This page has been translated from English

現代のハイブリッドでの聖書-ネフィリム

現代のハイブリッドでの聖書(ネピリム)

("現代のネフィリム"クレームと聖書の引数がGen 6の天使になる"神の息子"を受け入れる人々に特有であるため、この記事のこのシリーズはためにこのスタンスを前提としたり、どのような経典の残りの部分はのと主張この仮定が真だった場合、表示されます。)


以下は、このシリーズは入手可能ですhttp://www.nephilimhybrids.com はるかに多くの情報とともに   現代のネフィリム/ハイブリッドの話題について。

直接リンクは http://stopalienabduction.com/nephilimhybrids/wordpress/?p=1

父親の精神的系統のコンセプト

聖書は、私は"父親のスピリチュアルリネージュ"の概念を呼んでいるのか、その中に含まれています。 聖書は教える。

子どもの精神は、子供の父親の精神(生命を持つ)から乗算されます。

人生そのものの贈り物に接続されている子供の精神は、神によって完全に新しく作成し、コン​​セプト設計から神によって堆積ではなく、子供の父親の精神から栽培されていません。 子どもの体と同じが妊娠時に組み合わせる卵と精子から栽培され、子供の精神は、父の精神から栽培されています。 妊娠して母親に子供の体の成長は彼女の主要な貢献となるように子供の精神(生命を持つ)の寄贈者としての彼の貢献は、彼の主要な貢献の役割を果たします。 唯一の母親は彼女の体を通して、彼女の体で子供を育てることができる、とだけ父は彼自身の精神から、生命を持っている子のために必要な子、の精神の成長に貢献しています。 魂(心/意志/感情)と子供のボディは、母親と父親から等しい貢献のです。 子供は自分の体と魂の形質の母親と父親の両方のようになります。 (精子の技術的ものの父親の貢献は、子供の性別を決定するもののみです。)しかし、子供の精神は、どちらかの性別の一人一人に命を与える霊として画一的な問題、、、です。まったく同じです。

2。 子供の精神は子供の父親と同じ型です。

母親が子供をから栽培されていることの精神に何も寄与しない、とから生きているので、それは父がもっぱら子供の精神の種類を決定することを意味します。 存在すること、または神が作成した精神のいくつかのタイプがあります:人間、天使は、その後の精神である神ご自身は、そこです。 子どもが精神の人間のタイプ、または精神の天使の種類、または神の精神を持っている場合、単に子供の父親によって決定されます。 女性の精神を乗算し、(生命を持っている)子供の精神へと成長し、またプロセスに関与し、多くの彼女の卵は子供の性別を決定していないのと同じ方法で、しかし父の唯一の貢献は、性別を決定していない。

3。 子供に渡す世代の呪いは、唯一の子の父方の先祖から来るように示され、そして母や母方の祖先ではないが、母体行の父方の先祖から来るのかされています。 まだ祝福は、母と子の父親の両方から来る。 これは上記の最初の2点のパターンと一致している、まだ彼が記録を保持し、咎を訪問したり、特定の恵みが身体または精神の乗算の系統によって決定されていないとして、神が咎を訪れたことを示しています。

今すぐ聖書上記の点を表示する:

最初の神は、アダムを作った
.” (Gen 2:7) "主なる神は土のちり[の]人を造り、そして彼の鼻孔に命の息を吹き込ま、と人は生きた魂になった。"(世代2:7)
"魂"のためのここでの単語は、新約聖書で明らかにされ

Ⅰコリント15:45"そしてそれが書かれている、最初の人アダムは生きた魂を作られた、最後のアダムは、速める精神になされた。"

"魂"のためここで単語は"精神"であり、それは"生命"と"魂"を意味する。 マット10:28"そして、彼らは体を殺しているではない恐れが、魂を殺すことはできません::ではなく、地獄のと体の両方を破壊することである彼を恐れている。"それはまたで使用されています
"霊"であるコリント15、1で使用した"精神"のための別の言葉があります。

これにより、どの命を与える"精神"への参照はGen 2時07分に"生命の呼吸"です。
"神の御霊が私を作ったかれ、そして全能の息が私に生命を与え、かれら。"(ヨブ33:4)
"すべては私の息が私の中で[です]しながら、そして神の霊(ruachは)私の鼻の穴に[です]"(ヨブ27:3)
(世代6:3):"まだ彼の日には百二十年とすると、主、言った私の精神(ruachは)常に人と努力してはならない、そのために彼はまた、肉[である]。"

人間の生命の精神は、Gen 2時07分にアダムに神によって与えられ、人間の精神であるした。 神は人間の精神と努力がなければ、それはもはや命はありませんが、人間は死ぬ。 しかし、長い間、神は人間の精神、人間の生活に努めとして。 人が生きているという点は、神がアダムに息として、命を与え、生活を、精神を持つ彼に結びついています。

体に生命を与える生命の精神は、、血液中にあり、

" 肉体の生命血に[です]:と私は自分の魂のために償いをするために祭壇のあなたにそれを与えている:それのために魂のために償いをmaketh血[こと] [だ]。"レフ午後5時11分
そのような人間の精神、そして生命として、人間の体の血液に関連付けられています。

神は言って、人々は乗算により再現することを指定します。
"実り多いものと乗算"(ジェン1:28)。

乗算とは何ですか? 神は、神がアダムから取られたような、ちょっと、肋骨からイヴを作った方法によって、私たちのために乗算を示した。 (リブ自体は、骨髄で血液が含まれており、身体の生命は血になります。)

"主なる神はアダムを襲うために深い眠りを引き起こし、そして彼は眠った:そして彼は彼のあばら骨の一つを取って、代わりにその肉を閉じ、主なる神は人から取ったあばら骨では、、彼作ら女性、そして男性わたし彼女をもたらした。"(ジェン2:21-22)

神は彼女が生きた魂となるようにするためにイブに、、生命の呼吸を精神を吸い込んだしたと記録されていません。 も神はアベル、セス、またはそれらの任意の子は、カインとこのプロセスを繰り返しているに記録されます。 神は生きた魂になったアダムに生命の精神を吹き込み、神はアダムと、この一度だけ行っているに記録されます。

その後、アーダムは、精神と魂を持っていたし、生きていた。

神はイブを作ったとき、彼は、アダムの体から彼女の体を乗算し、神はアダムの魂から彼女の魂を掛け、そして神はアダムの精神から彼女の精神を乗じた。
彼女は体内(血液中の生活で)と精神(生活の呼吸)持っていたとして、彼女はまた、乗算の過程を通じて、生きた魂になった。

このように、イヴは体、魂、そして精神で、アダムから乗算された。 神はイブ自身でこれをしたが、その時点から同じことで、アダムとエバは、神が所定の位置に設定された自然のプロセスを通じて、子供を持つように乗じて発生していました。

これは、神が子宮の中で一人一人を形成する(44:2,24です)しかし、ポイントは神がからビルドするための建築材料、種子は、乗算することに配慮して、ただ、場所に存在していないことであることを否定するものではない新しいボディが、同様に新たな魂と精神へ。 すべては、父と母に既に存在するものから乗算されます。

我々はそれを知っている母親の肉体と精神(心、感情、意志が)子どもの特性を継承していることは明らかであり、子どもたちは母親のように見える、彼らの母親のような心理的特性、母親の知能、等を持ってそしてそう母親の身体と魂の両方が子どもの身体と魂(心/意志/感情)に貢献しています。 母親と父親の魂と体の両方が子を形成するために乗じるプロセスの一部です。 それぞれが物理的なボディのために、概念に結合する、染色体数が等しく貢献し、そして同じことが同様に魂の感覚(心/感情/意志を)てしまいます。

しかし、単独で父親の精子は、子供が男性または女性になるかどうかを判断し、これらは人間の2種類があります。 "だから神は、彼の[自分の]画像に人を創造された神のイメージで彼彼を作成し、男性と女性は彼にそれらを作成した。"(ジェン1:27)

