This page has been translated from English

現代物理学と堕天使の能力:Falseのビジョン、夢、そして物理的には

第8章-現代物理学と堕天使の能力
偽のビジョン、夢、そして物理的には

そしてそれは、堕​​天使たちの能力がFalseビジョン(および伴うそのすべて)と恐ろしい夢だけでなく、物理的な症状の要素を引き起こすようですいくつかの"宇宙人による誘拐"のケースを見た後、どのような拉致被害者の経験を説明するのに十分です。

我々はこれが事実であることの物理と科学を見に移動しようとしている、と科学が堕天使たちの存在と競合しない、またはどのようにそれらがこれらの能力を持って[次へ]をクリックします。 一部の人々はこれらの外国人拉致のための最も簡単な説明でも、おそらく軍事的関与と、おそらく、タイムトラベル能力を有する、そして、高度な技術で生身の宇宙人だと思います。 と何人かの人々に、強力なごまかしを引き起こすことができる広大な超自然的な力を持つ堕天使の説明は、答えのあまりに精神的なようである。 しかし現代の科学とその理論の理解は実際に両方の堕天使のような生き物の存在を可能にし、彼らのためにこのような超自然的な力を継承しているため。 堕天使の説明は、高度な技術と生物学的な異星人よりも少ない科学フレンドリーではない、と実際にいくつかの点で堕落した天使たちの説明は、高度な技術解説と生物学的なETに比べてはるかに少ない近代的な既知の科学と矛盾する、より科学にやさしいです。

一部の人々は奇跡的に不可能だと思う、そしてこの主張の正当化として科学を使用してください。 奇跡は、神からの奇跡、または聖なる天使たちを通して働いていたかもしれない。 または奇跡的にそのような彼らが偽のビジョン、夢、そして物理的な症状を引き起こすには何をするかのような偽の兆し、堕天使からの奇跡と不思議、の形で来ることができる。

次の目標は、神の奇跡的な能力を示すことであり、聖と堕天使は、現代物理学の用語や理論を用いて、科学によって許可されます。 これは、彼らが現代物理学の観点から、そのような事をする方法を説明しようとしていると向かっています。

これを行うための主なポイントは、現代科学は奇跡の存在を排除しないことを示すことである。 私は、現代科学が実際に完全に科学の法則に違反することなく奇跡を動作するようにどちらかの種類の神や天使のどちらかのための、そして天使と彼らの聖書に記述さの能力の存在を実現できると考えています。 関係する科学は、すべて単なる理論、主に世俗的な理論であり、そしてそれの多くは一部の人々がそのように受け入れられているものの私は、それのどれが正しいと主張していない。

奇跡は、現代科学の理論と競合しない方法

天使のようなビジョンのカテゴリのすべては、超自然的なイベントと呼ばれる。 神、聖なる天使たち、そして堕落した天使の"超自然"の活動を記述するために聖書のいくつかの単語があります。

ギリシャ語 - 兆候"semeion"(4592)、"TERAS"(5059)、そして奇跡"デュナミス"を(1411)疑問に思う。 これらの同じ3ワードは、すべてのコンテキストで使用されています:

1。 神 - 看板、不思議、と神、イエスキリスト、そして奇跡の贈り物を通じて、聖霊は、聖書のようで見ている奇跡の神の力

2。 聖なる天使 - 聖天使。 (行為2:22、午前5時12分、2ペテロ2:11、ヘブル2:4)

3。 竜と獣の堕天使、、そして"カエルのような3悪霊"。 (マット24:24、テサ二2時09分、リビジョン13時02、14、16時14)

聖書からそれは彼の三人の神、聖なる天使たち、そしてまた堕天使が、すべての兆候、不思議、そして奇跡を行うことができること。明確である どのように、物理学の用語で、神は看板、不思議、そして奇跡をうまくいくかもしれない?

