This page has been translated from English

用語"Rephaim"と"ネフィリム"の非交換可能性

用語"Rephaim"と"ネフィリム"の非交換可能性に関する研究

この研究は、すでにいくつかのオンライン文章で詳細にレイアウト概念上に構築される、と出て、最初にそれらを読むことが最善との結論本研究の大部分を取得するために、私はまたそれらを要約します。

悪魔http://www.paradoxbrown.com/Chapter_4.htm

この書き込みは、詳細悪魔の起源の枠組みを。 要約すると、子供の精神は、もっぱら子供の父親の精神(図示されている研究の聖典に配置)の乗算から来ている。 したがって、ネフィリムは創世記6の罪深い天使"神の息子"の父親いたとして、彼らは彼らの父親としての堕落 - 天使 - 精神の同じ不滅の種類を持っていた。 しかし、彼らの死の遺体は、母親として、劣った劣化、人間のDNAと、人間だった。 実際には"神の息子たちは"人間の男性のように見えた。 これは遺伝学の科学で要求されるように彼らは"彼らの最初の住まいを残した"と地球上の恒久的な物理的な症状を取り上げ、妻を取ることを決めたとき、彼らは、物理的な乗算/リプロダクティブ構想の過程でヒトのDNAと一致するDNAを貢献している必要がありますために任意の子孫のために結果しているため。
"神の息子は"それ自体は、不滅の精神のボディを持っていたが、これらの機関は、それらの生活に燃料を供給彼らの不滅の魂のために不死を維持することができた。 この特徴は、自分の子供ネフィリムに渡されませんでした。 このようなネフィリムは死すべき人間の身体が、不死倒れた-天使のようなタイプの精神を持っていた、まだこれらの霊は、その物理的死すべき体で不死を維持することができませんでした。 むしろ反対に、ネフィリムの死すべき人間の体でこの劣った人間のDNAとして巨人症の変形、そして唯一の120年の寿命で、その結果短縮、長寿の遺伝子を引き起こし、下垂体癌を発症するネフィリムとなりました。 ネフィリムはまた妻を取り、子供を持っていた、これらの劣化遺伝学は、巨人症と短縮寿命を引き起こすすべての人類に渡します。 聖書は120年の寿命の遺伝学を教え、巨人最初のネフィリムを経由して来た、そしてこれらの特性は、洪水を生き延びた教えます。 したがって、それはネフィリムが120年の寿命と巨人症のネフィリムの劣化、人間のDNAの遺伝学とボディを、持っていた人間の心のある子どもたちを生み出した人間の精神と人間の男性と結婚している必要がありますネフィリム - 娘を、持っていたことがわかる。 劣化遺伝学とそのような女性の人間の子孫は後に(支配的なだけ部分的な浸透と、それゆえ多くの劣性遺伝子のように動作)我々は短縮寿命を参照してください(優性遺伝子)と巨人症などの前方にこれらの遺伝学を渡して、箱舟にされて、としている必要があります洪水。 それは、我々はすべてのネフィリムに関連していることを証明する120年の短縮寿命より実際には、のような、短い順に、洪水の後、すべてが箱舟に女性の子孫住んでいたすべての人がいました。 彼らは人間の精神を持っていたので、しかし、箱舟の全員がすべての彼らの子孫が人間だったので、人間だった。 ネフィリムが死んだときに、洪水の前または最中に、自分の不死の倒れた-天使のようなタイプの精神は、地球上で活動を続け、そして今日我々は彼らの悪魔を呼び出す - など、特に新約聖書全体を通して、ヒトまたは動物の制御を取得する見られている。