同様の並列は、精神的な系統で見られます。 それはもっぱら子供の精神の種類を決めるの父の精神の一種であり、そしてこれは単に受胎時に子供に自分自身を"生命の呼吸"貢献しています。 これは自然な(精神的な)プロセスの、そして外の子供の父親の手から、などの自動である、などの女性の妊娠で、彼女の体が子供の体を成長させる。 父なく、母の体は子供の体を成長し、男性も同様に基本的に単独で子が乗算される精神を貢献することによって、子どもの生活に貢献し、これで人生が息している。

これは何度も聖書は再び子供をbegettingとして単独で父親を参照する理由です。 母親は子供を生むと言われていません。 体の寿命は、妊娠中の母親の体内に組み込まれている血液の中にあります。 子供は母親の体内で構築された、血液なしでは生きて、また父親の精神で構築された生命を、与える精神がないわけではないであろう。 そのような彼らの貢献は、同様に重要と子の生産に不可欠だからです。 そしてそれはどんな場合でも、子を形成するの奇跡を働く人神です。 しかし、子供は最終的に子供の精神、母親と父親の両方から来ている間、生命を持つ、唯一の父の精神から来ている子の精神に掛けているので、生活していた。 これは、母親の体が妊娠で子供の体を構築するとバランスが保たれている。 人生は、したがって、最終的に精神から、父親から継承されます。 聖書は繰り返し父親が多数の場所で、子供を生むと言う理由と、これは、ここでは一つです。

マット午前1時02分"アブラハム生んだイサク、そしてイサク生んだヤコブ、およびヤコブ生んだユダとその兄弟"

つのケースの例に移る、"生んだ"のための同じ単語を1ヨハネ5:01で使用されています
"イエスがキリストであることを誰でも信じ、神の生まれている:と生んだ 、愛さ彼はまたそれが神のひとり子であることを彼に愛でられる一人一人。"

イエスキリストは、父なる神のひとり子であった。 イエスキリストは神のひとり子の息子ですが、彼はまた神です。 これで我々は明らかに父の精神のタイプはもっぱら子供の精神の種類を決定することがわかります。 存在する精霊の3つのタイプが神、天使、そして人間です。 彼の父が神であるため、イエスキリストが霊の神の型である、神は、です。 イエスキリストはむしろ半分だけ - 神 - 精神だった精神、および半人間の精神を持っていますが、できませんでした:"彼の身体的神格のすべての満ちるに宿っは。"(COL 2:9)イエスキリストが来たと肉(2ヨハネ1:7)人間(1ティム2:5)でしたが、またイエスキリストは神であり、そして(ヨハネ8時23、8時58分、ヨハネ1、永遠に存在するすべてのものを作成し、上記から来た)。 イエスが神であるようにイエスの霊が神であるにもかかわらず、また、我々は、聖書は、イエスが彼の体の人だったということがわかります。 子どもの精神の種を単独で父親の精神の種類によって決定されます。

我々はまた、これは聖書全体を通して真である人間に、人間の精神を持つ男が、また人間の精神を持つ子を生むことがわかります。 これはまた人間の精神を持っていた彼女はまた、彼女自身がアダムから乗算されるアダムとイブの場合、で見られます。
しかし、彼らの子供のように、聖書は、子どもたちが"通過"のように、イヴを経由して来たという。 "直径"ここで単語"を通じて運動"を意味する。
男性用Ⅰコリント11:8,12は"女性の外ではないが、女性は男性の外であり、またこのように、女性は男性が不足しているだけのようでは男性が女性を介して 、しかし神からの一緒にすべて。"

区別がはっきりと作られているイブはアダムから出てきた一方で、娘はその後、すべての男性が(女性)彼女の"外の"ではない、彼らの母"を通じて"来ている、彼らの父親が出てくる一方。 しかしすべての女性(および男性)は、自分の父親"のうち"来て。 イブにこれを適用すると、これは彼女の子供たちが彼女を経由して来たが、出アダムのことを意味する。

を見て、次のケースでは、アダムのことです。 神はアダムに言った"あなたは自由に食べることができる庭のすべての木の、しかし、善悪の知識の木から、あなたがあなたが確実に死ぬ、それを食べないことの日のために、食べてはならない。"(ジェン2:16-17)
私たちは、アダムは、彼が木から食べたことが一日死んではいないので、これは、物理的な死に言及、しかし精神的な死にされていないことを知ることができます。 ゲン3:22-24と比較すると、これも明らかにされています。

"そして、主なる神は言った、"見よ、人間は善と悪を知るために、会社のいずれかのようになっています。 そして今、彼は"手を出すと命の木からもとる、と食べ、そして永遠に生きるなかれ-したがって、主なる神は、彼が取得された地面を耕すためにエデンの園から彼を送った。 そう彼は人を追い出した、と彼はエデンの園の東、そして命の木への道を守るために、あらゆる手段を投入炎の剣でケルビムを置いた"。

命の木は、精神的な不死を引き起こすだろうが、善と悪の知識の木は、霊的な死または瀕死の原因となります。 精神的なの不滅の体の不死につながるようだ、と精神的の死は、身体の死につながるようです。 このことからアダムが特定の死も不死の生命のどちらで作成されたが、ニュートラル状態にし、どちらの道を行く、またはいずれかのツリーを選択することを選択できることを収集することができますされています。
それらはすべて彼の精神から乗算されたとして、彼は彼が持っていた精神の死に至るツリーを選択したときに、この死は、彼の子供たちに渡されます。 瀕死の彼の精神は、彼はもはや精神がないため、単に一つの"不活性殻"を持って、彼が死んで精神を持っているため、代わりに生きていずれかが、彼はまだ1つを持っていた。起こさなかった そしてどういうわけかちょうど精神を(死んだか死ぬとしても)持つことは、まだ死すべき体、および生きた魂に命をもたらすのに十分です。 (そしてそれは我々が永遠の命に、再び生まれている死者の精神を作る聖霊です。)

:私達は死んでいるまたは死にかけているのアダムの精神の状態が、、これは新約聖書で明らかにされているとして、人類のすべての残りの彼の子供たちに渡されたことを知っている

"したがって、ただ一人の罪の世界に入った、と罪を通して死、そしてそのすべての人に広がって死を介して、すべての罪を犯した - のための法律の罪は、世界ではあったが、あれは時罪は帰属しないですなくなるまでので法律。 それにもかかわらず死にも来ていた彼の一種であるアダムの罪の姿では罪ではないていた人たちを介して、モーセまでアダムから治めた。 しかし、無料の贈り物は罪のようなものです。 一つの罪によって多くが死亡した場合、はるかに神の恵みと一人の男、イエスキリスト、の恵みによってプレゼントをしたために多くにあふれている。 贈り物は罪を犯したいずれかの方法で来たかそのようなものとは、一方で判決は、非難でが1行罪から生じたが、一方で自由なギフトは、正当化、その結果多くの罪から生じたものであるため。 場合のために一つの罪によって、死はいずれかの方法でずっとイエスキリスト、Oneを通じて人生を支配される恵みの正義のギフトの豊富を受け取る受信者を治めた そう、1つ罪を介して、そうであっても正義の一つの行為によってすべての人に生命の正当性がある結果、すべての人に非難をそこにもたらした。 などのために一人の男の不従順を通して多くは多くは正義の行われる一つの従順によってそうであっても、 罪人を行った 法は罪が増加するようになった、しかし罪が増えたところ、猶予はそうであっても猶予はイエスキリストを通して永遠の命に正義を通して、私たちの主を支配なるので、罪が死を治めたとして、こと、すべての詳細富んだ"ROM 5。 :12 - 21 NASB

"人間によって死に来てからは、人によって死者の復活も来た。 すべてのダイとしてアダムのために、たとえそうであってもキリストにすべての生きて行わなければならない。 そしてそれが書かれている、最初の人アダムは生きた魂を作られた、最後のアダムは、速める精神になされた"。
Ⅰコリント15:21-22、45

