた一方、重力波は完全に逃れることができると私たちのブレーンの世界からエネルギーを持ち去る。 エネルギー保存の法則:これは物理学の基本原理の一つを破るように思われる。 エネルギーの総量は変わりません。 しかし、それは。何が起こっているかの我々の見解がブレーンに制限されているという理由だけで違反と思われる余分な次元を見ることができる天使はエネルギーが、ちょうどより多くの同じ広がっていたことを知っているだろう 。"
- スティーブンホーキング博士は、ナットシェルの中の宇宙、PGS。 184から192

ランドールの声明に信憑性を与えながら、基本的にホーキングはその非常に大きな余剰次元が可能であり、物理学の既知の法則に違反する話は聞けなかった。 実際に、彼らの存在はそのような大量の欠落など、依然として未解決のない科学のいくつかのかなり大きなbefuddling質問に、説明に役立つかもしれない。 このように、科学は天使がされる1潜在的に、目に見えない精神的な領域の存在を可能にし、天使たちの精神体はこの目に見えない領域は、この余分な次元のもので構成することができます。

物理学のブランチは、(原子よりも小さくなる)素粒子の粒子と量子力学の特価情報を呼ばれる。 量子力学は科学的な実験を通して十分に確立されています。 弦理論とは異なり、量子力学では、実用的な実験のフィールドです。 それは、我々はハイゼンベルクの不確定性原理を見つけることが量子物理学では次のとおりです。

量子物理学、物性の特定のペアは、位置と運動量と同様に、両方を任意の精度に知ることができないというハイゼンベルグの不確定性原理の状態で。 つまり、より正確つのプロパティが知られている、少なく正確に他を知ることができる。 それは同時に、精度や確実性の任意の程度と微細な粒子の位置と速度の両方を測定することは不可能です。 これは、システムの特定の量を測定する研究者の能力の制限に関する声明ではなく、システム自体の性質について、それゆえそれは宇宙のプロパティを表現しています。
- ウィキペディア、不確定性原理

これは基本的には素粒子レベルで、電子、クォーク、光子、等のその、ランダム性の基本的な校長があるように思われることを意味します。 粒子は、彼らが行ってみたいと思われる場所行く。 粒子はほとんど彼らが何をしているかを選ぶように見える。 しかし、これらの選択肢は、統計的に計算可能な確率の全体的なパターンを形成してください。

量子力学の発展に尽力最近の歴史の中で最もよく知られていると立派な科学者の一人は、、リチャードファインマン博士だった。 彼は、原爆を開発するマンハッタン計画に取り組んでノーベル物理学賞の受信者であり、またスペースシャトルのチャレンジャーの悲劇をもたらすO -リングの欠陥を示すことで知られています。

量子力学の不確定性原理にリチャードファインマン博士号を引用する:

"それはどのように動作します:一つは、まだ聞いてみるのもいいかも知れません? 法律の背後にある機械は何ですか?"誰も法律の背後にある機械を発見していない。 誰も我々だけをこれ以上"説明しない"ことができる"で説明する。"誰もあなたの状況のいずれかより深い表現を与えることはありません。 我々は、これらの結果を推論することができるから、より基本的なメカニズムについてのアイデアを持っていません。
我々は、古典と量子力学の間に非常に重要な違いを強調したいと思います。 我々は、電子が特定の状況で到着する確率の話をされています。 私たちは、実験装置(あるいは可能な限り最高のいずれかで)でそれが起こるか正確に予測することは不可能になることを暗示している。 我々は唯一のオッズを予測することができる!それが本当なら、これは物理学では明確な状況で起こるか正確に予測しようとしての問題であきらめていること、、意味する。 はい! 物理学は、 我々は、特定の状況で何が起こるかを予測する方法がわからない 。あきらめている、と我々はそれがであることを今信じて不可能なことが予測できる唯一のことは、さまざまな事象の確率です。これは、認識されなければならないこのよう自然を理解するの私達の前の理想の縮小です。 それは、後方のステップかもしれないが、誰もそれを避けるために方法を発見しました。
誰もがこのパズルの活路を考え出したていない。 そう、現時点で我々はコンピューティングの確率に自分自身を制限する必要があります。 私たちは、"、現時点で"と言うが、 我々は、それが私達となる何か永遠に-ことは、そのパズルをすること、これは自然が本当にある方法であることを負かすことは不可能であることを非常に強く疑われる。
- リチャードP.ファインマン、博士、ファインマン物理学誌、Vol。 3、pgs.1 - 10 ,1 - 11

では、なぜそれがすべてこのランダム性があることを、宇宙の最も小さい部分のスケールでそれですか。 なぜ、科学、宇宙の最も基本的かつ基本的なビルディングブロックの微視的なドメインは、その不確実性と機会ルール正確な予測可能性をあきらめ、と受け入れている? なぜ唯一の確率を知ることができる?

量子力学の出現により、我々は、イベントが完全に正確ではなく不確実性の度合いが常に存在することが予測できないことを認識するようになってきた。 一つ気に入った場合、 人は神の介入には、このランダム性を帰することできますが、それは介入の非常に奇妙な種類のようになります:それはどのような目的に向けているという証拠はない。 確かに、それがあった場合、それは定義によってランダムではないでしょう。 現代では、我々は効果的に科学の目標を再定義することによって、上記の3番目の可能性を削除しました:私達の目的は、唯一、最大不確定性原理によって設定された限界にイベントを予測することを可能にする法律のセットを策定することです。
- スティーブンホーキング博士、時間のイラスト歴史、PG 224

そこに不確実性や偶然の要素が常にあり、これは根本的に小さな規模での物質の挙動に影響を与えます。 アインシュタインは一般相対性理論のためのほとんどsinglehandedly責任があった、と彼は量子力学の発展に重要な役割を果たしました。 問題についての彼の感情は、" 神はサイコロを再生しない"という言葉で要約しかし、すべての証拠が神は常習的なギャンブラーであることを示し、彼はあらゆる機会にサイコロを投げることがされています
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG。 70

量子物理学については、アインシュタインは"神はサイコロを再生しない"と言った、とスティーブンホーキングは、"神はあらゆる機会にサイコロを投げる"と言う。

しかし聖書は、サイコロとは神のトピックに言いますか?