ネフィリムポストフラッドのないhttp://paradoxbrown.com/appendixnonephilimpostflood.htmlなし

要約では、洪水後に短縮増殖ライフスパン、および巨人のための遺伝子の遺伝子は、時折跳び。 彼らは多くの問題を提起していないだろうが、巨人症(オスとメス)を持つこれらの人間は子供を適合させ、持っていることに決めたようだ。 聖書はまた、さらに直接の家族のメンバーと、彼らは近親交配を実践し記録します。 これは巨人のための遺伝性の遺伝子がこれらの集団で補強するもの。 巨人症のための遺伝の遺伝子が支配的であるけれども、彼らは、自分が通常は劣性として作用することを意味部分的な浸透を持っている。 しかし、近親交配によって、これらの優性遺伝子が強化を通じて完全に支配的となった。 巨大な人間のような全体の部族は、繰り返し旧約聖書に記載されています。 これらは、倒れた-天使のようなタイプの精神を持っていたと悪魔(と聖書のどこが人間の女性と堕天使異種交配の第二の侵略に言及している)になるとネフィリムはなかった。 むしろ、これらはすべて他の人間のように、ヒト型-精霊と、巨人症との人間であり、彼らは次のような他の様々な部族の名前で呼ばれた:我々が見ることができるAnakのRephaim、アナキムまたは息子、Zuzims、EMIM、等これらの用語は、神がAnakの息子のためのそれが中傷"ネフィリム"と呼ばれるように考えられることが明らかになる数字の話に起因する"ネフィリム"の章13と14、と同じ意味で使用されていません。 特に、中傷のレポートは、(テンキー13:33)"そして、我々は、ネフィリム、Anakの息子、ネフィリムの[来る]をそこに見た"、と主張した。 それが1だったので、これは中傷レポートでした。 "Anakの息子"(アナキムは)ネフィリム2でした偽ている。 "Anakの息子は"誰がよりも彼らの巨人症に起因するネフィリムからより下降したという誤った。 アナキムは巨人症、もともとネフィリムから来た特性のひとつは、アナキムはネフィリム、イスラエル人自身が唯一120年住んでいたという事実と同じになるように行っていない持っていたこと、もともとネフィリムから来た別の特徴は、行っていないどちらネフィリムにイスラエル人。 報告書は"中傷"と効果的ではない真である理由(我々と同じ、今日だけ120年生きているにもかかわらず、ネフィリムではない。)これはそれで真実のいくつかの小さな要素があったにもかかわらず、です。 この不正な/悪/中傷/悪意のあるレポートを与えたスパイは、彼らの中傷レポートのために"主の前に疫病で死亡した"、と彼らが原因となったすべての問題は、それを持つ人々は、この悪いレポートとして神に信仰を欠く人々にもたらしたと彼に言うことを聞かないこと、そして40年(テンキーの午前14時37分)のために砂漠でさまよっ。 そう、神は言葉"Anakの息子"(アナキム)と同じ意味で"ネフィリム"を、使用してからどう思うかのための唯一の聖書の先例では、その人が中傷をコミットしていることである、と彼らは"主の前に疫病で死亡した"。 これはかなり強い負の先例です。

番号13から14から、我々は"Anakの息子が""ネフィリム"ではない、とこれらの用語は交換可能ではないことを収集することができます。 実際にGen 6時04分およびNum午後01時33分には、単語"ネフィリム"が使用されている聖書の唯一の場所です。

:しかし、"Anakの息子"や"Anakの子どもたちは"聖書の8倍速の合計に記載されていますhttp://www.blueletterbible.org/lang/lexicon/lexicon.cfm?Strongs=H6061&t=KJV これらの用語は、"Anakの息子"や"Anakの子どもたちは"同じ意味で使用されています。

http://www.blueletterbible.org/lang/lexicon/lexicon.cfm?Strongs=H6062&t=KJV

と"アナキム"用語"Anakの子どもたちは"また大きいと背の高い人、Anakimsの子供、なたknowest、および[の]なたが聞いた"、としてDEUT 9時02に示すように、同じ意味で使用される[言う]、誰がAnakの子の前に立つことができる!"

そこで、"Anakの息子"や"Anakの子どもたち"の用語を知っているか"アナキム"すべての交換、および用語"ネフィリム"と同義で使用されるため、すべてのできない、そしてこれらの巨大な人々は"ネフィリム"なかったこともできます。

DEUT 2:10-11にはさらに、用語"アナキム"は用語"Rephaim"と交換可能に使用されたことを私たちのために明らかになる用語"EMIM"でした。"Emimsは昔、偉大な、そして多くの人々にそこに住んだとAnakimsとして、背が高く、またAnakimsとして、Rephaimを占めれた、しかしモアブ人は彼らEmims呼ぶ"。

このことから、我々は、用語"Anakの息子"、"Anakの子供たち"、"アナキム"、"Rephaim"、および"EMIMは"すべての意味で使用されていることがわかります、そして用語"Rephaimは"のより広範なカテゴリと思われるそのほかの条件は唯一のサブカテゴリがあります。 これは、これらの用語のどれ用語"ネフィリム"と交換していない、とこれらの巨大な人々のどれも"ネフィリム"なかったことを意味します。

http://www.blueletterbible.org/lang/lexicon/lexicon.cfm?strongs=H7497&t=KJV

用語"Rephaim"の使い方を見ているそれは"Zuzims"と"Zamzummimsは"また"Rephaim"と追加の交換項であるので、それらはどちらか"ネフィリム"ではないことが明らかになります。 これらの部族のすべては、人間の精神を持っていた巨人、と人間のものであった、と彼らは"ネフィリム"ではなかった。 また、これらの部族のいずれも堕天使で望みのものではなく、"Anak"と"アルバ"と名づけられた何人かの男性、で起動されていると言及されなかったことを文脈ではっきり見ることができます。