これらの通路では、死はアダム一人によってすべての人に渡されることが明らかにされています。 これは、アダムは、他のすべてが乗算されたから一元精神/魂だったことで説明されています。 それだけで彼らに命を与え、子どもたちに乗じて父の精神であるとしてアダムの子供たちのすべては、死にかけている/死んで精神を継承。 聖書は、それは"死がいずれかの方法で支配"のみ"一つの"罪によってされていること、および固有のものです。
このようなイブとして精神の乗算に含まれていますが、唯一のアダム、そしてこれは"罪深い性質"または精神のデッド状態(だけでなく、精神の型)の属性が含まれていません。

そしてそのアダムの場合の両方がすべての人類をbegetting、そして神にだけイエスキリストをbegetting、我々から子供の精神のタイプ、および子供の精神の属性は、その子供の父親からのみ来ることがわかる、とすることはできません子どもの母親。

イブの精神が子供の精神の乗算で50分の50に関与していた場合は、Ⅰコリント15とROM 5は、両方のポイントとしてのみアダムに、彼らは矛盾することなく言うことを言うことができなかった。 メアリーの精神は、イエスキリストの精神の乗算に関与50/50、ものなら、彼は精神的に霊的に言えば、完全に神とはいえないでしょう。

最初の2点がで語られている三点目、に、カバーされている。

EX 20:5-6

"なたは彼らに自分自身ひれ伏しなかれ、またそれらを提供:私あなたの神、主[午前]嫉妬深い神は、私を憎むそれらの3番目と4番目の[世代]かれらの子供の際、父の咎を訪問。と私を愛し、それらの何千ものわたし慈悲をshewing、そして私の戒めを守る。"

"父親"のためのここに単語だけ父方の祖先に、ではなく母親のものを指します。 このように、人はこれらの不義が父親の精神的系統の概念ごとに受け継がれていることを前提としていますことがありますがこれは事実ではない。 神は彼が子供に父方の先祖の咎を訪れる予定だという。 詩は、これが子どもたちを乗じてとして自然なプロセスの一環として、自然に発生することを示すものではありません。 これは、すべての子が両方とも彼らのお母さんのとお父さんの側の"父親"または父方の祖先を持っているので、ケースにすることはできません。
子どもの母親の父方の祖先は、これらの詩で、こことは何と呼ばれているだけの子供の父親の側に"父親"を制限する。 このように、これは"不義の訪問"子を生成するために父の精神の乗算に基づくこ​​とはできません、そして、いくつかの類似性を負う場合であっても、関係のない問題です。
むしろ、神ご自身は、ここで彼は父親の、父親のラインだけでなく、構成、維持すると思われているレコードを参照するだけでなく、母体父系の、子供の家族の両側に子供の男性の祖先を意味する。

また、ない性別の制限は、神を愛し、彼の戒めを守るものの千世代させる神を示す慈悲に配置されていません。 これは神の慈悲の世代の祝福がどんな性別の制限なく、彼らの祖先を通して、児童の母親または父親のどちらかを介して上に渡すことができることを意味します。 繰り返しますが、これは"世代の呪い"の概念は子供の父親からの精神の乗算に基づいていないことを確認します。 しかし、神の精神的なルールの動作が検出される方法のいくつかの類似性は、その年の父の咎を訪問している、と母親はそうではありません。 咎が男性と女性の子供の両方に訪問している、と母は、彼女の子供が5月、彼女の父親が持っていた彼女に同じ罪を訪問している可能性があるため、しかし、これは、少し違いがあります。
このような神積極的に記録管理の2番目の証人は、詩篇109:14に含まれています
"彼の父親の罪が主に記憶させ、そして彼の母の罪ブロットアウトすることができます。"

人はいつでも特定の罪を悔い改め、または精神なしに、それらに訪問されている不正行為を拒否する可能性があるため、特定の咎については何もハードワイヤードが、ないので、これは乗算とは無関係であることが知られている別の理由は、(またはボディまたは魂)彼らは、いくつかの基本的なハードワイヤードウェイ(エズ18)に変更することで生まれました。

要約すると、二人の証人が一緒に表示イエスキリストとアダム、の場合には、経典で見つけられるべきである:子供の精神は生命を与え、子供の父親の精神から乗算、および子供の精神は、構成されているという子供の父親と同じタイプ。

また、父の精神の生活の属性は、そのようなイエスキリストが永遠と不滅のものとして、子供に渡して、そしてアダムの罪深い性質と死。 しかし、アダムの精神の罪深い性質とデッド状態は一般的な問題であり、子どもたちに訪問している父親の特定の咎は、父から子へ乗算されている精神に基づくものではありません。



パート2

世代6で検出された父親の精神的系統、約この点を示す経典の第三の例があります。

これは"神の息子"と彼らの子供ネフィリム - 巨人のケースです。

"そして、それは男性が、地球​​の顔に掛けるようになったときに、渡すために来て、娘は神の息子は、彼らが[あった]という公正な人の娘を見たことを、かれらに誕生した、と彼らはそれらにすべての妻を取ったその彼らが選んだ。 そして主は私の精神は、常に人で努力してはならない、だ、そのために彼はまた、肉[です]:まだ彼の日には百二十年とする。 そこに地球の巨人は、当時いた、そしてまたその後、神の息子は、男性の娘わたしに来たとき、そして彼ら裸[子供]、それらに、同じ[はになりました]古いの[があった]勇士、名声の男性。"ゲン6:1-4

用語"神の息子"天使たち(世代6:2,4フェラ1:6、2:1、38:7)を参照している、とネフィリム - 巨人は、"神の息子"と人間の女性の子供だった。 ジュード1と2ペット2ではこれらの"神の息子は"、独自ドメインを残すことによって罪を犯した天使のように説明されている"奇妙な肉の後に行く、姦淫に身を上に与えた"人と比較され、現在はタルタロスに投獄される人。 彼らの行動は、彼らが堕天使になって行った。

are set forth for an example, suffering the vengeance of eternal fire.” Jude 1:6-7 "そして、彼らの最初の不動産ではない維持、しかし、自分の居住地を離れ天使、彼はソドムとGomorrha として 。偉大な日の判決かれらの闇の下に永遠の鎖に予約さかれ、そして同様にそれらについての都市、 自分自身を与える上姦淫し、奇妙な肉の後に行く、永遠の火の復讐を苦しんで、例えば、記載されている。"ジュード1:6-7は、

そして、古い世界ではない脇に置いて、しかしノア保存されて、"神は罪を犯したことの天使が、キャスト[それらの]ダウン地獄(タルタロス)にはなく脇に置いて、そして判断力、かれ予約する闇の鎖、中に[それを]配信された場合について8番目には、[人]、正義の説教者、不信心なの世界に洪水を持って来ること、そして、打倒して[それを]非難灰にソドムとGomorrhaの都市を回して、[それら]すべき後のものをかれらのensample作る"2ペット2:4-6を不信心な生活

2ペット2:4-6場所で年表洪水の直前に彼らの罪の時、私たちはこれらの一つとGen 6:1-4で言及されているのと同じ堕天使か知ることができます。 そして我々はこの罪を犯した特にこれらの堕天使が今彼らの犯罪のための文としてバインドし、タルタロスに投獄されていることを知っている。 (他の人がこの特定の犯罪をコミットしていない人、投獄されていないものの、リビジョン12、ルーク4、エペソ6時12分を参照してください。)

我々はいくつかのことは父親の精神的系統の概念に基づいて、この組合の子孫について真であることを収集することができます。

天使は不滅の精霊であるため、彼らの子どもたちはネフィリム - 巨人は不滅の魂を持つことになります。 これは、神が永遠である、と天使たちとその子孫がすべて作成され、最初のポイントを持っていたこと以外は御父とイエス、神と同じです。