ゲン1:1 はじめに神は天と地を創造した。

エペソ3:18 すべての聖徒とともに理解できる可能性がありますどのような幅広さ 、および長さ 、および深さ 、そして高さ [です]

REV 1:8 私はアルファであり、オメガ、 始まりと終わり 、である、とした、とこれは、全能の神を来てである言う主です

現代の科学によると、我々はobservably 4次元宇宙に住んでいます。 宇宙は我々が見ることができる時空を等しくスペース(3)+と時間(1)大きさ、で作られています。 神は、神は"天と地を創造"するときに、我々は(長さ、幅、および高さ)を参照してくださいスペースのすべての3次元を行いました。 (また、エペソ3時18何かのより多くのサイズまたは範囲または全範囲を比較する"深さ"への参照。)神は時間自体の作成をマーク、"初めに"時間の次元を加えた、時間の次元我々はそれを知っているように。 神は永遠であり、時間自体をしたこと、神は時間の外にある、と時間が作成される前にここにあった。 神は時間の次元に対して、完全な権限とコントロールを持っています。 神はまた、我々が見ることができる空間の三次元を作り、またそれらの外です。 そう、神はそれをすべて作り、それを作成した、全宇宙の外にあります。

それは科学で言及されるため上記の私は言葉"次元"を使用してください。 ウィキペディアを引用すると、
"物理的には、次元はすべてスペース(参照量)と、その時間内の位置(T -軸に沿ってスカラーの次元として認識)だけでなく、内に構造されているオブジェクトの空間的な憲法の構成素構造を指すパーティクルとフィールドの概念の両方との相関関係は、質量の相対的な特性に応じて相互作用し、そしてそれは説明で根本的に数学的です。 これらまたは他の軸は一意に他のオブジェクトやイベントへの態度との関係におけるポイントや構造を特定するために参照されることがあります。 このような一般相対性理論のような時間を組み込む物理的な理論は、、(ミンコフスキー空間として定義される)、4次元"時空"で動作するように言われています。 現代の理論は、量子フィールドとストリング理論を含めて"高い次元"になる傾向があります。 量子力学の状態空間は無限次元の関数空間です" - 次元、ウィキペディア

用語"次元"のこの使用は、"平行宇宙"のサイエンスフィクションの概念と混同しないようにしてください。 再び言葉"次元"でウィキペディアを引用する、
本当にパラレルユニバース、別の宇宙、または存在の他の面に言及する場合、"サイエンスフィクションのテキストは多くの場合、次元の概念を言及。 この用法は、いずれかの標準のもの以外の方向/次元に移動する必要があります存在の代替/パラレルユニバース/平面に旅行するという考え方から派生しています。 実際には、他の宇宙/航空機は離れて私たち自身からほんの少しの距離ですが、距離は、第四(またはそれ以上)の空間(または非空間)の次元で標準的なものではありません。"

あなたが上記を参照できるように空想科学小説の"平行宇宙"という概念は、実際には、科学の用語"次元"を使用すると非常に異なっています。 理論的には、"平行宇宙"は、3空間次元(長さ、幅、高さ)および時間ディメンションを持つことになります。 それは理論的には"平行宇宙は"実際には独自の4次元を持っていることを意味します。 さらに仮定は、独自の4次元を持つパラレルワールドへの旅行を可能にするために使用される我々の宇宙〜5 番目の次元があるということです。
それは定義上"宇宙"がすべてであるので、"平行宇宙は"、私たちの宇宙が持っていることと同じ4次元を使用していると言って正確ではないでしょう。 ので、"パラレルワールド"は、その現実と宇宙論的構造を定義し、単に図面の使用には、私たち自身の宇宙に継承借りる以外の寸法の独自の構造を持っている必要があります。 もちろん、これは実際の科学とは何の関係もないサイエンスフィクション、から来るすべて架空の理論です。 そして私はこれを明確にしたい、科学は"他の次元"でストレートな理論を持っている任意のステートメントとして"パラレルユニバース"のサイエンスフィクションの概念を行うには何も持っていません。 科学は我々の宇宙に内在する"5 番目の次元"の観察のいくつかの証拠を発見した場合、これは"平行宇宙"とは何の関係もありません。 用語"次元は"最初の科学の用語であり、誤解を招く、その意味が解釈されるように、空想科学小説から借用されています。