箴言16:33は、 私たちは、サイコロを投げることがありますが、主は彼らが落ちる方法を決定します。

と仮定すると、それが我々やサイコロを投げる宇宙であるかどうか、それは違いはないこと、そしてどのような聖書が示すことは神が量子レベルで"サイコロを再生"するために宇宙を設定することであるが、同時に、神はあるどのようにそれらの"量子サイコロ"秋決定する1つ。 により、"量子のサイコロ"私は素粒子/エネルギーと量子レベルのミクロなスケールでの活動のすべてに言及しています。

量子物理学の不確定性原理が正しいかどうかしかし、、その後、聖書は神がまだ"量子サイコロ"の見せかけの"ランダム性"のためのルールと成果を設定することをお約束します。 神は、ランダム性と我々が見ている確率の制御になります。

科学者たちはこの非常に問題で発言しているいくつかのキリスト教徒。

ジョンBylは、天文学の博士号を持って本"神とコスモス:時間のクリスチャンビュー、空間、そして宇宙"の著者であり、そして数学の教授とトリニティウエスタン大学数理科学部部長です。

"WGポラードと、最近では、Nanceyマーフィーの支持者は、量子レベルで明らかにランダムイベントは神のすべての特定の、意図的な行為であること。このレベルでの神の行動は、そのに制限されています
(1)彼は彼が共同で動作するようなエンティティ(例えば、彼は任意に、電子の質量を変化させない)の整合性を尊重し、
(2)彼は、私たちが知るすべて、秩序と法則のような世界を作り出すために彼の行動を制限します。
神が隠し変数です。 マーフィーは、この位置が唯一の非決定論の神学的には好ましくないが、十分な理由の原則との整合性のさらなる利点を持っていることをアサートします。 神は量子イベントの責任者を務めている場合はもちろん、これはこれらがそれゆえ、神によって予測可能であることを伴います。 したがって、我々は、少なくとも量子レベルで、決定論的宇宙が残されています。"
"神の主権は独立して彼の演技のエージェントの可能性を支配する。 特に、 量子力学では、量子力学の決定論者の解釈が可能であることが、その非物理的な二次的な原因は排除し、神がすべてのイベントの主な原因であることができない与え、 存在論的決定論を意味するものではありません 。"
- ジョンByl博士、"不確定性、神の行動と人間の自由"

ウィリアムポラード博士は、科学の物理学と名誉博士号の博士号、神性、法律、そして人道的な手紙で、核物理学者と聖公会の司祭です。 彼はの著者であり、"チャンスとプロビデンス:世界における神のアクションは、科学的法則に支配される"。 全体の本は、量子力学で、代わりに"チャンス"が、神のオペレーティングシステム上でです。

"次の章では、私はそれを完全に適切なソリューションを提供するために私には思われるこの問題とはまったく異なるアプローチのあなたの検討のためのプレゼンテーションを開始します。 それの下で、我々が表示しようとするものとして、その古代の力のすべてで再びそこにemergeすることができます、提供する審査、およびすべてのものの償還、彼の創造の延命措置の全体のこれまでアクティブになって生ける神への聖書の応答の膨満、天と地の両方で、彼の武勇の神秘と隠れた目的に応じてなります。 しかし、同時に、これは科学の本質的な整合性と結束のような方法で行われます、それが今ととして原理的にそれはなるかもしれないとしても、完全に保存されます。"
"量子力学の彼の嫌悪を表現するアインシュタインの有名な質問に、"神はサイコロを投げるか?"ユダヤキリスト教の答えは非常に多くが誤って想定しているとして、、否定ではないが、非常に肯定的な肯定。 自然の法則は、ダイスの鋳造に従ってイベントが歴史神の勝利するまで応答する世界の聖書見ることができる支配する世界で唯一のために。"
- ウィリアムポラード博士は、"チャンスとプロビデンス:科学的法則によって支配する世界における神のアクション"、PG。 35、PG。 97

Nanceyマーフィー博士、神学者は、フラー神学校、キリスト教哲学の教授です。 彼女はまた、今日で今日で神学、神学と科学のための編集顧問として機能し、キリスト教。 彼女は"自然な順序で神のアクション"の著者です。

"神の行動の軌跡のアカウントを与えるための第2の戦略は、量子物理学を探究し、量子レベルでの行動の手段(単独またはトップダウンと一緒にすることで自然と人間の世界を通して、神の行動のアカウントを与えることを目指してアクション)。 私の提案は、神学的に動機づけられて、神が内在しており、すべての生き物に行動する場合は、必ずしも神は量子レベルで動作しているこの事実に重点が介入の問題をバイパスするという利点がある:。。量子力学の法則は統計的なものと違反のため、対象ではない。 ほとんどの通訳が結論として、このレベルでのイベントは純粋に不確定な、場合は、神の行動と物理的な因果関係の間には競争性は必要ありません。 それは、 自然界は本質的に不完全とその最も基本的なレベルでの神の行動に開いいることを言うように、現在の物理学を解釈する有神論の観点から可能です。"
- Nanceyマーフィー博士は、自然順、PGでダイブアクション。 131

言い換えれば、神は、コントロール内にあり、常に量子レベルで世界と対話。 科学者たちはランダム性と確率を参照してくださいここで、彼らは、量子力学では、、どのようにサイコロの秋神が決定するすべての時間を見ている。 聖書はまた、イエスキリストを参照する、コル1:16-17の"量子サイコロ(ダイス)"を制御する神の引数を提示するかもしれない

"彼によっては天国にいる、と、、地球で見えるものと見えないもの、その作成 ​​されたすべてのものは、あった[彼らはなる]王位、または支配権、または公国、または権限かどうか:万物は彼によって作成された、と彼のために:そして、彼はすべてのものの前で、 彼によってすべてのものが構成されています "。

"から成るとかで構成され、凝集して、一緒に入れ、一緒に一緒にまたはバンドホールド"、"成る"ためにここで単語"synistemi"(4921)であり、それは意味する。

素粒子物理学によると、それは量子力のボソンの粒子、と一緒に原子を保持するグルーオン、と一緒に別の原子を保持する光子や電子のような粒子です。 このように、聖書のこの詩は、それが我々が一緒に保持するためにで構成されているこれらの粒子を作る"量子サイコロ"上の神の支配によるものであること、に言及することができます。 このように、彼の行動によってすべてのものは、一緒に保持するか、"神によってすべてのものが構成されています"。

(ヘブル午前1時03分に加えて"彼の力の単語によって"、宇宙のように、"すべてのものを支持する"、それは神が物理学の量子レベルでのランダム性を許していることは事実ですが、また、常にその乱数の結果を制御すると仮定すると)、神はこのように宇宙を作成するための別の考えられる理由はありますか? それは奇跡、標識や不思議に関連するか? これは非常によくそうであるかもしれません。

量子物理学は、我々はランダムな方法で動作するように実験で観測できること、既存の粒子を可能にする、それはまた、一見ランダムに、存在のうちにポップに、粒子と反粒子(反物質)が可能になるだけでなく、。 これらの粒子は、通常、非常に短い時間のために存在し、"仮想粒子"と呼ばれています。

"ダウン原子より小さい回数の非常に最も小さいの長さスケールと兆で、長さの概念はその意味と量子不確定性のルールが失われたプランクスケールと呼ばれるものです。 このレベルでは物理学の既知のすべての法律は、破壊しても空間と時間は、漠然とした概念になる。 任意と時空のすべての考えられる歪みは、 宇宙のあらゆる場所ですべての時間で起こっているランダムで混沌とした踊りの存在のうちに飛び出るされますこのような"量子ゆらぎ"とするために使用される"量子の泡"のような用語は、この混沌とした活動を記述するには、確かにそれを正義をしない。"
- ジムアルハリーリ博士、ブラックホール、ワームホール、そしてタイムマシン、PG。 207
理論核物理の博士号、サリー大学の理論物理学者