これらの部族は、近親交配を通じて巨人の部族の生産を強く支配的な特徴に強化された遺伝性の人間の巨人、のケースだった。 彼らはthelandofIsrael定住したとき、神はイスラエル人がこれらの種族にすべての男性、女性、そして子供を一掃していた聖書の記録。 これらの人々は"ネフィリム"だったので、彼らは近親交配によって、すべての子孫が継承する運命にされることを救い難いほど補強外観を損なう痛みを伴う遺伝性疾患を開発していたので、これはではなかった。 このイスラエル人に広がって、そしてすべての周辺諸国への危険性があった。 本質的には、人間の巨人のこれらの部族の殺害は、絶望的にこの補強優性形質で立ち往生し、この痛みを伴う外観を損なう遺伝性疾患を運命づけられた、自分の子孫への慈悲だ、とを含む、彼らの周りすべてのものを、保護するために検疫措置だった同じ条件からのイスラエル人、。 巨人のこれらの部族は、無知で近親交配を実践されていなかった、巨大な男性、女性、そして子どもたちの全部族が開発されていないだろう、とこれのどれも必要なかっただろう。 それは、単に一般的には非常に悲しい物語です。

ここで紹介するとして、これらの用語の理解と矛盾することはほとんどない。 しかし、それは矛盾する可能性が少し紛らわしいです。 ストロングの7497(上記のリンク)の用語"rephaimは"、、ストロングの7496の言葉"rephaim"と同じ綴りである。 http://www.blueletterbible.org/lang/lexicon/lexicon.cfm?Strongs=H7496&tは= KJV

私はRephaimは彼らの死によって、悪魔になる、というだけ"ネフィリムは"悪魔になったことはなかった人間の精神、と、人間の巨人であることを提示している。

7496の言葉"Rephaimは"7497"Rephaim"と同じように綴られているが、それは"巨人の部族"として定義されていない、むしろ強いのは、それが"死んで、色合い、霊の幽霊"という意味だ。

悪魔が本質的に"ゴースト"や死んだ"ネフィリム"の不滅の精神であることを理解し、これにはいくつかの混乱を作成します。 聖書は旧約聖書(上記リンクの鬼の最初の紙のように)の霊や幽霊のように本質的に悪魔を指しているのでしょう。 だから、ほとんどのの強い定義(7496)は、他の言葉の悪魔で、幽霊や死者の霊を参照しているようです。 私は彼らがすべての人間の精神を持っていた、とだけ"ネフィリムは"悪魔になったので"Rephaim"のいずれも、悪魔なかったことを正しいとなった場合、これは矛盾して見えることができます。

そこに"巨人の部族"を意味する単語"Rephaim"(7497)はこの法律において"ネフィリム"と同義で使用されていないという点で追加の混乱があり、(7497)および(7496)と同じスペルを持っている、とのように思わストロングを除いて同じ単語が、それぞれに異なる定義が与えられた有利だ。 そう"Rephaim"(7496)("Rephaim"(7497)と同じスペルで)幽霊、悪霊、または悪魔として、死んだ"ネフィリム"を参照するために互換的に使用される用語ですか?

我々は、単語"Rephaim"(7496)は矛盾があるかどうかを確認するために、旧約聖書で使われている8倍速で見ていきます。 しかし最初に、この質問に答えるために、それは旧約聖書の作家は、彼らが場所アビスと呼ばれる、と場所シェオルと呼ばれる約信じるものへと反映の歴史的枠組みを理解することが不可欠です。 彼らが保有するこのような観点の多くは、"この書面で説明されています:

"旧約聖書と新約のアビスの調査" http://paradoxbrown.com/TheAbyssOldNewTestaments.htm

人々は当時"神の息子が"刑務所では、洪水時に地球内部に生き埋めにされていたことを理解、場所は"アビス"、または"ピット"、または"破壊"と呼ばれる。 それははるかに刑務所として使用される井戸や貯水槽のようなもの、それは罪深い天使が投獄されている水によって覆われ、地球と岩石で覆われた深いピットで中空、、、です。