, and that at the end of the 6 th day God “ saw every thing that He had made, and, behold, [it was] very good…Thus the heavens and the earth were finished, and all the host of them.” Gen 1:31,2:1.聖書は、"初めに"神は"天と地"を作ったことを教示している、と6 番目の日神の最後に"彼が行ったことをすべてのものを見たこと、そして、見よ[それはだ]非常に良い...こうして天と地が終了し、それらのすべてのホストされた。"GEN 1:31,2:1が。

これは天と地、そして、それらのホストを行う際に、神は彼が作ったすべてのものを作ったことを意味します。 神が作ったもの以外の何か他のものがない、と我々は神が作ったのかを知る宇宙の全体に加えて、他の宇宙で作られた説明をしていません。 そう、実際にそこには"パラレルユニバース"がないとこの宇宙はすべての神であるとして概念自体が、聖書と矛盾が作ったと言われており、聖書によって明確に定義されています。 神は天と地を作り、これらの用語は明確に定義されており、神が天と地のほかに作ったことよりも、それらのホストはありません。

神が作った、と聖書は私たちのためにそれらのそれぞれを定義していること(複数可)我々は地球が何であるか知っているが、これを超えて複数の天国があります。

最初の天は、空や大気であり、そして雨が来ると鳥はどこに飛ぶところです。 (ゲン1:7-8、エレミヤ4時25分、リビジョン19:17、DEUT午前11時17分、28:12、ユート5:4、14:17の使徒)

第二天は太陽と月、そしてすべての星、惑星、そして銀河が置かれている外側の空間、です。 (エレミヤ8時02分、伊佐13:10)

神が宿る場所第三の天は神の王位がどこにあるか、であり、そして天使たちは天国にいる人される場所です。 (1金武8:30、PSA 2:4、11時04分、伊佐66:1、2チャンネル18時18分、マット5:16)第三の天にも"最高の天国"や"天の天国"と呼ばれています。 それは第一および第二天の天国なので、それは"天の天"と呼ばれています。 (1金武8時27、DEUT 10:14)

そしてその地球、大気(最初の天)、(第二天)宇宙空間、そしてどこに神の王位と天国で天使たちが住む(第三の天には)神の創造のすべてに存在するすべての領域です。 これらのどれも"平行宇宙"ではない、ので、聖書には存在する任意の"パラレルユニバース"を説明していません。 むしろ、創造の全体の聖書の徹底特徴付ける、実際には"平行宇宙"の概念の線に沿って何かの存在を排除する。

すべてのその科学の文脈における用語"次元"を使用して、言われて、(空間的な長さ、幅、高さ、および時間は)我々が知覚できる4に加えて、そこに神が作った以上の次元であり、肉眼で見る? 聖書は目に見えない霊的な領域があるか教えるので、我々が感知できるよりも多くの次元が存在している可能性だ。

地球は我々が見ることができる4次元を持っていますが、また聖書は、地球上のすべての私たちの周りに見えない霊的な領域があることを教え、そしてこの精神的な領域では、霊聖天使、堕天使、そして悪魔のような、存在感を持っている。 私たちは、悪魔が、彼らは追放されると、砂漠の場所を通過ことを知って、まだ我々は彼らを見ることはできません。 目に見えないまま、(マット12:43、ルカ11:24)我々は、軍隊が目の前で、目に見えない形でこの地球上に存在できることを知っている。 これはエリシャと彼の友人の場合に起こった、 そしてエリシャは彼が見ることができるよう、私は、なたの祈り、彼の目を開くと、、主の祈り、そして言った。 と主は若い男性の目を開かそして彼は見た:と、見よ、山[だった]馬とエリシャ約火災のラウンドの戦車の完全な"(2金武6:17)神は、彼の目を開いたとき精神的な領域、彼は彼らのために戦うすべてのそれらの周りの軍隊を見た。 これは、すべて私たちの周りに存在する精神的な領域ですが、目に見えないです。