これらの一見ランダムな粒子の存在は、特に物理学、エネルギー保存の法則の法律に違反していません。

"すべてのこれらの粒子はどこから来たのか? 答えは、相対性理論と量子力学は物質が粒子/反粒子のペアの形でエネルギーが作成できるようにすることです。 そしてここで、エネルギーは、この問題を作成するためにから来たのでしょうか? 答えは、それが宇宙の重力エネルギーから借用されたということです。 宇宙は、正確に問題の肯定的なエネルギーのバランスを負の重力エネルギーの莫大な負債を持っています。"
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG。 97

仮想粒子はラムシフトとカシミール効果に見​​られるように、存在することが、実験により、示されている。

本当の"粒子、それらは粒子検出器で直接観測することはできない"とは異なり、ため、これらの粒子は、仮想と呼ばれています"。 それらの間接的な効果はそれにもかかわらず測定することができ、そしてその存在は、彼らは励起水素原子からの光のスペクトルで生成する小さなシフト("ラムシフト")によって確認されている 。"
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG 107

カシミール効果については、

"我々は我々が考えるものであって、第7章で見たように"空"のスペースが一緒に表示される仮想粒子と反粒子のペアで満たされて、離れて移動し、そして一緒に戻ってきて、お互いを全滅させる。 今、1つは短い距離に離れて2枚の金属板を持っているとします。 プレートは、光の仮想光子や粒子のためのミラーのように動作します。 実際、彼らは少しだけ、特定のノートで共振しますオルガンのパイプのように、それらの間の空洞を形成することになる。 これは仮想光子がその波長(一つの波と次の頂上の間の距離)はプレート間の隙間に回数の全体数に合う場合にのみ、プレート間の空間で発生する可能性があることを意味します。 空洞の幅が波長の整数を加えた波長の数分の場合には、プレート間の前後にいくつかの反射の後、別の谷と波と一致するとつの波の波頭は相殺されます。
プレートの間に仮想光子のみが共鳴波長を持つことができるので、仮想光子は任意の波長を持つことができる板の外側の領域に比べて、それらのわずかに少ないがあるでしょう。 このように外表面より板の内側面を打つ少し少ない数の仮想光子が存在します。 一つは、したがって、お互いに向かって、それらを押して、プレート上で力を期待する この力は、実際に検出され、予測値をもっています。 したがって、我々は、仮想粒子が存在し、実際の効果を持っていることを実験的証拠を持っている。"
- スティーブンホーキング博士、時間のイラスト歴史、PGS。 204から206

仮想粒子は、光子、電子、グルーオン、ボソン、とクォークを含む粒子が、すべてのタイプを含めることができます。 物理学者によると、宇宙の特定の条件下では、仮想粒子は時間の長い期間、そのためになる"本当の"粒子のために存在することができます。 この特定の例では、ブラックホール近傍空間の条件に関連するが、原則的にこれは、科学は一般的に仮想粒子の存在に飛び出ると、実際の粒子になるの可能性を考慮しないことを示しています。

"我々は、以下の方法でこれを理解することができます:のように我々が考えるもの"それはそのような重力や電磁界などのすべてのフィールドが、、正確にゼロにする必要があることを意味するので、空の"スペースが完全に空にすることはできません。 しかし、時間のフィールドとその変化率の値は粒子の位置と速度のようなものです:不確定性原理は、より正確に一つこれらの量のいずれかを知っていることを意味して少なく正確に一方が他方を知ることができます。 ので、空の空間にフィールドが、それが正確な値(ゼロ)と変化の正確な速度(またゼロ)の両方を持ってしまうため、正確にゼロに固定することができます。 フィールドの値で、不確実性のある最小量、または量子揺らぎが存在している必要があります。 一つは、ある時点で一緒に表示される光や重力の粒子のペアとして、これらの変動について考えることができる、離れて移動してから、もう一度一緒に来て、お互いを全滅させる。 これらの粒子は、太陽の重力を運ぶような仮想粒子である:実際の粒子とは異なり、彼らは、粒子検出器で直接観測することができない。 しかし、このような原子の電子軌道のわずかな変化としての間接的な影響は、測定し、精度の著しい程度に理論的な予測に同意することができます。 不確定性原理はまた電子やクォークなどの物質粒子、の同じような仮想のペアがあるだろうと予測している。 ただし、この場合は、ペアの一方のメンバーは、粒子、および他の反粒子(光と重力の反粒子は粒子と同じです)になります。
エネルギーは何もないところから作成することができないので、粒子/反粒子のペアのパートナーの一つは、正のエネルギー、および他のパートナー負のエネルギーを持つことになります。 負のエネルギーを持つものが、実際の粒子は常に通常の状況でポジティブなエネルギーを持っているので、短命の仮想的な粒子であることが非難される。 したがって、そのパートナーを探し出し、それを全滅させる必要があります。 それは身体の重力に対して、遠く離れてそれを持ち上げるためにエネルギーを取るとしかし、巨大な体に近い実際の粒子は、それは遠く離れていた場合よりも少ないエネルギーを持っています。 通常は、粒子のエネルギーはまだ正ですが、ブラックホール内部の重力場でも、実際の粒子が負のエネルギーを持つことができるように強いです。 ブラックホールが存在する場合、負のエネルギーを持つ仮想的な粒子がブラックホールに落ちると、実際の粒子や反粒子なるためにそれは、、ことが可能である。 この場合、それはもはやそのパートナーと全滅するがありません。 その見捨てられたパートナーは、同様にブラックホールに落ち込む可能性があります。 としてまたは、ポジティブなエネルギーを有し、それはまた、ブラックホールの近傍から逃れる可能性が   実際の粒子や反粒子 距離で観察するために、それはブラックホールから放出されているように見えます。"
- スティーブンホーキング博士、時間のイラスト歴史、PGS。 134から137

科学によれば、物理的な量子の粒子がランダムに降って湧いたように見える存在にポップすることが可能です。 神は"量子のサイコロを"制御している場合、これは神がこれらの素粒子量子粒子がどこからともなく存在するように出てくる可能性があることを意味します。 これは、何らかの方法で物理学の法則と矛盾しない。 むしろ物理学と現代科学の法則はどこからともなく存在に飛び出る素粒子量子粒子が科学として認識して宇宙の正常な状態、であることを明確にする。 そしてそれは神が"量子サイコロ(ダイス)"を制御することによって制御するために、このランダム性のために完全に可能であり、見られる量子ランダム性は、何の説明がありません。 比喩的に言えば、これは科学や物理学の既知の法則と矛盾する任意の方法ですることなく、物理的な宇宙に通って来るために神の手を可能にする科学、の壁に巨大な穴です。 これは、科学が実際に科学や現代物理学との競合をどのような方法でそれをすることなく、奇跡と神によって行わ奇跡を可能にすることを示しています。