洪水は、"深いの噴水が"オープン、地下水を骨折する大変動イベントでした、そしてそれが終わる前に、山々が来て、谷がダウンして沈没した。

"彼はそれを移動してはならないように、その基盤の上に地球を設定します。 あなたは、衣服と同様に深いとそれを被覆したものに限る水は山の上に立っていた。 ご叱責で、彼らは逃げた;あなたの雷の音で、彼らは飛行にかかった。 山バラ、谷は、あなたがそれらのために任命位に沈んだ。 あなたは彼らが再び地球をカバーしていない可能性がありますようにそれらが、合格しない可能性があることの境界を設定します。"PS 104:5-9を

多くの人々の今日の絵の上昇海域を生き残るために多くの努力の後、雨から溺死で死亡したとして、洪水の前に人々。 しかし、聖書は何が起こったかの異なる絵を描くようだ。

"神の息子は、""アビス"と呼ばれる、よく、内部の土の水槽または同じように、中空のポケットの中に神によって投獄された。 と聖書は冥土と呼ばれていた"神の息子"もアビスの近くに、大量の墓地の地下を形成し、同じプロセスで殺された、と住んでいたプレ洪水の人々を示すように見えます。 聖書が書かれたとき、それは、これを知るために使われる人々だ。 今このような理解は、主に忘れられているが、それはすべて聖書に平野行われます。 それは、事前に洪水の人々が徐々に上昇し海に溺れないように死んではいないようだ。 あなたが考えてみれば実際には、ノアがボートで生き残ることができたなら、それはかなり可能性があれば、いくつかの時間にもすることができたかもしれないと思われる。 しかしエズ31レコードは、事前洪水の人が無期限にこの方法を生き残るために機会を与えられなかった。 "神の息子"の歴史的イベント自体は、事前に洪水は、人々は(とネフィリム)、地球、この質量の冥土/墓の意思、そしてアビスの罪を犯し天使の懲役に飲み込まれているに記録されていますエグゼ31:14-15,17のバイブル:

"水からすべての木のどれもが自分の身長のために自分を賛美しない、どちらも太い枝の間でその上を撃つ、どちらもそれらの木は、その高さにすべてのその飲料水を立っている目的のために:それらはすべて死に至るまでに配信されるために、ダウンピットへ行く(アビス)、それらの男性の子供の真っ只中で、地球の地下の部分 、、へ。 このように言う主なる神、日中彼は私が嘆きの原因となった冥土にダウン状態になった:私は彼のために深いを覆われ、そして私はその洪水を抑制し、素晴らしい海が滞在した:そして私はレバノンが彼のために追悼する原因となった、の真っ只中に彼の影の下に住んで[こと]が[あった彼ら]彼の腕と、そしてすべての剣で殺された彼はわたしに彼らはまた冥土にダウン状態になった彼のために気絶し、フィールドの木... [することをそれら]異教徒。"

これは、死んだ人々はアビスに冥土、罪深い天使たちに、地球にダウンして、罪深い天使たちと、それらを持つ人々、ネフィリムかどうかを説明します。 全体としてエズ31は"神の息子は、"王国を持っていた"アッシリア"と呼ばれるリーダーが、、あったことを示します。 それは"神の息子"と、それらを持つ人々、そしてネフィリムは、洪水の水が上昇したとして一緒にグループ化されているすべてのこの王国、同じ場所にグループ化され、そして潜在的に宿泊している可能性があることだ。

創世記7月8日とエズ31を相互参照する、それは神が雨の40日後の深部の洪水をとどまったようだ。 現実的になるだろうている - これは洪水の40日後、人々、ネフィリム、そして罪深い天使たちは、おそらく、まだ可能性が木材などにしがみついて、同じ一般的な場所で海に浮かんで、魚や植物の残骸を食べていたことを意味しますが、感覚。 とので、それらを一掃するために、神が地球を開いていたので、それらはすべて大規模な地下室に巨大なワールプールに飲み込まれる。 人間/ Rephaimとネフィリムの死すべき体は、プロセス内で死亡した、と"冥土"と呼ばれる大量の墓地を作り、これの最小の深さは、罪深い天使が物理的に生きて投獄された場所中空いた、"アビス"(と呼ばれるか黙示録の"奈落の底")。 それらはすべて地球の地下の部分の内部に、一緒に、デッドオアアライブ、埋葬された。