同じ軍隊の一種、"天国のホスト"または神の天使である神の軍隊、 いや、エリコの戦いでジョシュ5-6で述べた"と彼は言われています。。しかし、ホストの[として]キャプテン主の私が今来ています。 そしてジョシュアは地球に彼の顔に落ち、そして礼拝を行なったし、彼の使用人わたしわが主を言う何が、かれによると?"(ジョシュ5:14)"主のホストは、"天使であるか、彼の軍隊です。 ジェリコの壁は奇跡的に落ちるように見える一方で、聖書は神の天使の軍隊が存在していたことを示しているではありません。 それは、神の天使が降りてくるエリコの壁の実際の仕組みに手を持っていたことを完全に可能性があります。 そして私たちは地球上でここに目に見えない精神的な領域があることを知っています。
最初の天で、雰囲気は、聖書はまた、目に見えない精神的な領域も存在すること、大気の物理的な部分以外にも、空気と雲のことを示しています。 天使たちは、最初の天である雰囲気、で飛ぶので、目に見えない霊的な領域も存在している必要があります。 (エズ8時03分、ジョン1時32分、リビジョン8:13)そして、サタンは聖書の"空気の力の王子"と呼ばれ、"空気"は雰囲気(エペソ2:2)を指しています。

第三の天は我々が宇宙の最果てに見るとき、我々は神の王位や天使を見ることができないように完全に、目に見えない霊の領域から成っているようだ。 つまりとして明らかなように、それは正確に神の玉座と天国の天使たちがどこにいて私たちに示して、彼らは目に見えない霊の領域にあります。 そしてこれは、神がどこにある第三の天が、と神は霊であるとして第三の天が、精神的な領域であることが理にかなっている。

間で宇宙空間のように聖書によって定義される2番目の天国は、です。 聖書ははっきりと第二天がまた目に見えない霊的な領域が含まれていることを示し、そしてその天使たちは彼らが地球に下りるように通過し、そして第三の天に戻って登る。

"そして彼は夢、そして地球上に設定はしごを見よ、とそれの上部は天に達して:その上に昇順と降順の神の天使たちを見よ。 と、見よ、主はその上に立っていた、と述べて、私はアブラハムなたの父の[午前]主なる神、そしてイサクの神:土地するところ汝liest、theeへ私はそれを与える、となたの種子に..."
彼らは第二天を通じて昇降として我々は天使が表示されないように世代28:12-13は、外側の空間である第二天、ことが明らかになり、また、目に見えない精神的な領域が含まれている必要があります。 ヤコブが見たはしごは、神が天使を昇降するために使用される、方法を与えていることを示します。 ジェイコブが梯子の上に主を見ることができたとの距離が天使に旅行しなければならなかったことは非常に遠くではなかったことを示しています。 天使たちが実際に物理的な次元で見られるように、地球に到達するために外側の空間の横広大な距離に持っていないことを教えるように見える聖書はそう。 むしろ、目に見えない精神的な領域で、距離はもはやあなたの上部を見ることができるラダーよりも、天と地の間に十分に短いです。 永久的なラダーの並べ替えは、第1および第3の天の間に行く、2回目天を通過するために天使たちのために神によって作成されています。 と目に見えない精神的な領域が通行時間によって制限されないように天使たちは、すぐに地球に派遣することができる物理的な寸法によって、物理学に制限されます。 どのようにこれは実際に動作するやや曖昧ですが、私たちは、聖書が言っているものから一般的なアイデアを得ることができる。 いずれの場合でも、目に見えない精神的な領域はまた、宇宙空間である第二天、全体で存在するようである。

そしてその地球と天のすべての3は、それらのすべてを突き破るように見える目に見えない霊的な領域を持っている。 ここに地球上で精神的な領域にはすべての私たちの周りですが、目に見えない。 ;すべてのものが彼によって作成され、のためにされた目に見えると目に見えない天国と地球上のもの、、王座も主権も、支配も権威かどうかを:聖書は、 彼によってすべてのものが作成されたために 、神が"、宇宙に目に見えない側を作成したことを教示している彼を。"(コル1:16)