これらのネフィリム - 巨人を望みの天使は罪深いいたとして、子孫にも罪深いとなります。

イエスキリストは霊では神だったが、体内の男性は、私たちはネフィリム - 巨人という収集することができますとしての精神で、天使が落ちたが、体内の男性でした。 イエスキリストはこのような状況で何が起こるかを上から作業する唯一の聖書の例です。 彼は神の精神を持っていましたが、人体と聖書は彼を"男"と呼んでいるので、彼は人間であり、人間の身体を持っていた。 このようなネフィリムとして死すべき人間の体が、不滅の罪深い精神を持っている必要があります。 これらのネフィリム - 巨人と同じくらい、イエスキリストが人間の体と神の精神を持って、男だったとして、堕落した、天使の精神が、人間の体を持って、男性でした。 聖書は真実のイエスの男を、(1ティム2:5)を呼び出します。 真実の同量で、これらのネフィリム - 巨人も男性でした。

ネフィリム - 巨人はすべて自分の体に関しての、洪水で死亡した。 しかし、彼らの父親の精神的系統に基づいて、我々は彼らの精神が死んでいるようにするのを期待すべきではなく、不滅であるために。 父親の精神的系統の概念が真の場合のような彼らは、聖書の中で後述する必要があります。
私たちがそれらについて知っている唯一の3つのものがあります。 彼らは自分の身体を持っていない不滅の悪霊、として識別することができるはずです。 これは正確に聖書の悪魔の聖書の記述とアカウントと一致します。 そしてその父親の精神的系統の概念は、聖書の中で悪魔が死んでネフィリム - 巨人の肉体から悪霊であることをポイントに私たちを導く。

悪魔は堕落した、天使(ただし、天使の霊体)の精神を持ち、不滅です。 彼らはすでに不死であるため、彼らは、ギフトとして永遠の命を受け取ることができません。 繰り返し新約聖書イエスにサタンにその悪魔の仕事を一般化、そしてクリスチャンが彼の名によって悪霊を追い出しするとしている。 サタンは悪魔の王子と呼ばれ、それは悪魔がキリスト教徒への敵対者であり、サタンのために働くことは明らかです。 同じように堕天使が不滅であり、"生まれ変わった"それらがようにするための方法がないためだけ堕天使のように、悪魔は、救いを受信できないように見える。 悪魔は、不滅であることに、"生まれ変わった"ことはできません。 人間は死すべき生命を持つことが不可欠ながら、永遠の命に向かって何もしない不活性 - 死んだ状態で、精神を持っている。
不活性、死んだ人間の精神が生まれ、再びしなければならない、再生成、聖霊によって:
"イエスは答えてかれによると、本当に、本当に、私は、なたがたに言っ、男性が再び生まれることを除いて、彼は神の王国を見ることができない...人はから生まれることを除いてイエスは、私は、なたがたに言う、本当に、本当に、答え水と聖霊[の]、彼は神の国に入ることはできない。"ジョン3:3,5

ネフィリム - 巨人は、聖書で"男性"(ジェン6時05分)と呼ばれ、まだ彼らは既に我々は悪魔として知っている生きている不滅の精霊、であるので、彼らは聖霊によって生まれ変わったことはできません。 彼らはヒト型の霊と人間のように生まれ変わったことはできません、したがって、神の国に入ることができません。 彼らはそれがになると精神 - 身体堕天使が持つように作成されている、悪魔はまだ堕天使のように分類されている不足しているので、これでは聖書は一般的に、多くの点で、堕落した天使と同じカテゴリでそれらを分類することもそれほど強力だ救いの問題と誰が彼らのために働く。

それはそれは"現代のネフィリムのハイブリッド車"生きている今日、ESPが実際に存在しないことを確立するために非常に重要であることがこのような理由からです。 誰が私たちの間で人間とのライブ見て、これはこのサイトが何をしようとするものである。 創世記のネフィリムの物語に適用される聖書は、父親の精神的系統の概念に教えているこの同じ情報は、いかなるネフィリムの生活のために証拠今日がないことをノアの洪水後のいずれかのネフィリムがなかったことを示している、と、もあるでしょう。 このシリーズの次の記事に進んで下さい。

で、元の参照してください: http://stopalienabduction.com/nephilimhybrids/wordpress/?page_id=2



ネピリム

我々がカバーしている父親の精神的系統、の概念の理解によると、我々は右のネフィリム約バットから知ることができるいくつかあります。

イエスは人間の体を持っていたが、神の霊、そして神であるが、人間であり、人間の身体を持って、聖書がそのような呼ばれる。 一貫性では、同じではネフィリムの真です。 イエスキリストはこれらのネフィリムが何であったかを理解し、その例ごとにするために使用される、唯一の聖書の例です:彼らは堕落した、天使の精神を持っていましたが、人体、そして聖書で男性と呼ばれています。

"そして、それは男性が、地球​​の顔に掛けるようになったときに、渡すために来て、娘は神の息子は、彼らが[あった]という公正な人の娘を見たことを、かれらに誕生した、と彼らはそれらにすべての妻を取ったその彼らが選んだ。 そして主は私の精神は、常に人で努力してはならない、だ、そのために彼はまた、肉[です]:まだ彼の日には百二十年とする。 そこに地球の巨人は、当時いた、そしてまたその後、神の息子は、男性の娘わたしに来たとき、そして彼ら裸[子供]、それらに、同じ[はになりました]古いの[があった]勇士、名声の男性。"ゲン6:1-4

聖書は、その後ネフィリム"男"と呼んで真実を話すことにするために、彼らは例外なく、何らかの方法で"男性"をされている必要があります。 イエスが"人"と呼ばれると、例外なく人間だったので、これは同じです。 両方の場合において、これは精神の問題ではなく、純粋に人体を持つことの問題ではない。 ネフィリムは特に言うには、ヒト染色体、DNA、等を伴うそのすべてを人間の体を持って、人はまた、イエスが人間だ、と人間の体を持っていたことを否定しなければならない、と聖書の内部整合性を無視するでしょう。

科学も人間の母親の染色体とDNAがDNAと染色体上に制限の膨大な量を入れる堕天使は女性を含浸に使用する必要があることを確認します。 すなわち、人間の女性のDNAと染色体は、それらがとペアリングするように設計されたDNAと染色体と正常にペアリングする人間の男性のことができること。 これらの堕落した天使は、これらの女性を含浸するために使用していたDNAと染色体のように人間の男性のそれと区別がつかないされているため、人間の男性のことマッチングされている必要があります。

それは創世記6の堕天使/人間の異種交配に関する科学的な解説を見つけることは困難である一方、遺伝学についての同じ点は、理論的な"エイリアン"についてなされている。

"エイリアンと人間のDNAは大きく異なっている場合、ハイブリダイゼーションは不可能です。 これは、配列レベルでの唯一の真実ではないが、染色体は同様にペアリングする必要があります。"
博士ロバートカーター、遺伝学者、想定されたスターチャイルドの遺伝学の解析

遺伝学の同じ科学と原理は、堕天使と人間の女性の場合に適用されます。 可能とするハ​​イブリダイゼーションのためには、堕落した天使は、人間の男の、そうでなければ、子孫がすべてで、結果としてないということと一致するように、染色体やDNA配列をペアリングする必要がありました。 これらの女性が妊娠、そしてネフィリムの母親になるためには、堕天使は神が科学で動作するように設計された何のために彼女の染色体とDNAシーケンスの要件に合わせてプロセスを考慮に女性の卵子と調整を取らなければならなかった生物学と遺伝学の。

これらの女性を含浸に使用されるもの堕天使のような最も簡単な説明は、神がすべての男性の天使を作成し、約来た残留精子のいくつかの並べ替えを持っているということです、人間の地球上のフォーム、しかし、神はそれらを使用するつもりがない精子の中。
このように、それは堕落した天使たちの体が作り出すことができるDNAと染色体が人間の試合だったが、奇形につながる欠陥を含む遺伝的劣化(アダムの神が設計した完全なDNAと比較して)、だ。 It seems very likely that God built into the angels these genetic deteriorations, in how He designed their spirit-bodies to work should they take human form on Earth, but in any case they apparently could do no better than something which was flawed, however it worked. Yet it was correct enough to pass for human male DNA and chromosomes, when it came to combining with the DNA and chromosomes in the egg of a human woman.