それは、エズ31に記載のような、神が意図的に物理的に洪水の激変動乱時のアビス/冥土のこの場所に、それらのすべてを強制的にダウンしていることがわかる。 神は刑務所で生きているそれらを埋めて、大地にダウン物理的に"神の息子"を送信したとき、それらの間住ん​​でいた人々は冥土に、彼らと一緒に死んだ。 これは、より多くのエゼキエル書32に説明されているようだ。

それは"Rephaim"またはとの関係で時々使用されていた別の単語でも、"ネフィリム"は"gibbowrは"通常"強大な"または"強大なもの"と訳されていることに留意すべきである。 この単語は、形容詞と男性名詞の両方で、最初の世代の午前6時04分"古いからだった勇士"の"ネフィリム"への参照に使用されています。 彼は人間の巨大な( - そうして彼は"rephaim"として分類される場合ただし、セプトゥアギンタは、彼がいたことを反映するようになっているようですが)された場合、それは不明ですがニムロッドは、まず、洪水の後に"偉大な男"と呼ばれていました。 この単語は"強い、強大な"の形容詞であり、それはどんな種類の巨人とは何の関係も持た​​ないで、多くの場所で使用されているこの神を超えて、多くの神の戦士、そして聖なる天使たちがいるように、強大なと言われている。 単語は"gibbowrは"それゆえではないの同義語や単語"ネフィリム"も単語"Rephaim"と交換可能です。 しかし、また、おそらく特にネフィリム、または事前に洪水人間Rephaimおそらく、巨人を参照するように見えるのエズ32内の特定のノートのいくつかの詩があります。 これは、アビスの刑務所にダウンした罪深い天使たちと一緒に、冥土の大量墓地にダウン状態になった人を"剣によって殺さ"れた人々約エズ31からの情報を続けている。

, and her company is round about her grave : all of them slain, fallen by the sword, which caused terror in the land of the living. There [is] Elam and all her multitude round about her grave, all of them slain, fallen by the sword, which are gone down uncircumcised into the nether parts of the earth , which caused their terror in the land of the living; yet have they borne their shame with them that go down to the pit (Abyss) .エズ32:21-27は" 強大な間に強いが、彼 ​​を助けることが彼らと冥土の真っ只中の彼に発言しなければならない:彼らがダウンしてしている、彼らは剣によって殺された 、割礼を受けうそアシュル[である]が存在し、すべての彼女会社:彼の墓[です]彼について:それらのすべては、殺害された剣が落ちた:誰の墓ピット(アビス)の両側に設定されている、と彼女の会社は彼女の墓についてのラウンドです :それらの全てはで落ちた 、殺害された生活の土地でテロを起こした剣、。ある地球の地下の部分に割礼を受けダウンしている剣によって倒れたエラムと彼女の墓についてのすべての彼女の多数のラウンド、殺害されたそれらのすべて、、[は]これは、生活の土地で、彼らの恐怖を引き起こし、まだ彼らはピット(アビス)に下りて彼らと彼らの恥を負担している。 彼についての彼女の墓[は]ラウンド::割礼を受け、それらのすべて、剣によって殺さ:彼らのテロは生活の土地で発生したものの、まだ持っている彼らは彼女にすべての彼女の多数で殺されたの真っ只中にベッドを設定している彼らはピット(アビス)に下りて彼らと彼らの恥を負担:彼は殺された[されているそれら]の真っ只中に置かれている。 そこMeshech、卵管、およびすべての彼女の群衆[です]:彼女の墓の彼についてのラウンド[は]:彼らは生活の土地で、その恐怖の原因となったものの、それらのすべては、剣によって殺害、割礼を受けていない。 そして彼らは、 強大なとうそしてはならない戦争の武器に冥土にダウンしてされて、割礼を受けていないから落ちた[される]:そして彼らは彼らの頭の下にその剣を築いたその咎はいえ、彼らの骨になるもの [彼らがいた]の生活の土地で強大なの恐怖。"

この一節は、過去への洞察を与えるアビスと一緒に冥土の場所を結びつける、シェオルが地球の下の部分の質量墓地であることを明確にし、そして冥土の大量墓地には、アビス周辺を構成するようだ。 冥土のある方は、"強大な"ですが、おそらくこれより前の洪水ネフィリムや人間Rephaimの体への参照。 彼らは"この世の恐怖"を引き起こしたものと説明されています。

(それも可能だけれども、"剣によって殺害"されている方は、戦いで殺されたことはない参照することがありますが、主の"剣"にそれはそれは3回合計振り回されなければならない可能性があります:。洪水時、イエスのリターンで、そしてまた、千年の治世の終わりに。