現代の物理学は、あらゆる種類のその素粒子を、教え、そしてランダムに存在をにと飛び出すかができます。 これは光の粒子である光子が含まれています。 また、これは理論的な重力の理論的道具である重力子、だけでなく、グルーオン、ボソンと粒子を運ぶ他の力が含まれています。

粒子を運ぶいくつかの力が中性子と陽子を形成するために一緒にクォークを保持しているかであり、他の力の粒子が一緒に原子を保持する。 これらの粒子のすべてが一見ランダムに、どこからともなく存在するように飛び出すことができる、宇宙はこのを可能にし、宇宙はそれが方法であることが意図的に神によって作成されました。

クォークと電子とは何ですか? 彼らは、原子の構成要素である粒子である。

元素の周期表に見られるように原子の種類が異なると、問題のすべての要素を構成しています。

原子は、私たちが見るすべての物質のビルディングブロックであり、私たちの体は原子から成っている。

したがって、この神はクォークの数が多いために選ぶことができることを意味し、グルーオン、電子などが存在するようにポップアップは非常に迅速にして...全能である神、、いずれにせよ、量子の世界のランダム性を制御すると仮定し、とに組み立てる原子。 神はまた、多くの原子が形成されていることがそのような方法でこれを行うことができる、と我々は彼らを見ることができたのに十分な大きさであってもはるかに大きいオブジェクト、オブジェクトにアセンブルされます。

これは、どこからともなく存在に飛び出る石油と穀物のようなものが含まれている場合があります。

1キングス17:8-16
と主の言葉が言って、彼に来て、Zidonに属する。Zarephath、にtheeを取得し、そこに住む、アライズ:見よ、私は、なたを維持するためにある未亡人の女性を命じている。 そこで彼は生まれたとZarephathに行きました。 と彼は見よ、未亡人の女性が棒でそこに収集された、街の門に来た時:彼は彼女に呼ばれる、と言った、私をフェッチ、私は、なた、私は飲むことができる容器に少量の水を、祈る。 そして彼女はそれを取得するつもりだったとして、彼は彼女に呼ばれる、と述べて、私を持参、私は、なたを祈る、ザイン手でパンの一片。 と彼女はあなたの神、主生きるように、 私がケーキを持っていない 、と述べたが、バレルの食事の一握り、と小形のつぼに少量の油 :と、見よ、私はに行くと可能性2本の棒を、収集しています我々はそれを食べることが、私と私の息子のためにそれを着、そして死ぬ。 しかし私のその小さなケーキを最初に、そしてわたしに持ってきて、そして後のあなたのために、なたの息子のために作る:なたが言ったようにか行くと、とエリヤが彼女に言った、恐れるな。 イスラエルの主なる神こうして言うために、 食事のバレルは、無駄にしないものと、どちらもオイルの小形のつぼは失敗するもの、地上の主sendethの雨その日まで、そして彼女はエリヤの格言に基づいて行って、でしたと彼女、そして彼、そして彼女の家は、多くの日数を食べましたか。 そして食事のバレルはない無駄にしない、どちらも彼がエリヤによってspeakの過去主の言葉によれば、オイルの失敗の小形のつぼをしました

土地は飢饉と干ばつでいたものの、神は、3年間の石油と穀物のために提供。 この石油と穀物は薄い空気のうち、一見登場。 しかし、それを置くために別の方法は、それが"一見ランダムな量子の泡"から登場しているかもしれません。 そしてカップルの魚とパンのいくつかのパンから何千もの群衆を供給するようなイエスキリストのようなこのに似ている神によって行われる多くの奇跡、看板、そして聖書の不思議は、、、があります。

また、聖書に何度も述べたように奇跡的な癒しがあります。 科学によると、私たちの体は、クォークや電子などから作られている原子の分子から成っている。 ブラインドに復元される視力、醜く手の治癒、ハンセン病患者の治癒、そして体調不良のすべての方法の治癒のケースを考えてみてください。イエスキリストによって行わ奇跡。 "量子のサイコロ"の制御は、病気の肉を瞬時に健全な肉体に変更されたかを説明する一つの方法であろう。

とので、これは神が奇跡、サイン、と不思議を行う方法を、現代物理学の概念で、記述するための一つの方法です。 神は、量子物理学の"量子サイコロ"のコントロールが真になると具体的にどのように、かどうか、それらをするのでしょうけれども。

しかし、聖書はまた、聖なる天使たち、そして堕落した天使が、また奇跡、看板や素晴らしさを動作することを言います。 (行為2:22、午前5時12分、2ペテロ2:11、2テサロニケ2時09ヘブル2:4、マット24:24、、リビジョン13時02分、14日午後4時14分)だから、正確な記述である可能性があります彼らはあまりにも何らかの形でも間違いなく、より限定された規模での神が行うよりも、"量子のさいころ"を制御しているので、どのように堕天使がまた奇跡、サイン、そして驚異の操作を行うことを言うのはです。

聖書は、神が宇宙のどこにでもあることを教示している、と彼はではないことをどこにもありません。 堕天使のセット、限定された、彼らの精神の体の場所を、持っていると多くの人類のように、同時に複数の場所にあるのに対し。 推論のこの行の下に、神は力を持って、そしてどこにでも宇宙の上に"量子力"が、堕落した天使は、電力の供給または自分に隣接した場所で、"量子の力を"持っている。 堕天使は神以上はそのような力を持たないのに対し、神は、自分の体は創造の一部であるとして、堕天使の精神の体そのものを支配する力を持っている。

それはすべての天使たちが神のような力を持っているではないかと類似した意味を行いますが、限られたが、旧約聖書の聖書数回のための天使"神の息子"と呼んでいます。 (ジェン6、仕事1:6、仕事2:1、詩篇29:1、89:6)

それは天使の余分な次元性は、彼らの即時の場所で"量子サイコロ"上に限られたコントロールを持つことが可能になるだろうものである可能性があります。

"今日は、しかし、物理学者は別の道-超ひも理論につながるものを以下の通りです。 前回の提案とは異なり、それは今までそれで投げたすべてのブリスター数学的課題に生存している。 当然のことながら、理論はラジカルの一部が10次元時空で振動する小さな文字列に基づいてされている過去からの狂気の出発と言うかもしれない...超弦理論では、我々は自然界に見素粒子以上何もない別の共鳴です。異なる音符は、バイオリンの弦の振動の異なるモードから発するのと同じ方法で、振動超弦理論の。"
第十寸法、オックスフォード大学出版局を通じて、科学オデッセイ:、ハイパースペースの作成者"十一次元に"-道夫カク博士、。

弦理論によると、我々が観察4 dimenional時空中の粒子は、(TO10 - 11の寸法を来る単語の科学的な意味で、追加の6-7次元に存在する1次元の弦の振動の結果である合計)。

このように、科学によれば、一般的に言えば原理的には、それは天使の余分な次元性は、彼らのは、原子を構成する量子のレベルで、私たちの4次元世界では粒子の変更を可能にするということはいえます。 このように、それらの余分な次元性は、精神的な領域で、おそらくどのように"量子サイコロ"秋を(限られた規模での決めることによって、"奇跡、サイン、そして素晴らしさを"動作するように彼らの能力に直接接続することもできます。その直接の地域)。