But in this, we do know that the Nephilim looked human, and their DNA and chromosomes were human, even if they had miniscule flaws or deterioration in the sequences in comparison to the more ideal DNA of the humans living at the time. This is no different than humans today, who have DNA and chromosomes deteriorated since the time of Adam, or even the time of Noah. The DNA or chromosomes of a human do not have to be as perfect as Adam's, the original, in order for a person to be considered to have a human body. Otherwise, none of us would qualify as being human, as all of us have some genetic flaws which have accumulated over time, which is just part of being in the fallen creation which has been subjected to corruption and decay.(Rom 8:20-22)
The Nephilim had bodies which were human enough for them to be called men (Gen 6:5) by God in the Bible, on the basis of their bodies being human, despite that they seemed to have a level of genetic decay more than the humans around them, in comparison.

In Gen 6:3 when God says “with man, for he also is flesh” this is also translated as “man is indeed flesh”. And so the same concept is referred to, that part of what makes a man to be considered a man is his flesh, his human body, and man “is indeed flesh”. Having a human body is enough for the Bible to say that someone is a man, and this is the same for both Jesus Christ, and also for the Nephilim.

From an understanding of Paternal Spiritual Lineage, we can understand that God was likely speaking in Gen 6:3 to the angels (sons of God) who took human wives. The chronology of these verses makes much more sense when one understands that after these angels took wives, God spoke up to say something to these falling angels.
What did God say?

“And the LORD said, My spirit shall not always strive with man, for that he is indeed flesh: yet his days shall be an hundred and twenty years.” Gen 6:3

God made it clear that “man” is “indeed flesh” and that “man” would live only 120 years.

Who was God saying this to? The angels likely thought it possible that if they had children with the wives they had taken, that these children would live forever, as they did. As such it would make sense that in response God told them that this would not be the case, but rather that “man” would only live 120 years. The “man” referenced to here was first and foremost the Nephilim. The placement of Gen 6:3 after the angels took wives, and before the mention of their offspring, gives a clear context that God was speaking to the angels (and perhaps also their human wives) about their offspring to follow, the Nephilim. The placement indicates that God likely pronounced this once the Nephilim were conceived, but before they were born. This would have been at the time when God starting forming these Nephilim in the wombs of these women who were their mothers. (Is 44:2,24)

In those days it is recorded that the line of Adam, until the flood, on average lived 857 years. This is far longer than the 120 years that God said the Nephilim would live, speaking to their parents. The explanation for why these Nephilim would have far shorter-than-normal lifespans was that “man is indeed flesh”. This shortened lifespan was all very abnormal at the time.

The word here for “man” in Gen 6:3 is “adam”, which both referred to the “Nephilim” in that they had human bodies, just as human as any other “adam”. This also seems to have been a prophetic warning that all “adam” would only live 120 years in the future. This seems to be a case of a prophetic warning having a dual meaning, both that the Nephilim would only live 120 years, due to their flesh, and that all mankind would come to be like this also.
This prophetic warning of shortened lifespans to 120 years has come to pass. But as the Bible indicates God spoke this prophecy to the parents of the Nephilim, by the placement of this verse, it makes sense that their actions in interbreeding were going to be the cause of this change. The Bible seems to indicate that this change in lifespans would be coming through the Nephilim that followed in Gen 6:4, and then on to the rest of mankind.

What does the word Nephilim mean? To quote Dr. Michael S. Heiser,

“In the form we find it in the Hebrew Bible, if the word nephilim   came from Hebrew naphal , it would not be spelled as we find it. The form nephilim   cannot mean “fallen ones” (the spelling would then be nephulim ). Likewise nephilim does not mean “those who fall” or “those who fall away” (that would be nophelim ). The only way in Hebrew to get nephilim   from naphal   by the rules of Hebrew morphology (word formation) would be to presume a noun spelled naphil   and then pluralize it. I say “presume” since this noun does not exist in biblical Hebrew — unless one counts Genesis 6:4 and Numbers 13:33, the two occurrences of nephilim — but that would then be assuming what one is trying to prove! However, in Aramaic the noun naphil(a) does exist. It means “giant,” making it easy to see why the Septuagint (the ancient Greek translation of the Hebrew Bible) translated nephilim as gigantes (“giant”). Here is a screen shot (not good quality) of Aramaic naphil(a) from Morris Jastrow's Dictionary of the Targumim, the Talmud Babli and Yerushalmi, and the Midrashic Literature   (1903; page 923, or page 243 of 1061 of the online PDF of volume 2).”

Dr. Michael S. Heiser, PhD, http://sitchiniswrong.com/

The word Nephilim means giants, and so by definition the Nephilim were all giants.

Having human bodies, that were purely human, human chromosomes, human DNA, the Nephilim must have had human gigantism, caused by the same mechanisms as people who have gigantism today. This is the simplest answer for how the human bodies of the Nephilim were giant. The same processes that are required to take place in a human body today in order for gigantism to result, must have been the same processes that took place in the human bodies of the Nephilim in order for their gigantism to result.

As per modern medical understanding, pituitary gigantism today is caused by a tumor (cancerous growth in) the pituitary gland in the brain, which causes an overproduction of Human Growth Hormone. (1) While some cases of pituitary tumors like this occur randomly, others are genetically linked and pass down through families. (2)

One such case of this is FIPA, Familial Pituitary Isolated Adenomas, which causes both Growth hormone secreting pituitary tumors in childhood (resulting in gigantism) and in adulthood (resulting in acromegaly). FIPA is a hereditary genetic condition which is autosomal dominant with incomplete penetrance. That means it is not sex linked, and either gender can get it, and it is a dominant trait (overtaking recessive traits) but that it only does this some of the time, so people can carry the disorder without having it, and the result varies for those who have it (acromegaly up to full gigantism). (3)

Hereditary gigantism today, like in the example of FIPA, is likely the closest example we have to what the Nephilim had, because what they had caused gigantism, could be carried by someone who did not express the disorder, and because it is hereditary.

People with gigantism today typically have a greatly decreased lifespan. Many giants throughout recent history only lived to their 20s. This closely parallels with the Nephilim-giants that God indicated would only live to be 120 years, when 857 years was the average recorded lifespan. As such there is some parallel in both the gigantism of the Nephilim-giants and the decrease in their lifespan (compared to normal), although these two issues are not shown to be strictly genetically linked, more like two separate genetic problems. If so then it makes sense that as humanity today only lives about 120 years at most, because the genetic problem of the Nephilim's shortened lifespan spread throughout humanity's genetics, effecting lifespans of humans from that point forward, separate from the genetic problem of pituitary gigantism, only affecting some.

これはどのように機能するのでしょうか? According to an understanding of Paternal Spiritual Lineage, the spirit of the child comes solely from the father of the child. The Bible seems to specify that the first generation of Nephilim were all male (Gen 6:4), but at the same time specifying the nephilim were “men” (Gen 6:5) therefore having human bodies, therefore being capable to reproduce as the bodies of human men do. Understanding that the Nephilim-giants had purely human bodies, and are called men by the Bible, it makes sense that they were virile and also capable of having children. There is nothing that suggests the Nephilim-giants were sterile. As such, if a Nephilim-giant were to marry a human woman, the children would all also have demon-spirits, but human bodies. While the Nephilim-giants are all described by the Bible as male, their children with human women could have been male or female. As the Bible calls the Nephilim-giants “men” on the basis of their human bodies, there is every reason to think that their bodies were capable of the same things as that of any human male body, which includes the production of X-sperm, leading to female offspring.