"汝はそれゆえ、人、予言する、と一緒に強打が[ザイン]の手の息子、とは剣を三回 、殺害されたの剣を倍増させる:それは素晴らしいの剣殺害[している男性] [である]、彼らの関与室にいるentereth。 Eze 21:14,27)と私はそれ[彼]"エズ21:14,27を与える、彼はその右のそれが来るまでそれは、ない[表示]あってはならない:私は、転覆、転覆、それを覆すでしょう

詩27のNLT翻訳でも特に興味深いものです、 そのと墓(冥土)にダウン状態になった人"、(KJV)"彼らは、強大でうそをつくものと、"兵器が彼らの盾は、彼らの頭の下に自分の体とその剣をカバーする。 彼らはまだ生きている間彼らは皆に恐怖を持って来たので、彼らの罪は彼らにかかっている。"(NLT)

それは彼らがまだ生きている間に引き起こされる恐怖のため、これらの"強大な"のボディは冥土にいる間、彼らはまだ積極的に上に置く彼らの罪をもつていることをここにいくつかのヒントがあるかもしれないようです。 それはまだアクティブな悪魔、死んで"強大な"ネフィリムの肉体から魂への参照になるかもしれないこれがほとんどだ。 ので、この一節は、両方の"強大な"ネフィリム今悪魔、そしてまた、事前に洪水人間死んだRephaimに参照することがあります。 (ように言われたものの、単語"gibbowrは""ネフィリム"または"rephaim"のために互換的に使用されていない広範な形容詞であり、そしてそれは他の文脈の手がかりは、"gibbowrは"任意の並べ替えに参照されたかを識別するために一貫して存在しているようだ巨人の。)

いずれの場合でも、"神の息子は、"巨人症(プレ洪水Rephaim)、そしてネフィリムとヒト、ヒトを含むプレ洪水の世界の人々、ととと一緒に住んでいた。 神はアビスで生きている"神の息子を"埋葬するときに、それらと一緒に住んでいた人は、冥土の大量墓地にそれらと一緒に埋葬された。

それは我々が洪水で死亡したすべての動物(恐竜を含む)の化石と同じ分野で非常に多くのヒトの化石を見つけていない、と一般的に正常なまたは巨大な人間の化石が(見つけていないことである理由は、かなりの程度まで説明しています洪水の犠牲者の)。 "神の息子が、"アビスの刑務所で生き埋めにされたが、それらとダウン状態になった人たちは、(死すべき)我々は遺跡にアクセスできない地球にダウン埋もれて道に沿って死亡した。 アビスへの道が骨で舗装です(考古学と聖書は同意ので。)、事前に洪水の人々やネフィリム、そしてこの大量墓地の質量墓地は、"ヘブライ語"シェオル"の意味の1つである、または墓"。 ("シェオル"という言葉はまた、など、墓地にあるもの、今日のように、地球の"墓"の面で通常のお墓を参照することができます)

シェオルが地球に飲み込まれた男性の多くの墓であることがこのアイデアは、(洪水の大変動のように)また、次のとおりです。

それらはすべての人の面会後に訪問される場合は、"これらの男性はすべての男性の一般的な死を死ぬ、または場合、[後]主かれら私には送信されません。 しかし、冥土に(生きて)主が新しいものを作る、そして地球が彼女の口を開いて、そしてすべてのかれら[アパテイン]それと、それらを飲み込む、そして彼らがダウンして素早く移動すれば、その時あなたがたはこれらの男たちが引き起こしたれていることを理解しなければならない主。 そしてそれは、彼がすべてのこれらの言葉を話すの終わりをしていたとして、渡すために来てそのバラバラに地上オートクレーブその[いた]、その下:そして地球は彼女の口を開け、そしてそれらを呑み込んでしまった、と自分の家、そしてすべての男性その[appertained]コラ、およびすべての[彼らの]商品がた。 彼ら、そしてすべて、冥土にダウン生きて行く、そして地球はそれらに閉じて、それらへ[appertained]こと:そして彼らは会衆の中から死んだ"NUM 16:29-33。

これは、かなり事前に洪水の人々と"神の息子"に洪水の間に起こったが、小さな規模で同じことを説明します。 そしてこの同じイベントはまた箴言1:12で参照されている";(アビス)ピットに下がるものとして、全体と私たちは冥土として生きてそれらを飲み込むてみましょう。"

そう、何が起こったのか知ること古代に理解されていた、、8倍速で"Rephaim"(7496)単語は、それが何を意味するのか確認するために、旧約聖書で使われている、"Rephaim"(7497)と同じスペルを見てみましょうそしてそれが幽霊/精霊/悪霊を参照している場合。