そして、それは"支配者、当局"はこちらの用語は、すべての堕天使を参照していることに留意すべきである。 これは、エペソ6時12分でこれを比較することで見ることができる、"我々は高い[場所]で精神的な邪悪に対して、この世界の闇の支配者に対して、権力に対して、血肉に対するはなくレスリングが、公国に対しては。"そしてこれらの力と、当局は目に見えない堕天使なので。

彼らは物理的にマニフェストができますが、それは堕天使がまた精神製のボディのようなものを持っているようです。 我々は4次元のために作られている私たちの身体の4次元の、です。 天使は霊であり、そしてイエスは、ルカによる福音書24の彼の復活の後に言った:"それは私自身であることを、私の手と私の足を見よ:私を処理し、参照して、あなたがたが私に持って見るように精神のためには、肉や骨はないが、かれら。"ルカ24:39

これは、本当に天使は私達があるように、私達が住んでいる3つの物理次元の物理的な寿命ではないことを、取ることができる。 むしろ、天使たちは霊的な領域の霊であり、その"身体は"精神的な領域に存在している。 それは人間の体は私達が住んでいる3つの物理寸法のもので構成されているとして、自分の体が、彼らが住んでいるこの目に見えない精神的な領域の物質で構成されていることを理にかなっている

Ⅰコリント15時40分、44 地上も天体、そしてボディ[あり]には:しかし、天体の栄光一[である]、および地上波の[栄光]を別の...それは自然な身体を撒かれている[される];それは精神的なボディを発生します。 自然なボディがあり、そして精神的なボディがある。

聖書は精神、または精神的なボディで作られたボディが存在し得ることを認めている。 私たち人間の地上の体が4次元の物理的な物質で構成されているとして、それは生きている精神や天体が目に見えない精神的な領域の"問題"の同等で構成されることを意味をなさないと思います。 天使たちはそのような精神的なボディを持っている、などで作成されました。 天使の体はその精神的な領域になっている私たちの"4Dの問題"へのアナロジーで構成されていない以上、という場合は、最低でも5 番目の次元があることを意味をなさないと思います。 精神的な領域は、そのような精神的な領域の幅、長さ、および高さとして、言葉の科学的な意味で、複数の次元で構成される場合があります。 しかし精神的な領域はわずか1余分な次元の場合でも、言葉の科学的な意味で、目に見えない精神的な領域は、まだ5 番目の次元、1以上のディメンションになるよう我々が日常的に知覚する、4次元の物理的な世界。

これのすべては、この目に見えない精神的な領域がように用語の科学的利用につき、より多くの次元で構成されるかもしれないという点につながる。 目に見えない精神的な領域の追加の次元(s)は、我々が知覚する4次元よりも少なくとも1つ以上の余分な次元になります。 したがって、それは天使たち"余剰次元"、私たちよりもより多くの次元の意味が、ESPを呼び出して差し支えないだろう。 目に見えない精神的な領域は、言葉の科学の使用ごとに、余分な寸法に相関する場合。

しかし、神は、単に余分な次元ではありません 神は永遠であり、したがって、私は"外側の次元"と呼んでいます。 神はすべての理論的な天と地の大きさ、およびそれらに住んでいるすべてのものを含め、永遠となるすべてのものの創造主であること、次元の外にあります。 そう硬貨言葉に、神は"外側の次元"です。 これは神の創造主、そして彼の創造の重要な違いです。 。聖書は天と地のすべての3つは、彼はそれらをすべて行ったとして理にかなっている神、含まれていないことを言う;しかし彼らは彼が作成したすべてのものを含むように管理するかを"しかし、神は確かに地球上に住むのでしょうか? 見よ、天の天と天汝を含めることはできませんが、私がビルドされていることをどれだけ少ないこの家は"1キン8時27分