説明するために、テーブルの上に座って、カップであることを想像してください。 このカップは、3つの空間次元を持ち、2番目のパスとして、それは時間の4 番目の次元を移動します。 今、カップと全く同じ場所で、あなたが見ることができない6月7日目に見えない大きさになります。 これらの目に見えない6月7日の次元は私達があらゆる点で知っている4次元を交差しているため、それがです。 これらの6から7の寸法は、最も確実ではないどこか別ですが、私達がある同じ場所にあるが、目に見えない。 今、これらの6月7日の余分な次元は、聖書が教えている目に見えない精神的な領域に対応する場合は、精神のボディを持っている天使は、これらの6月7日の余分な次元のもので構成される目に見えない霊の体を持つことになります。 そしてそのような目に見えない天使はカップがカップをひっくり返すように配置されている6月7日の余分な次元をもたらすために選択することができます。

言い換えれば、堕天使は、目に見えない精神的な領域での精神のボディを持っている。 精神的な領域はこれらの余分な6から7の次元で構成されている場合は、堕天使の精神体はこれらの余分な6から7次元、精神的な領域で構成されています。 目に見えない精神的な領域が私たちの周りにあるのと同じように、また、これらの6月7日の余分な次元である可能性があります。 我々は我々の3空間次元に効果として観察何弦理論(理論だけ)によると6月7日目に見えない余剰次元で何が起こるかによって引き起こされる。 これは、余分な次元の天使たちが知覚する物理的な3次元で物事を変更した場合の効果を持っている、6-7余分な次元で彼らの余分な次元の精神のボディを使用することができることを意味します。 そしてこの年、堕天使はまた、どのように"量子サイコロ"秋上、しかし唯一の彼らは存在している非常に限られた場所で限られたコントロールを持つことになります。 目に見えない領域が私たちの周りのすべてそのまま(またはこれらの余剰次元にもなる)堕天使は彼らの精神の体の場所で、自分の周りの即時地域の変化に影響することができます。

そしてそう、これはまた、天使や神が奇跡を動作させるための現代物理学が許す方法と同じ線に沿って、奇跡を(限られた地域で)動作するように堕天使を可能にする方法現代物理学を示しています。 そしてその天使はまた奇跡を動作させ、違反して、現代物理学や科学の法則なく、奇跡を行うことができます。 聖書で説明されているようにむしろ、現代物理学と科学では完全に天使たち、彼らの精神の体、目に見えない精神的な領域、そして天使の奇跡的な力の存在することができます。

聖天使や堕天使になると、聖書は彼らが夢やビジョンを引き起こすだけでなく、物理的に奇跡的や奇跡を起こすことができることが記載されている。

堕落した天使のケースでは、彼らは完全に物理的に被害者に本当の、そしてまた夢に見えることができますFalseのビジョンを、引き起こす。 この堕天使を越えてこれらの物理的な症状は、聖書に言えば、偽の標識、偽の奇跡、そして偽の驚異として考慮されるなど、物理的な損傷を引き起こす可能性、および物理的なオブジェクトが移動するような症状、または記録膜の他の種類が変更されている。

私は堕天使が制御できることだと思う(彼らの即時の地域で)どのように"量子サイコロ"秋、、両方の目に見える天使が実体化する、または目に見えない天使の物理的な効果を見ながら、非常に簡単に物理manfestationsを説明するための手段として働くだろうビジョンの物理的側面を含む。

時間知覚の操作を除き、私もこの"量子サイコロ"アイデアは非常にうまくビジョンのすべての品種との側面を説明し、そしてまた夢と思います。 人間の脳はまた、"量子のサイコロを"(制限されたローカライズされた方法で)を制御することができるという堕天使の効果を体験できるためです。

"人間の脳は、しかし、また不確定性原理に従うものとします。 このように、人間の行動の量子力学に関連するランダム性の要素があります。 しかし、脳にかかわるエネルギーが低くなっていますので、量子力学的な不確実性は、わずかな効果です。"
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG。 133

脳における量子力学的不確実性の影響は通常は小さいですが倒れた場合、天使たちは、"量子のサイコロ"秋は、その後、堕天使は、効果はかなり大きいと目立つようにする方法を決定することができます。

Falseのビジョンについては、私たちの身体感覚のすべては、私たちの脳がそれらをどのように解釈するかに依存しています。 脳内の電気的な刺激、そしてそのようなそのようなものが生成された堕天使によって、堕落した天使は、私たちは"聞く"いずれをも行うことがそこにないものを私たちの目の前で実際にはないものを"見る"、そして作ることができるだろう音は、私たちの体に触れていないものではなく、私たちの鼻の前に"臭い"もの、と私たちの舌上にない"味"のことを"感じる"。 これらのことは、身体の感覚のすべてに完全に本物と思われる。 そして本当に私たちの周りの現実についての情報を送信している電気的な刺激も、この同じ能力で、堕落した天使によってブロックされる可能性があります。 または実際の現実は、部分的にブロックされる可能性があります。 そしてどちらかの方法で、堕天使によって生成される脳内の誤った電気信号は、"量子のサイコロ"の操作によって、完全に物理的に現実のようだ偽ビジョンを体験する人の原因となる、しかしではなかった可能性があります。

人は物理的な認知への人のゲートウェイであるその人の脳を、操作する堕天使で、完全に幻想的な何かを知覚するために発生する可能性があります。 このように、幻想は現実から人への完全に区別できないこととしてあまりにも多いので、身体の感覚のすべてに完全に物理的に現実のように見える可能性があります。 脳の操作による感覚のこの操作は、(または聖なる天使のような真のヴィジョンに)偽ビジョンで何が起こるか非常に可能性があります。 堕落した天使は、これは詐欺を強化、同時に複数の人に発生する可能性があります。 そしてまた、"量子のサイコロ"上と同じ制限された制御の下で、堕落した天使でも本当のようですビジョンと並行して動作する、物理的な症状を引き起こす可能性があります。 欺瞞のこの種は、非常に強力です。 夢は、同じ方法で多く説明するが、人が眠って夢を見ている間に発生するものと同じ種類の可能性があります。

このすべてに加えて、現代科学が特定の方法で可能にする堕天使が行うことが奇跡的であるもう一つは、そこです。 それが時間知覚の操作です。

ルーク4時05分"そして悪魔は、高い山に彼を取り上げ 、時間の瞬間に彼に世界のすべての王国をshewed。"

おそらくイエスキリストが、聖書に記載されているビジョンを、持っている原因となってサタンのこのケースは、1秒未満で、少なくとも時間で可能性が高い。

私たちが次にカバーしようとしていることとして落ちた天使のように見られるように堕天使の時間知覚の操作能力、です。 私は最初の方法をカバーする時間知覚の操作は私が道に入る前にそれを説明し、現代物理学は、このために許可することができる、現代科学では説明できない。