ストロング(7496)の八の用途:

仕事の26:5は"Rephaimの渦/震える/水とその住民の下に身をよじる。 彼の前に冥土裸、そして破壊[アビス]は被覆をかれらない。"プレ洪水人間Rephaimは、それらが冥土にダウン埋もれていたとして、震え、苦悶、水の下にぐるぐる。

死者への PSA 88:10-11"なた供えの不思議? Rephaimが発生するもの[と]賞賛のなたの? Selah。 汝のlovingkindnessは冥土の中で宣言されなければならない? [または]破壊なたの貞節[アビス]?"デッドプレ洪水Rephaimは質量の墓地の遺体のように、死んでいる者として、冥土とアビスとの関係で再び言及されている。

"死に至る彼女の家のinclineth、およびRephaimわたし彼女のパスの場合。"悪女のパスがここに墓と同義語として使用されているRephaim、につながる、死んだrephaim(人間巨人)冥土、プロ2:18プレ洪水世界の埋葬されると理解された。 強調は、邪悪の死です。

プロ9時18分"しかし、彼はRephaimがある[ない]ことではない知っておられる。。[その]彼女のゲスト冥土の深さで[は]"ここでも、邪悪な女性が彼女にだまされやすい人を呼び出す、と彼は認識していない彼女のゲストは死んでプリ洪水rephaimでいる、彼女のゲストは冥土になります。 それは、その邪悪さのための偉大な邪悪と判断を表現する、リテラルではない、比喩的な言語です。 死ぬ時に罪深い人は、文字通り物理的に洪水にある深いダウン埋葬された人たちの間では、冥土の質量の墓地にある、アビスの近くに地球、に深く生きているのではなく、罪深い人は普通に産む埋葬されない表面の墓。 ので、言語は比喩ですが、洪水で死亡した男性の偉大な邪悪を指す。

プロ21時16分には"理解の方法のうちwanderethという男がRephaimの会衆に存続します。"(あるいは"良識の方法からさまようOneが死んだ/ Rephaimのアセンブリで休むでしょう。")

死んだRephaimのアセンブリは再び、シェオル、死んだ悪人死んだ人間の巨人の質量の墓地にある邪悪な死者を指すために使用洪水の時に深くダウン地球に埋もれて、送信されます。 これまでのところ、これらのRephaimが生きている、または幽霊、または悪霊であることを示すものは何もありません:彼らは冥土の質量の墓地にある邪悪の死体であるばかりいる。 言語は、再び邪悪な死者の比喩です。

汝は汝の新進で[はなた]を満たすようにするためアイザ14:9-11,15"冥土の下から移動される:それは、なたのためRephaimをstirreth、[偶数]、地球のすべての主なもの、それは彼らのから調達かれ国のすべての王が王位。 すべては、彼らは、汝はまた、我々として弱くなるアート、なたを話すと言うもの? アートなたは、わたしたちのようになる? 汝の華やかさが冥土に倒され、[と]なたのviolsのノイズ:ワームは、なたの下に広がって、そしてワームは、なたをカバーしています...。 まだなたのは、ピットの側面に、冥土にダウン状態になた[アビス]。"

この一節は、バビロンの王に向け、そしてまた予言はサタンについてです。 このセクションでは、イエスキリストが返されたときに開始、1000年のためのアビスにおけるサタンの懲役刑について語っている。 (これについての詳細はここにある: www.paradoxbrown.com/Chapter_1.htmは

再び、冥土に埋葬された地球で死んだRephaimが参照されている - と追加情報は、それらがまた"最高のもの"と呼ばれると洪水の前に時間に王だったされている可能性が与えられます。 アビスと冥土の大量墓地の刑務所は再び密接に関連すると同じ一般的な場所にすることが示されている。 この一節では唯一の潜在的な難しさはRephaim、チーフのもの、国の王が、サタンに"話す"に記述されているということです。 これは、何らかの方法で彼らは死者の領域に意識していること、またはそれらが死んではないことを意味する必要はありません。 言語は、簡単にポイントを作りに向けてより多くの比喩として解釈することができます。 前の節ではモミの木は問題ではないので、比喩的に話す人々のリストに死んだ人々を追加し、また、サタン圏とあざけりです。