今、地球は神によって作られ、それは科学がで多くのことを学び、第1および第2の天国でも同じしたことを目に見える大きさを持っています。 我々はまた、神の創造を通じて目に見えない霊的な領域があることを知っています。 科学は目に見える物理的な領域で多く述べている。 しかし精神的な領域が見えない状態であることは、科学がそれについて言わなければ何かを持って決して、または何もルールや境界、そこに住む天使たちによって動作しない可能性があることを意味するものではありません。 実際に、それは同様に精神的な領域に継承されている物理学の法則のようなルールと境界が、、あるようです。 聖天使と堕天使たちの間でリビジョン12でさえ戦いは最高の存在するいくつかの精神的な領域の物理学として記述力をそこに反対していることを示しています。 これはさらに聖なる天使たちが勝っていたことで暗黙的に、そして地球にそれらをダウンキャスト、天から堕落した天使がプッシュされます。 は、1つの天使がさらに精神的な領域では、黙示されている物理学のいくつかの概念がなく、別のをプッシュしていることはできない。 このように、そこに目に見えない精神的な領域は、それが動作する物理学のルールを持っているといういくつかのチャンスは、そうだとすれば、目に見えない精神的な領域は、我々が知っている目に見える物理的な領域に触れるところ、科学はいくつかの洞察を収集することができるかもしれないこと、またはいくつかの洞察を与える。 この可能性は見えないものを研究する現代物理学のより多くの光の中で特に興味深いものです、そしてどのような目に見えない次元の理論は、宇宙の背後で存在する可能性があります。

我々は、目に見えない精神的な領域、および存在する生き物は、何が余分な次元や次元(用語の科学的な使用で)と何かを持っている、と精霊はそのための余分な次元の人間であることを何を推測していたのであれば現代物理学ではこれについて言いたいことがあるでしょうか?

現代物理学は、実際に余剰次元のトピックが含まれており、余剰次元についての科学者から話をしない"ひも理論"や"超ひも理論"と呼ばれるものに関係しています。

現代物理学の一部の支店は、このような重力、相対性理論、量子力学、素粒子物理学の多く、電磁気学、および弱いと強い核力などの実験、を介して確立されています。 ストリング理論は確立ではなく、すべてのブランチが由来というトランクを描画し、見て、それらを接続するために一緒に物理学のツリーのすべてのこれらの分岐をさせよう、、ですされていません。 ひも理論は、非常に、理論的な実証されていない、おそらく改良可能と検証できない、非常に数学的であり、そして10月11日寸法は理論的には現代物理学の木の幹を記述できるようにする必要があります。

ここでリサランドール博士は、素粒子物理学、弦理論、宇宙論に関する主要な理論物理学者と専門家からの引用です:

"そこにどのように多くのスペースの大きさですか? 私たちは本当に知っていますか? 今では、私はあなたはそれが我々は余剰次元が存在しないことを確実に知ることを主張する行き過ぎることされることを同意するだろう願っています。 我々は、空間の3つの次元を参照してください、私たちはまだ検出されていないことよりあるかもしれません。 時空がそうであっても、無限次元が不可視であることを小さな領域に集中して反りや重力であるため、それらが丸まって小さい、またはされているため、余分な寸法はどちらか隠すことができる今知っている。 いずれにしても、寸法がコンパクトまたはローカライズされたかどうかを、時空は、どこでもいつでもどこ四次元にならないように思われる。"
- リサランドール博士は、歪んだ通路:宇宙の隠された寸法、PGの謎を解明する。 437

我々は唯一の時空の4次元を知覚することができるものの、リサランドールは、存在する目に見えない大きさ、さらに無限大、非常に大きいがあるかもしれないことを、現代物理学によると、言っている。 このような5 番目に大きな次元はその次元の彼らの精神の体に天使が含まれている聖書で教えられて目に見えない精神的な領域である可能性があります。

とここでは、ランドールの仕事についての思いをコメントし、スティーブンホーキング博士は、我々の時代の最も有名な科学者や理論天体物理学者のいずれかからの引用です:

“If fact, in order to explain the rate in which stars orbit the center of our galaxy, it seems there must be more mass than is accounted for by matter we observe. This missing mass might arise from some exotic species of particles in our world such as WIMPs (weakly interacting massive particles) or axions (very light elementary particles). But missing mass could also be evidence of the existence of a shadow world with matter in it … Instead of the extra dimensions ending on a shadow brane, another possibility is that they are infinite but highly curved, like a saddle . Lisa Randall and Raman Sundrum showed that this kind of curvature would act rather like a second brane: the gravitational influence of an object on the brane would be confined to a small neighborhood of the brane and not spread out to infinity in the extra dimensions. As in the shadow brane model, the gravitational field would have the right long-distance falloff to explain the planetary orbits and lab measurements of the gravitational force, but gravity would vary more rapidly at short distances. There is however an important difference between this Randall-Sundrum model and the shadow brane model. Bodies that move under the influence of gravity will produce gravitational waves, ripples of curvature that travel through spacetime at the speed of light. Like the electromagnetic waves of light , gravitational waves should carry energy, a prediction that has been confirmed by observations of the binary pulsar PSR1913+16. If we indeed live on a brane in a spacetime with extra dimensions , gravitational waves generated by the motion of bodies on the brane would travel off into the other dimensions. If there were a second shadow brane, gravitational waves would be reflected back and trapped between the two branes. On the other hand, if there was only a single brane and the extra dimensions went on forever, as in the Randall-Sundrum model, gravitational waves could escape altogether and carry away energy from our brane world. This would seem to breach one of the fundamental principles of physics: The Law of Conservation of Energy. The total amount of energy remains the same. However, it appears to be a violation only because our view of what is happening is restricted to the brane. An angel who could see the extra dimensions would know that the energy was the same, just more spread out.”
- スティーブンホーキング博士は、ナットシェルの中の宇宙、PGS。 184-192

While giving credence to Randall's statement, basically Hawking says that very large extra-dimensions are possible, and would not violate the known laws of physics. In fact, their existence might help explain some rather large befuddling questions in science that are still unanswered, such as missing mass. As such, science allows for the existence of an invisible spiritual realm, potentially one in which angels are, and the spirit bodies of angels could be composed of the stuff of this extra dimension, this invisible realm.

The branch of physics called quantum mechanics deals with particles which are subatomic (that is smaller than an atom). Quantum mechanics has been well-established through scientific experimentation. Unlike string theory, quantum mechanics is a field of practical experimentation. It is in quantum physics that we find the Heisenberg Uncertainty Principle:

In quantum physics, the Heisenberg uncertainty principle states that certain pairs of physical properties, like position and momentum, cannot both be known to arbitrary precision. That is, the more precisely one property is known, the less precisely the other can be known. It is impossible to measure simultaneously both position and velocity of a microscopic particle with any degree of accuracy or certainty. This is not a statement about the limitations of a researcher's ability to measure particular quantities of a system, but rather about the nature of the system itself and hence it expresses a property of the universe.
-Wikipedia, Uncertainty Principle

This basically means that on a subatomic level, that of electrons, quarks, photons, etc., there seems to be a fundamental principal of randomness. Particles go where they seem to want to go. Particles almost seem to choose what they are doing. However, these choices do form an overall pattern, of statistically calculable probabilities.

One of the most well-known and respectable scientists in recent history, instrumental in the development of quantum mechanics, was Richard Feynman PhD. He worked on the Manhattan project developing the atomic bomb, was a recipient of the Nobel Prize in Physics, and is also known for demonstrating the O-ring defects resulting in the space shuttle Challenger tragedy.