偽ビジョンの犠牲者の脳は堕天使たちがこれらのビジョンを実施し、これらの攻撃の記憶が脳に格納されているかの不可欠な部分であるため、その後、これらの攻撃の時間知覚の操作面ではの方法で説明できる必要がありますそれは一貫性と物理的な人間の脳と競合していないとどのように機能です。 とその時間知覚の操作のいずれかの説明は限られており、人間の脳の科学と矛盾しない説明に限定されている必要があります。

我々はその時間の知覚操作が短期間に豊富な経験から最適化や圧縮を含むと仮定した場合、これはどこかに百から脳よりも千倍の情報量に、一秒で処理するように人間の脳が必要となる通常一秒で処理します。 脳は、ニューロンの発火によって情報を処理します。

私はより迅速に通常よりも発火ニューロンに見つけることができる唯一の​​情報は、特に向精神薬、ヘロインに関する研究であった。 人々は経験の時間知覚の操作は感覚厳しいようなヘロインを経験して報告しないことが堕天使に襲わとして、これは時間の正常な経過で焼成過度に急速なneuronicはこの時間知覚の操作を説明するために動作しないというような実験的証拠を提供しています。

そのようなものとして、時間知覚の操作は、短期間に豊富な経験から最適化や圧縮を必要としません。 唯一の他のオプションは、これらの経験は実際に主観的に世界の残りのための客観的な時間の経過が非常に短いですが、落ちた天使のようなビジョンを有する者によって知覚される限りの時間を取ることです。

このための主要な例は、一般相対性理論の理論に見られることがあります。 相対性理論、人の移動を高速化するのかに関係なくによると、時間が同じ速度で通過すると感知される。 しかし、あまり時間は比較的(比較的)静止した人のためのより加速人のために渡されます。 まだどちらかの人が同じ速度で通過する時間を感じるでしょう。 それは神が正しく機能するために、実際の時間の一貫した流れを必要とする人間の脳を設計した神学的観点から論じ、そして時間の経過は、人間が加速するかもしれないもの速度に関係なく一貫した残っていないだろうれる宇宙を設計することができる。

Because the person's brain is involved in the process of a Vision, yet their body does not go anywhere, many theoretical physics concepts dealing with time would not work to explain how the brain can experience more time while the body experiences less time.

Could general relativity, and time dilation explain how this works? Relativistic Time Dilation would not work, because it would require the body to feel acceleration (or its gravitational equivalent) in comparison to the brain, at over 99% the speed of light. This speed would be necessary to produce a 100 or 1000 seconds to 1 second ratio. This is not what is reported by witnesses of the person under attack's body, that see it does not go anywhere, nor the Biblical account that during Visions people do not go anywhere. So this cannot be the case, aside from the fact that such a thing would likely kill the person.

Could time travel gained by travel to the future, and then the past, explain this extra perceived time?

There is a type of theoretical wormhole, called a CTC, which was once theorized to be able to be used in this way, if many detailed criteria were met. But according to the current consensus of scientists, a CTC would not work for time travel to the future or past. This manner specifically would involve moving a brain to another location in 4d space-time, spending a real amount of time in that other location moving into the future, and then the brain traveling back in time to the same moment it left. Even if this could work without killing the person, a CTC wormhole still would not work for returning the brain to the past, as a CTC will not work for time travel to the past or future. A CTC wormhole will not work for time travel to the future and past for a brain, or a person, or even for a bowling ball, as they cannot be used for time travel in general.

Kip Thorne and Stephen Hawking had an ongoing debate for about 20 years over the subject of time travel into the past, using a CTC wormhole for time travel. The debate, based on their books, seems to have become settled, with Thorne (pro-possibility of time travel) coming to agree with Hawking (anti-possibility of time travel). Here are some highlights:

“Perhaps fortunately for our survival (and that of our mothers), it seems that the laws of physics do not allow such time travel. There seems to be a Chronology Protection Agency that makes the world safe for historians by preventing travel into the past. What seems to happen is that the effects of the uncertainty principle would cause there to be a large amount of radiation if one traveled into the past. This radiation would either warp space-time so much that it would not be possible to go back in time, or it would cause space-time to come to an end in a singularity like the big bang and the big crunch. Either way, our past would be safe from evil-minded persons. The Chronology Protection Hypothesis is supported by some recent calculations that I and other people have done. But the best evidence we have that time travel is not possible, and never will be, is that we have not been invaded by hordes of tourists from the future.”
-Stephen Hawking PhD, Black Holes and Baby Universes Pg. 154 (1994)

“Translating back the viewpoint of an observer at rest in the wormhole (the observer that Kim and I had relied on), Hawking's conjecture meant that the quantum gravity cutoff occurs 10^-95 second before the wormhole becomes a time machine, not 10^-43 second – and by then, according to our calculations, the vacuum fluctuational beam is strong enough, but just barely so, that it might indeed destroy the wormhole.”
-Kip S. Thorne PhD, Black Holes and Time Warps pg. 520 (1994)

“Hawking suspects that the growing beams of vacuum fluctuations is nature's way of enforcing chronology protection: Whenever one tries to make a time machine, and no matter what kind of device one uses in one's attempt (a wormhole, a spinning cylinder, a “cosmic string”, or whatever), just before one's device becomes a time machine, a beam of vacuum fluctuations will circulate through the device and destroy it. Hawking seems ready to bet heavily on this outcome. I am not willing to take the other side in such a bet. I do enjoy taking bets with Hawking, but only bets that I have a reasonable chance of winning. My strong gut feeling is that I would lose this one. My own calculations with Kim, and unpublished calculations that Eanna Flanagan (a student of mine) has done more recently, suggest to me that Hawking is likely to be right. Every time machine is likely to self-destruct (by means of circulating vacuum fluctuations) at the moment one tries to activate it.”
-Kip S. Thorne PhD, Black Holes and Time Warps pg. 521 (1994)

That was all from 1994, but a more recent quote from 2001 shows the issue has generally been settled:

“… Since the sum-over-histories calculations in these backgrounds are mathematically equivalent, one can conclude that the probability of these backgrounds goes to zero as they approach the warping needed for time loops. In other words, the probability of having sufficient warping for a time machine is zero. This supports what I have called the Chronology Protection Conjecture: that the laws of physics conspire to prevent time travel by macroscopic objects .
Although time loops are allowed by the sum over histories, the probabilities are extremely small. Based on the duality arguments I mentioned earlier, I estimate the probability that Kip Thorne could go back and kill his grandfather as less than one in ten with a trillion trillion trillion trillion trillion zeroes after it… As gambling men, Kip and I would bet on odds like that. The trouble is, we can't bet each other because we are now both on the same side .”

- スティーブンホーキング博士は、ナットシェルの中の宇宙、PGS。 152-153 (2001)

One problem with time travel to the past between 2 locations in 4d space-time, is that, put simply, electromagnetic vacuum fluctuations would build up traveling in a loop from the present to the past, an infinite loop, and this would destroy any pathway from the present to the past. Stephen Hawking and Kip Thorne have said, CTC wormholes won't work for time travel.