しかし、この、より良い解決に加えて、"彼らが話すと言うなたはならない"としても翻訳できるということです"と、彼らは証言となたを宣言しなければならない..."ここに画像はアビス、この物理的な刑務所の中空が、並んでされていることです。冥土大量墓地 - - 洪水の前から死んだ人々と巨人とネフィリムの骨で、おそらくこれがの場合は証言と宣言死者の遺体、彼はそれらのような弱いようになり、そして彼らのようにしているかどうかを確認する(私は疑問に思う文ではない質問)。 アビスにリンクされている紙のように、堕天使は、アビスにいる間、彼らは何もしないことができるの刑務所にいるように彼らは、意識して生きているにもかかわらず、"死んだ"または"非アクティブ"とみなされます。

だからここに再び悪魔として、彼らが落ちて、天使のようなタイプの精神、人間の"睡眠"ではないヒト型-精霊と、洪水前の時間からちょうど死んだ人間の巨人であり、死者Rephaimを参照する必要はありません人間が行うすべてのような死。 しかし、冥土の彼らの物理的な死体は、証言とサタンにポイントを宣言すると言われています。

アイザ26:14は"死、彼らは生きてはならない。Rephaim、彼らは上昇してはならない。従ってなたなたが訪問し、それらを破壊し、すべてのメモリが死ぬために行った。"

この詩は、両方の洪水で殺されて、事前洪水Rephaim、および洪水後の人々によって殺されて後の洪水Rephaimの部族に参照する、決闘の意味を持っているように見える、という点で神はRephaim"上昇"させません。 単語"上昇"はここに"立って"を意味するので、これは彼らの高さでプレイし、しゃれの一種かもしれません、それはまた、"我慢する"、言い換えれば、残っていることを意味します。 神は、代わりにそれらを破壊し、死ぬために彼らの記憶を行っています。 そのメモリの死滅は、ほとんどの部分は、人々は巨大な人間の種族が洪水の前または後に、かつてあったことを覚えていないことが含まれています。 神は話が後で聖書から理解できるけれども物語は、その粗末なものだったかもしれないので、いくつかの良い理由で、創世記のプレ洪水Rephaimについては指定しないことを選んだ。 イザヤ書26は、以降のいくつかの詩を続けています。

Isa 26:19 “Thy dead [men] shall live, [together with] my dead body shall they arise. Awake and sing, ye that dwell in dust: for thy dew [is as] the dew of herbs, and the earth shall cast out the Rephaim.”

Here “the earth shall cast out the Rephaim” is also translated “the earth will give birth to the dead (rephaim)”. This verse seems to obviously be referring to the second resurrection, of the wicked. The context of the chapter of Isa 26 is about the millennial reign. The next verses are,

“Come, my people, enter thou into thy chambers, and shut thy doors about thee: hide thyself as it were for a little moment, until the indignation be overpast. For, behold, the LORD cometh out of his place to punish the inhabitants of the earth for their iniquity: the earth also shall disclose her blood, and shall no more cover her slain.”

At the end of the miilenial reign there is the God Magog uprising when Satan is released, and the Lord Jesus Christ will smite the armies that come up against Him at this time. This is shortly followed by the second resurrection, the white throne judgment, and the descent of the New Jerusalem from heaven, followed by the eternalkingdomofGod. This passage indicates that the Rephaim too will rise in the second resurrection to be judged – the earth will birth the Rephaim – and so this would be in keeping with some of the Rephaim having been pre-flood human giants, who will be resurrected along with all other people, to be judged.

From all of this, it in fact it seems that there really does not need to be a Strong's number 7496, as this word is spelled the same as 7497, and in context it seems this IS the same word with the same meaning, tribes of human giants, Rephaim. But all of these verses reference to the human giants, the Rephaim, who lived before the flood, who were buried in Sheol. That the Strong's defines this word to have the meaning of “ghosts of the dead, shades, spirits” seems to be based on traditions of men and misunderstanding, and certainly is NOT required by context, nor is a separate Strong's number. The definition of “tribes of giants” for Rephaim seems correct and is satisfactory if these verses are looked at in the larger historical context of the formation of Sheol, an event which killed the pre-flood human giants of Rephaim. Their dead bodies, along with those of the Nephilim, are buried in Sheol, which is very near or overlapping with the location where the sinful angels are imprisoned in the Abyss. As such, it seems consistent across the board that the term “Rephaim”, which describes tribes of human giants, is non-interchangeable with the term “Nephilim”, which describes those demon-spirited giants who were of the paternal lineage from the “sons of God”. The Rephaim lived before and after the Flood, and at neither time were Nephilim, nor are giant humans today. But the Nephilim only lived in giant mortal bodies before the Flood, and have roamed the earth as demons ever since.