The Bible does indicate in the OT that people sinned by making offerings to demons, and to other gods (Deut 32:16-17), and that people worshipped demons when they worshipped idols (1 Cor 10:19-20) and that one of these whom people made offerings to was known as “the queen of heaven”(Jer 44:25). As all of the angels in the Bible are referred to as male, including the fallen ones, there is some reason to think “the queen of heaven” was a female demon. If there are female demons (as is claimed about succubus) then this would imply there must have at one time been female demon-spirited Nephilim.

A daughter of a Nephilim-giant would herself have a demon-spirit (and at death become a demon) but if she had children, her children would have the same type of spirit as their father, not her. If their father was human, the children would be human. At the same time, the children could genetically inherit the traits of her body, including gigantism and a shortened lifespan. If she married a human man, with a human spirit, the children could inherit the genetic traits of gigantism or a shortened lifespan, while they would still have human-spirits.

After the flood people had about 400 year lifespans, which gradually decreased to 120 years over 11 generations. This indicates that it was not any external changes in the earth after the flood which caused decreased lifespans, but rather decreased lifespans must have been caused by internal genetic changes. (4) However, the Bible makes clear that these genetic changes were related to the Nephilim-giants by the placement of Gen 6:3, which is the verse that specifically talks about the issue of decreased lifespans, right after the fallen angels took wives, and right before the Nephilim-giants are first mentioned. So we know these Nephilim events are connected to the shortened lifespans of all humanity today, as the Bible indicates such.

The concept of Paternal Spiritual Lineage logically shows that a Nephilim-giant could have a human-spirit human-body granddaughter. And understanding of the hereditary genetic disorder of gigantism (such as FIPA) shows that such a granddaughter could be a carrier of the genes that cause gigantism, but not herself be a giant effected with the disorder. As such this human-granddaughter of a Nephilim, who herself had a Nephilim-daughter for her mother and a human father, could herself carry the genes for gigantism without being a giant herself. She also could be effected by genes causing a shortened lifespan, and pass these on to her human children, along with genes that cause gigantism.

As the first mention of a shortened lifespan is related to the Nephilim-giants, the fact that we all have shortened lifespans today indicates that this very scenario took place. The first mention of gigantism in the Bible is with the Nephilim-giants, and the fact that gigantism exists today also indicates this scenario took place. Gen 6:3 was spoken to the parents of the Nephilim, as the Bible indicates, about the Nephilim, as the Bible indicates by the placement of the verse. An understanding of paternal spiritual lineage and the human bodies of the Nephilim, is shown by the Bible in the case of both Adam and Jesus Christ. Therefore, the evidence for the scenario of a human grand-daughter of a Nephilim is the shortened lifespans and gigantism the Bible teaches occurred after the flood.

Continue on to the next part in this Series!
see original at: http://stopalienabduction.com/nephilimhybrids/wordpress/?page_id=15

The Nephilim (continued?)

“But Noah found favor in the eyes of the LORD. These [are] the generations of Noah: Noah was a just man [and] perfect in his generations, [and] Noah walked with God.” Gen 6:8-9

聖書はノアが"彼の世代で完璧"であることを指定します。 これは彼の血統に染みや傷のないているを参照することができます。 なぜ神はこれを指定するのでしょうか? それは、神が、これはノアが何らかの方法でネフィリム - 巨人に関連した何の祖先を持たない、父方と母方両方、彼の家系で完全に破損していないことが明らかにするためだという意味をなさないと思います。 ノアは、洪水の後、息子たちとすべての人類がから補充されるすべての子供たちを、来るすべての人間の父方の祖先である。

しかし、それはノアの妻、息子、また嫁が"彼らの世代で完璧"であることを指定されていません。 それは、ノアの妻(したがって、ノアの息子)や娘婿が(したがって、彼の孫)、身体ネフィリムに関連していたことが可能となる。 According to the concept of Paternal Spiritual Lineage, it did not matter if Noah's wife was in fact even a Nephilim-giant, because Noah's sons and all their children would have human-spirits, because Noah had a perfect human lineage and a human-spirit.

しかし、それはノアの妻や娘婿は人間だったが、残念ながら1つまたはすべてをネフィリム - 巨人の人間孫娘から降りていたことがはるかに向いていると思われる。 これは、箱舟の女性が巨人としても、人間ではなかったしながら、彼らはまだ遺伝性巨人症の遺伝子を運ぶだけでなく、短縮寿命を引き起こす遺伝子ができることを意味する。 それは、ノアのとおり例外のほかに、彼の妻と息子の肉も少し壊れていたことを、すべての肉が破損していたとして主張することができます
"神は大地、そして、見よ見下ろして、それが壊れているか、すべての肉のために地上にその方法を破損していた。"(ジェン6:12)

The fact that giants existed after the flood, and that lifespans continued to decrease after the flood, shows that a woman (very likely herself human) related to a Nephilim-giant must have been on the Ark, and passed these genetic traits on to all humanity which followed after the flood. (Noah lived 950 years, but Shem only 600, this could be indicative that the woman with shortened-lifespan genes was in fact Noah's wife.)

That we all only live at most 120 years today, combined with the concept of Paternal Spiritual Lineage, shows that all humanity had a human-granddaughter-of-a-Nephilim ancestor in their past. ネフィリム - 巨人は人間の身体を持っていた、と我々はすべての人間の精神を持っていたノアの子孫であるので、まだ、我々は、それはあまり人間noです。

聖書に多くの時間を見られている洪水の後に来た巨人は、、人間だった。 彼らは人間の精神を持っていた、と誰かが洪水の後よりもネフィリムへのそれ以上の関連はなかった。 唯一の120年生きて来て洪水の後の誰もがこれを示しています。 人類の残りの部分は寿命短縮遺伝子を発現しながら、洪水後の人間 - 巨人は残念なことにだけでも、巨人症を持っていることのまれな遺伝的問題を表明した。

洪水後の洪水の前にネフィリム - 巨人と人間 - 巨人の主な違いは、洪水後の人間 - 巨人が悪く健康にされているように見えるということです。

いくつか世俗的な科学者とも、キリスト教創造論者は、両方の世界では昔は非常に違っていたように見えることそれゆえ彼らは今日住んでいた場合の最大恐竜が呼吸するか、完全に立ち上がることができないということに納得しているようです、と(どのくらい前であること差)と、地球が呼吸すると、一部正常に機能できるようにこれらの恐竜たちに許される過去の高い大気中の酸素濃度を、持っていたこと。 これらの同じ条件キリスト教徒属性息をする、そして巨大な翼を持つもののために飛ぶことを恐竜に許可される前に事前洪水の世界、そのような巨大な動物や昆虫なども生産さのものは、のような化石記録に含まれています。 (5,6,7)このように我々は、洪水前の世界は巨大な動物や自分の健康に資するいたことを知っている。 洪水はネフィリム - 巨人と人間 - 巨人同様の健康に、より助長される前、地球を締結するすべての理由がある。

聖書のネフィリム - 巨人の言う方法これは、かもしれない"と同じでは名声の昔、男性の勇士となった"。 下垂体性巨人症とこれらの機関は、事前に洪水の世界でははるかに良い機能させることができた、そしてその"勇士"になることができた。 それと同時に、彼らはまた、寿命を減少していた。 このような巨人症と短縮寿命遺伝子として直接結び付け、しかし別々のことではないと思われる。 巨人ではないけれど、洪水の後に短い寿命を持っている人類のすべては、2つの遺伝的問題が排他的にまとめて接続されていないことを示しています。 巨人症の遺伝子と短寿命の遺伝子は、両方のネフィリム - 巨人から来ている間、排他的に関連していなかった。 巨人は、その時点より前の洪水の中で通常よりもライブの短い生活をしたが、最初は彼らの巨人が"勇士"と呼ばれ、それらに合計支障はなかったことも明らかである。 しかし、洪水や大気の状態の変更後、巨人は巨人症とのそれらのためのさらに悪いことに健康上の問題を作るように見えた。 そして最終的に短縮 - 寿命遺伝学は、人類のすべてが短縮寿命を持っているとして、巨人症遺伝学に限定されるものではなく、いくつかは、巨人症を持っていなかった私たちが見ることができる。