As such, this is also not a possibility for time perception manipulation during a fallen angel attack, and it can summarily be concluded that peoples' brains do not go anywhere, or time travel. Time gained by traveling to the future, and then the past, is not allowed by physics in any way that would fit this time perception manipulation scenario seen in a fallen angelic Vision.

Biblically, this can be understood in that God created the universe so as to not allow time travel into the past. God controls both sides of the wormhole, and it is God who would make it so electromagnetic vacuum fluctuations in a loop from the wormhole mouths would destroy the wormhole before it could allow for any possible time travel.

God created time, as did Jesus Christ, as all things were created through Him.

Jesus Christ says in Rev 22:13, “I am the Alpha and the Omega, the First and the Last, the Beginning and the End.”

As such God has complete authority over time, and simply does not allow time travel to the past, or the future and then the past again.

None of these theories mentioned will work as an explanation for time perception manipulation caused by fallen angels during False Visions. So then what is going on?

The key verse is Luke 4:5, “And the devil, taking him up into an high mountain, shewed unto him all the kingdoms of the world in a moment of time .”

This verse does not describe time travel to the past. In contrast, this verse describes a long period of time passing during a second, or less than a second. Or another way to say this is that some extra time was perceptually gained by the person, more than the objective passage of time that God controls.This verse describes a long period of time passing during a second, or less than a second. Or another way to say this is that some extra time was perceptually gained by the person, more than the objective passage of time that God controls. So how would a fallen angel do this? How might this work?

The answer is that there is simply more to the dimension of time than we normally think of there being. I believe the Bible sets precedence for this concept, and this is how I would interpret Joshua's Long Day.

Josh 10:12-14
Then spake Joshua to the LORD in the day when the LORD delivered up the Amorites before the children of Israel, and he said in the sight of Israel, Sun, stand thou still upon Gibeon; and thou, Moon, in the valley of Ajalon. And the sun stood still, and the moon stayed, until the people had avenged themselves upon their enemies. Is not this written in the book of Jasher? So the sun stood still in the midst of heaven, and hasted not to go down about a whole day. And there was no day like that before it or after it, that the LORD hearkened unto the voice of a man: for the LORD fought for Israel.

I have read several theories to explain how this worked, but here is mine:

When God made the dimension of time, He made it to have both its flow in length, as we normally perceive, and draw as a line, but also to have a width to it, at right angles to its length. This width is normally small and tight like a string. But the width of time is like a stretchy material, like a rubber band, and so if God wants to, God can stretch out the width of time. The width of time is not affected by the 3 dimensions of space, or things like gravity or speed. The length of time is what is referred to in “space-time”, but the width of time exists unaffected by the things that would normally affect the length of time. In other words, the width of time works like a 2 nd dimension to time.

In Joshua's Long Day, it was the width of time that God stretched out, around the surface of the earth, and for the people on the earth. As such the people on earth experienced long time passage in the width of time, during what was a brief moment in the length of time.

I believe that according to physics this is possible. Although the concept of time having a 2 nd dimension of “width” seems to be in its infancy, there is some information to be found on it. The concept which parallels the “width” of time in modern theoretical physics is the concept of “imaginary time”:

“…One of these is that it is easier to do the sum if one deals with histories in what is called imaginary time rather than in ordinary, real time. Imaginary time is a difficult concept to grasp, and it is probably the one that has caused the greatest problems for the readers of my book. I have also been criticized fiercely by philosophers for using imaginary time. How can imaginary time have anything to do with the real universe?
I think these philosophers have not learned the lessons of history. It was once considered obvious that the earth was flat and that the sun went around the earth, yet since the time of Copernicus and Galileo, we have had to adjust to the idea that the earth is round and that it goes around the sun. Similarly, it was long obvious that time went for the same rate for every observer, but since Einstein, we have had to accept that time goes for at different rates for different observers. It also seemed obvious that the universe had a unique history, yet since the discovery of quantum mechanics, we have had to consider the universe as having every possible history. I want to suggest that the idea of imaginary time is something that we will also have to come to accept. It is an intellectual leap of the same order as believing that the world is round. I think that imaginary time will come to seem as natural as a round earth does now. There are not many Flat Earthers left in the educated world.”

-Stephen Hawking, Black Holes and Baby Universe, Pg. 81-82  

Imaginary time is already a commonplace of science fiction. しかし   it is more than science fiction or a mathematical trick. It is something that shapes the universe we live in.
-Stephen Hawking, Black Holes and Baby Universes, Pg. 83

Though it is a newer concept, it seems that imaginary time shapes the universe we live in. According to physics, what is it like?

You can think of ordinary, real time as a horizontal line, going from left to right. Early times are on the left, and late times are on the right. But you can also consider another direction of time, up and down the page. This is the so-called imaginary direction of time, at right angles to real time.
What is the point of introducing the concept of imaginary time? Why doesn't one just stick to the ordinary, real time that we understand? The reason is that, as noted earlier, matter and energy tend to make space-time curve in on itself. In the real time direction, this inevitably leads to singularities, places where space-time comes to an end. At the singularities, the equations of physics cannot be defined; thus one cannot predict what will happen. But the imaginary time direction is at right angles to real time. This means that it behaves in a similar way to the three directions that correspond to moving in space. The curvature of space-time caused by the matter in the universe can then lead to the three space directions and the imaginary time direction meeting up around the back. They would form a closed surface, like the surface of the earth. The space directions and imaginary time would form a space-time that was closed in on itself, without boundaries or edges. It wouldn't have any point that could be called a beginning or end, any more than the surface of the earth has a beginning or end.

-Stephen Hawking PhD, Black Holes and Baby Universes, Pg 82

“When one tried to unify gravity with quantum mechanics, one had to introduce the idea of “imaginary” time. Imaginary time is indistinguishable from directions in space. If one can go north, one can turn around and head south; equally, if one can go forward in imaginary time, one out to be able to turn round and go backward. This means that there can be no important difference between the forward and backward directions of imaginary time. On the other hand, when one looks at “real” time, there's a very big difference between the forward and backward directions, as we all know.”
-Stephen Hawking PhD, The Illustrated Brief History of Time, Pg 182

Imaginary time does not follow the forward direction of time, but instead forms a closed loop, in which there is no distinguishable forward or backward direction. This concept seems to parallel a stretchy width to time very well. A person experiencing imaginary time could gain time, going around a closed loop on the width of time, and ending up where they started. This would allow time to be gained, and experienced, by the person, without that person moving forward on the length of time, save a moment.

Could the science theory of Imaginary Time, or concept of a Width to Time, explain time perception manipulation in False Visions caused by fallen angels? … Yes.

As I have mentioned before, the Bible calls the angels the “sons of God” in several places, and this may relate to that angels can do many of the same things that God can do, but on a more limited and local basis.

For instance, God can perform miracles, signs and wonders, and Joshua's Long Day was one of these miraculous events. If this analogy holds true in this case, as it has in other cases, then it would make sense that fallen angels may also be able to stretch out the width of time on a limited local basis. The length of time God keeps all authority over, and fallen angels cannot travel it nor stretch it out. But during a Vision the additional time perceived would be from fallen angels stretching out the width of time (not the length of time).