洪水後の人間 - 巨人は、任意の大気の利点を持っていなかった、と彼らは今日巨人症患者のように、貧しい人々の健康にあった兆候がある。 たとえば、ある非常にもっともらしい理論はゴリアテが低いため、健康と直接下垂体性巨人症を持っている彼に関連した病状の彼の頭を打つ石で死んだということです。

“And David put his hand into his bag and took from it a stone and slung it, and struck the Philistine on his forehead. And the stone sank into his forehead , so that he fell on his face to the ground. Thus David prevailed over the Philistine with a sling and a stone, and he struck the Philistine and killed him ; but there was no sword in David's hand.”
1 Sam 17:49-50

“Undoubtedly Goliath's great size was due to acromegaly secondary to a pituitary macroadenoma. This pituitary adenoma was apparently large enough to induce visual field deficits by its pressure on the optic chiasm, which made Goliath unable to follow the young David as he circled him. The stone entered Goliath's cranial vault through a markedly thinned frontal bone, which resulted from enlargement of the frontal paranasal sinus, a frequent feature of acromegaly. The stone lodged in Goliath's enlarged pituitary and caused a pituitary hemorrhage, resulting in transtentorial herniation and death.”
-博士スタンレーシュプレッヒャー、MDのhttp://radiology.rsna.org/content/176/1/288.2.full.pdf

これらの巨人の貧しい人々の健康は、任意の記載難なくイスラエル人によって殺された巨人のその村々で議論することができます。 (DEUT 3:1-11、ジョシュ11時21分)

神はイスラエル人は(男性、女性、および子供)完全にこれらの巨大な部族を殺していたが、これは1つ非常にわかりやすい理由で可能性が高い。

Using FIPA as a model, each successive generation has a younger onset for the illness. これは、末端肥大症として開始するかもしれないもの、成人発症で、数世代に小児期に始まる巨人症が発生する可能性が高くなることを意味します。 それは遺伝子を発現し、巨人症を持っていない人のためのものです。 それと同時に、家族のほとんどの人が障害を受けていない、といくつかはさらにそれを運ぶしないキャリアである。 近代的なケースでは、巨人の全体の家族や村は発生しません。 しかし、理由があります。

それはすべての男性、女性、そして子供が遺伝性疾患を持っている巨人、の全体の部族を有するように、この遺伝性疾患が非常に強く補強するために得ることを唯一の方法は、近親交配によるものである可能性が非常に高いです。 遺伝性巨人症の科学的な理解は、このアサーションをサポートしています。 (3,8)そして、私たちはこれらの人々が練習の交配を行ったことを知っている。 神はこれらの国々はレビ記18で近親交配を実践確認し、これはそれがすべての人の女性と子供が巨大なされていた巨人の全体の村を、取得するのにかかるものです。 例えば、FIPAは、形質が近い近親交配と同様に、近親交配によって強化されている場合を除き、それは多くの点で劣性作用するので、それが巨大な人々の村全体を取得することはほとんど不可能であるという意味、唯一の不完全な浸透と優性形質であるレフ18は特性が非常に優勢に表示すること、に言及。

人間が巨人のこれらの部族は、破滅、自分の遺伝学とその子供たちのものになるように十分な近交系されていた。 彼らの子供は巨人症を持っているだろう、と彼らはまた、部族から誰かと結婚した人に巨人が広がるでしょう。 これはまたガテの巨人の息子の場合に実証され、これらの4兄弟はまた彼らの父親のような巨人だった。 (20チャンネル1、2サム21)

“And yet again there was war at Gath, where was a man of [great] stature, whose fingers and toes [were] four and twenty, six [on each hand], and six [on each foot]: and he also was the son of the giant. But when he defied Israel, Jonathan the son of Shimea David's brother slew him. These were born unto the giant in Gath; and they fell by the hand of David, and by the hand of his servants.” 1 Ch 20:6-8

ガテと彼の4巨大な息子の巨人のこのインスタンスは、物事のカップルが真であることを示しています。 最初はその巨人症がヒトの間で遺伝的に通過する、と常に堕天使によって引き起こされていないです。 二つ目は誰もこの点を議論することを望んだ場合は、ロジックが1つは、どちらか譲歩しなければならないことを指示だろうということです。
それは用語"父"と同じアサーションがイエスキリストに適用されている場合はひどい影響を与える可能性がある"息子"を、使用している場合A.聖書は正確ではありません。
B. Or if asserting that the giant of Gath was a “Nephilim” and he himself had sons, one would have to concede that the Nephilim before the flood were not sterile, and therefore could have had sons or daughters before the flood.
ので、この巨人は一人の人間から彼の四人間の息子に渡された人間の遺伝性疾患であった。 This is not how hereditary gigantism typically shows in families, and is highly unusual, which all suggests close inbreeding, as may the polydactylism.

巨人症の遺伝的障害からの人類の多くを保存するには、検疫と同様に、神は、巨大な人々のこれらの部族は殺されなければならなかった。 これは、巨人症は非常に痛み、変形すると無​​効に遺伝性疾患であるので、彼らが持っていた可能性のある子供への慈悲、そして未来の世代だ。 これはまた、イスラエル人を含む、それらの周りのすべてのそれらの人々、この遺伝性疾患の広がりに対する保護いました。 (Jdg 3:5-7)

洪水の後の巨人は人間が巨人だったとしないネフィリム - 巨人はNumbers13 - 14で聖書の中で確認されていること。 これは、単語"ネフィリム"が使用されている洪水の後の唯一の時間である、と聖書は作られた文が誹謗中傷、嘘であること、そしてこの嘘をついた人々がの結果として、死をもって罰せられることを明確に害は、彼らがこのうそを引き起こした。

“And they brought up a slander of the land which they had searched unto the children of Israel, saying, The land, through which we have gone to search it, [is] a land that eateth up the inhabitants thereof; and all the people that we saw in it [are] men of a great stature. And there we saw the giants, the sons of Anak, [which come] of the giants: and we were in our own sight as grasshoppers, and so we were in their sight.” Num 13:32-33

“And the men, which Moses sent to search the land, who returned, and made all the congregation to murmur against him, by bringing up a slander upon the land, Even those men that did bring up the evil slander upon the land, died by plague before the LORD.” Num 14:36-37

書籍:私が最初にこの指摘を見たところゲイリーベイツによる"エイリアン侵入UFOと進化の接続は"であり、そして彼はこのようにそれを置きます:

“…The descendents of Anak (the Anakim/Anakites) were obviously a group of large people. However, in verse 28 the spies also reported that many of the other people in the land were “strong.” There are several other passages that refer to the Anakim as a powerful group of people (Deut. 9:2 for example), but verse 33 in Numbers 13 is the only passage that suggests any Anakite relationship to the Nephilim. Once again, it should be remembered that these Anakim were descendents of post-Flood people. They could not be descended from the pre-Flood Nephilim. Chapter 10 of Genesis records the “Table of Nations”; that is, the descendents of Noah's sons, and there is no mention of Anak or the Nephilim, post-Flood.

“It should be noted that the spies brought back a bad, or “evil” (Hebrew dibbah, “to slander, whisper, or defame”) report. That report included a parenthetic insertion that the large people known as the sons of Anak were descended from the Nephilim. The NIV simply puts it as: We saw the Nephilim there (the descendents of Anak come from the Nephilim)… (Num. 13.33).

“At first reading, this may seem like a factual account, but it is part of the quoted false report of the spies. Of the 12 spies, only Joshua and Caleb, trusting God, were keen to enter and take possession of the land; the other 10 did not want to. Because of the false report, the whole nation was too terrified to enter the Promised Land, and they turned against Moses for bringing them there. God responded:
The Lord said to Moses, 'How long will these people treat me with contempt?… I will strike them down with a plague and destroy them' (Num. 14:11).”

“How can we be sure that it was a false report? To start with, God intended to strike down all of the people with a plague for their unbelief, but Moses interceded on their behalf. However, there were some that were not going to escape God's justice. なぜ? Because they brought back an untruthful report. Numbers 14:36-37 says:
“'Now the men whom Moses sent to spy out the land, who returned and made all the congregation complain against him by bringing a bad report of the land, those very men who brought the evil report about the land, died by the plague before the Lord' (New King James Version).'”

“Some Christians have actually added to the false account of the Nephilim in the Promised Land. They say that during the time that the children of Israel wandered in the desert (38 years), fallen angels were once again cohabiting with women to produce more Nephilim as part of a satanic strategy to prevent the Hebrews entering the land. This is unlikely because, although they encountered the Anakim, they defeated them, as well as many others inhabiting tribes. When they eventually entered the land of Canaan, there was no mention of the Nephilim or encounters with them. Surely, among the descriptions of all the battles that ensued, encounters with Nephilim would have been mentioned if they occurred. And it should be remembered, according to the fallen angel view, the original angels who stepped out of line in this manner were now in chains in Tartarus…”
ゲイリーベイツ、エイリアン侵入:UFOと進化の接続、PG。 363から364

完全に明確にするために、誹謗中傷は嘘です。 誹謗中傷のためにここで使用される言葉は"ディバ"であるとゲゼーニウスの用語集によると"誹謗、中傷を"を意味する。 それは"誹謗中傷"4回、"汚名"2回と"邪悪な報告書"KJVの3倍として変換されます。 単語"中傷"は"悪意のある虚偽または中傷的な文"を意味する、"中傷"は"評判を傷つけるように設計された虚​​偽と悪意のある文を"意味します。 誹謗中傷は嘘です。

Numbers makes clear that these men brought a slander against the land in particular by: “saying… there we saw the giants (Nephilim), the sons of Anak, of the giants (Nephilim)”. これは、問題の中傷、嘘文です。 それは聖書が虚偽の陳述を詳述する前に、この文は、中傷、嘘、そして真ではないことをテンキーの午前13時32分には特に指摘されている。 その後、その後、テンキー14で、それはこの特定の文で嘘をついた男性が神の前に疫病で死亡したと明らかにされる。 このように、神は彼らが疫病で彼の前に死ぬことによって、土地にそこにいるネフィリムについての彼らの嘘のために、これらの男性を処罰。 このうその結果として、イスラエルの人々は神に従うことを拒否、戦いで土地を取ることを拒否したので、この罰はとても深刻だった理由があった。 そして彼らは、その後40年間砂漠でさまよいすることによって処罰された。

嘘、中傷のこの特異インスタンス以外の、言われて、何も言及は洪水の後ネフィリムで作られていない、およびGen 6、テンキー13の他に単語のネフィリムは、聖書の他の場所では使用されません。 "神の息子"と女性の異種交配は、洪水後に再び発生したと記録されていません。 聖書は、この異種交配を最初に言及する問題がないのと同じイベントが彼の一貫性に、再び起こった場合、神は確かに言及しているでしょう。 また、ネフィリム - 巨人を生んだ"神の息子は、"彼らの犯罪の判決まで、タルタロス(アビス)に投獄された。

ジュード1と2ペット2ではこれらの"神の息子は"、独自ドメインを残すことによって罪を犯した天使のように説明されている"奇妙な肉の後に行く、姦淫に身を上に与えた"人と比較され、現在はタルタロスに投獄される人。 彼らの行動は、それらを定義し、それらが堕天使になるもの。

“And the angels which kept not their first estate, but left their own habitation, he hath reserved in everlasting chains under darkness unto the judgment of the great day. Even as Sodom and Gomorrha, and the cities about them in like manner, giving themselves over to fornication, and going after strange flesh, are set forth for an example, suffering the vengeance of eternal fire.” Jude 1:6-7

“For if God spared not the angels that sinned , but cast [them] down to hell (Tartaros), and delivered [them] into chains of darkness, to be reserved unto judgment; And spared not the old world, but saved Noah the eighth [person], a preacher of righteousness, bringing in the flood upon the world of the ungodly; And turning the cities of Sodom and Gomorrha into ashes condemned [them] with an overthrow, making [them] an ensample unto those that after should live ungodly” 2 Pet 2:4-6

2ペット2:4-6場所で年表洪水の直前に彼らの罪の時、私たちはこれらの一つとGen 6:1-4で言及されているのと同じ堕天使か知ることができます。 そして我々はこの罪を犯した特にこれらの堕天使が今彼らの犯罪のための文としてバインドし、タルタロスに投獄されていることを知っている。 (他の人がこの特定の犯罪をコミットしていない人、投獄されていないものの、リビジョン12、ルーク4、エペソ6時12分を参照してください。)

そのようなものですから、他の堕天使がこの犯罪を繰り返すしようとしていない、と同じ罰に直面するだろうという最も理にかなっています。 神は一貫している場合、それは彼らが同じ罰に直面するだろうが理にかなっています。 ので、それを他の堕天使が原因で結果が、この犯罪をコミットできないだろうと言うことは安全だ、とこれは神が洪水後にこの犯罪のいずれかの繰り返しを記述しないと整合的である。

聖書は、洪水後の人間 - 巨人は彼らがそうテンキー13-14にslanderersていたと呼ばれるものを言うことによって、ネフィリムはなかったこと。明確にし 洪水後の人間が巨人の存在と洪水後の短縮寿命の両方が、洪水の後に倒れた-天使のような異種交配を再開どんなことなく、箱舟の女性を通して、洪水の前に住んでいたネフィリムに接続することができます。 この理論の証拠は、人類のすべてがすぐに寿命が120年に短縮、およびGen 6時03分に妻を取る堕天使に関連するものとして短縮寿命の予言、そして彼らの子孫を示していたことに見られる。
これまでに生まれた以上ネフィリムがあることを示す聖書には何もありません。 時々この誤謬を主張するために使用される経典は、マット24とダン2ですが、これは彼らのコンテキスト、およびその意味をねじると、これらの詩の言葉の意味を無視して、詩の明白な意味を無視することによって達成することができます。

単純な解釈で、通過の前後の文脈を考慮し、どちらもこれらの通路の単語の意味などは、聖書の預言によれば、これ以上ネフィリムは、世界の将来はそこにあることでヒント。 You can examine these passages of prophecy, and the conclusion that they do not include any prophecy of a resurgence of Nephilim, at the links on the menu.


脚注:
(1) http://en.wikipedia.org/wiki/Gigantism

(2) http://en.wikipedia.org/wiki/Acromegaly

(3) http://www.fipapatients.org/disorders/fipa/ includes family tree chart
(4) http://creation.com/decreased-lifespans-have-we-been-looking-in-the-right-place
(5) http://geology.com/usgs/amber/
(6) http://www.truthingenesis.com/The_Garden_of_Eden.html

(7) http://levenspiel.com/octave/OL_images/DinosaurW.pdf

(8) http://www.medscape.com/viewarticle/565829_3 may require free user account

Addendum:
While side issues, I want to address a couple things:

1。 In Gen 6:4 “and also after that” or “afterward” has a couple of possible explanations that the text will allow for, and neither one references to after the flood. The first is that the taking of wives and interbreeding began “when men began to multiply on the face of the earth and daughters were born unto them” which was about 1000 years before Noah was even born. In context, “afterward” refers to the time when the marrying and interbreeding started, some 1000 years before Noah was born, and into the time of Noah