In fallen angelic Vision experiences, this could be visualized as a fallen angel stretching out the width of time around the brain of the person under attack. The person's brain does Not leave their body, nor move forwards and backwards along the length of time. But the person does experience a gain of time from the period in which the width of time is stretched out around their brain. This allows for a gain of perceived passage of time in a Vision, and would allow for a couple minutes to or even a couple hours to be perceived to pass in a moment, or second.

This scenario would allow the brain to function at its normal speed, with decision making processes working as they normally do in the brain-mind-soul-spirit connection. This would also allow for memories to be stored in the brain according to the normal way the brain functions.

And so this is how I would explain fallen angels accomplish time perception manipulation during Visions. Modern Physics seems to somewhat allow for this, especially angels might be able to do this under the explanation of if they were extra-dimensional in 6-7 extra dimensions, they might be able to access a second dimension of time as well. In any case, this explanation of stretching the width of time around the brain of the person would work to explain time perception manipulation in Visions.

I find a good analogy to conceptualize an extra dimension or dimensions is the green code in the Matrix movie. Like the agents in the Matrix movie, fallen angels can alter the “code” (“quantum dice”) to change what is there and alter the green code inside a person's mind, to change what the person perceives, through their brain.

As such I often try to represent the aspects of Fallen angelic False Visions using Matrix imagery. I use a red sphere of code to represent the invisible extra-dimensional or spiritual realm fallen angel.

As an example, this is a close up of a fallen-angel-caused vision of an “alien abduction”. Remember that the entire vision, all 3 aliens, and the setting, are all caused by 1 fallen angel. In this example, the red ball below contains a person standing in a room with 3 aliens, near a table, in a defensive posture against the aliens. That is how the person having this Vision experiences themself to be, and it seems real to them, though a Vision.

What this represents is that because of a fallen angel, the neurons in the person's brain are firing in such as way that their perceptions have been altered. As the person perceives their surroundings through their brain, which is the hub and gateway to all the physical senses, the true green reality has been blocked out either fully or partially, and the person perceives what is going on in the red sphere, which is the fallen angel attacking. Their brain being able to send signals of sensing the green reality around them has been blocked, and instead the deceptive red signals of the fallen angel is what is getting through to their brain. In the most extreme case, this can mean the person may perceived being touched, when they are not, smell things, see things, etc. which seem entirely physically real, but are not. These physically sensations can be of things which are external to the body, or internal to the body (such as John's stomach ache in Revelation).

Because of brain-sensory-hacking abilities of fallen angels seen in False Visions, which can seem completely physical, it can be difficult to be able to tell with certainty that an actual purely physical manifestation of a fallen angel has occurred. Perhaps one example is that of fallen angels manifesting as UFOs (or whatever) in which pictures or video-recording have been taken. But keep in mind, when fallen angels do physically manifest, it may only be on a very limited and partial basis. One example is the audio-recordings made of ghosts, which if not hoaxes, only show a physical manifestation of the air vibrating so as to produce a recordable sound. That is all that could be proven to have occurred, at most, when nothing was taken along the lines of a picture. Even at that, it is possible that a physical manifestation in some cases was limited to only a direct altering of the film or recording device, whether pictures of ghosts or UFOs, video film, or audio recordings.

In conclusion, Science and Modern Physics seems to allow for the miraculous and miracles, whether caused by God, Holy angels or fallen angels.

For Christians, the Bible does establish the kinds of things that fallen angels can do. Taking the Bible as the authoritative Word of God, on faith, there really is no need to question that fallen angels have these abilities. The Bible says fallen angels have these abilities, both of whatever degree of physical effects, and causing False Visions and dreams. Bible-believing Christians should be able to accept that, whether modern science has caught up to the Truth of the Word of God, or not. But the hope with this piece is that you can understand that Science and the Bible do not conflict, as science actually allows for the miraculous to occur, as is recorded in the Bible and seen in miracles God still works today. And as also seen in the false signs and wonders that happen today, caused by fallen angels. Theories in Science are always changing, in a progressive accumulation of knowledge: they are not truth. Where the Bible and science seem to contradict, I believe the Bible should always be deferred to as Correct and Truth, no matter what science teaches or scientists say.

I've touched on topics involved with big bang theory, quantum mechanics, black holes, worm holes, extra dimensions, and string theory.

But I agree with what Russell Grigg, from CMI-Australia has to say on this:

“It has truly been said that Christians married in their thinking to today's science (eg big bang, ten dimensions, etc.) will be widowed tomorrow.”
-Russell M. Grigg M.Sc. (Hons.), Creationist Chemist and Missionary
www.creation.com
CMI–Australia

That being said, I'm not entirely convinced about any of these theoretical science theories, and my intent here has not been to convince anyone of them. But rather, the aim of this was to use Modern Physics theories to show that science does not contradict or in any way disallow what that Bible teaches is true. The main point of doing this is to show that science does not preclude the existence of miracles of God and of holy angels, and also the false miraculous done by fallen angels. But rather I believe modern science actually completely allows for miracles, and for fallen angels, and their Biblically described abilities.

Rather than prove this seemingly supernatural activity is impossible, science actually completely allows for all of this to be possible… Modern physics shows that God created the universe to leave room for the miraculous to occur, without violating the laws of physics that He set up and maintains.

In any case, God is infinitely dimensional, without any question, having created all dimensions and everything in them, and as we know, God, in His three persons, can do anything and is All-powerful.

A fallen angel is more powerful than a human. But Jesus Christ is the Son of God, fully God and fully man, and also infinitely dimensional. So Jesus Christ is more powerful than any fallen angel, and even more powerful than all fallen angels combined. This is just another way of looking at what we already know, that Jesus Christ is seated at the right hand of God, with all power, above every other power, principality, authority, above every angel, Holy or fallen.

Angels can only be in one place at once, as we see in Daniel 10. And angels were created by God, as Genesis says,
“God created the heavens and the earth and all the host of them”.

But Jesus Christ is the fullness of the Godhead in human form, and Jesus Christ said “before Abraham was, I AM” , and John tells us “All things were made by him; and without him was not any thing made that was made” , showing Jesus Christ's infinite dimensionality as the Son of God.

And the Bible tells us in Acts 4:10-12 ,
Be it known unto you all, and to all the people of Israel, that by the name of Jesus Christ of Nazareth, whom ye crucified, whom God raised from the dead, [even] by him doth this man stand here before you whole. This is the stone which was set at nought of you builders, which is become the head of the corner. Neither is there salvation in any other: for there is none other name under heaven given among men, whereby we must be saved.

And we see this in that supernatural harassment and attacks stop in the name and authority of Jesus Christ. Jesus Christ can and does help those who call out to Him for His help, who have faith in Him and believe upon the power of His Name. So Jesus Christ is more powerful than fallen angels, in whatever form they take, no matter how powerful they seem, Jesus Christ is more powerful.