To quote Richard Feynman PhD on the Uncertainty Principle in quantum mechanics:

One might still like to ask: “How does it work? What is the machinery behind the law?” No one has found any machinery behind the law. No one can “explain” any more than we have just “explained.” No one will give you any deeper representation of the situation. We have no ideas about a more basic mechanism from which these results can be deduced.
We would like to emphasize a very important difference between classical and quantum mechanics. We have been talking about the probability that an electron will arrive in a given circumstance. We have implied that in our experimental arrangement (or even in the best possible one) it would be impossible to predict exactly what would happen. We can only predict the odds! This would mean, if it were true, that physics has given up on the problem of trying to predict exactly what will happen in a definite circumstance.
はい! physics has given up. We do not know how to predict what would happen in a given circumstance, and we believe now that it is impossible—that the only thing that can be predicted is the probability of different events. It must be recognized that this is a retrenchment in our earlier ideal of understanding nature. It may be a backward step but no one has found a way to avoid it.
No one has figured a way out of this puzzle. So at the present time we must limit ourselves to computing probabilities. We say “at the present time,” but
we suspect very strongly that it is something that will be with us forever—that it is impossible to beat that puzzle—that this is the way nature really is.
-Richard P. Feynman, PhD, The Feynman Lectures on Physics, Vol. 3, pgs.1-10,1-11

So why is it that at the scale of the tiniest parts of the universe, that there is all this randomness? Why has science given up on precise predictability, and accepted that uncertainty and chance rule the microscopic domain of the most basic and fundamental building blocks of the universe? Why can only probabilities be known?

With the advent of quantum mechanics, we have come to recognize that events cannot be predicted with complete accuracy but that there is always a degree of uncertainty. If one likes, one could ascribe this randomness to the intervention of God , but it would be a very strange kind of intervention: there is no evidence that it is directed toward any purpose. Indeed, if it were, it would by definition not be random. In modern times, we have effectively removed the third possibility above by redefining the goal of science: our aim is to formulate a set of laws that enables us to predict events only up to the limit set by the uncertainty principle.
-Stephen Hawking PhD, The Illustrated Brief History of Time, Pg 224

There is always an element of uncertainty or chance, and this affects the behavior of matter on a small scale in a fundamental way. Einstein was almost singlehandedly responsible for general relativity, and he played an important part in the development of quantum mechanics. His feelings about the matter are summed up in the phrase “ God does not play dice.” But all the evidence indicates that God is an inveterate gambler and that He throws the dice on every possible occasion.
-Stephen Hawking PhD, Black Holes and Baby Universes, pg. 70

Regarding quantum physics, Einstein said that “God does not play dice”, and Stephen Hawking says, “God throws the dice on every possible occasion”.

But what does the Bible say on the topic of dice and God?

箴言16:33は、 私たちは、サイコロを投げることがありますが、主は彼らが落ちる方法を決定します。

と仮定すると、それが我々やサイコロを投げる宇宙であるかどうか、それは違いはないこと、そしてどのような聖書が示すことは神が量子レベルで"サイコロを再生"するために宇宙を設定することであるが、同時に、神はあるどのようにそれらの"量子サイコロ"秋決定する1つ。 により、"量子のサイコロ"私は素粒子/エネルギーと量子レベルのミクロなスケールでの活動のすべてに言及しています。

量子物理学の不確定性原理が正しいかどうかしかし、、その後、聖書は神がまだ"量子サイコロ"の見せかけの"ランダム性"のためのルールと成果を設定することをお約束します。 神は、ランダム性と我々が見ている確率の制御になります。

科学者たちはこの非常に問題で発言しているいくつかのキリスト教徒。

ジョンBylは、天文学の博士号を持って本"神とコスモス:時間のクリスチャンビュー、空間、そして宇宙"の著者であり、そして数学の教授とトリニティウエスタン大学数理科学部部長です。

"WGポラードと、最近では、Nanceyマーフィーの支持者は、量子レベルで明らかにランダムイベントは神のすべての特定の、意図的な行為であること。このレベルでの神の行動は、そのに制限されています
(1)彼は彼が共同で動作するようなエンティティ(例えば、彼は任意に、電子の質量を変化させない)の整合性を尊重し、
(2)彼は、私たちが知るすべて、秩序と法則のような世界を作り出すために彼の行動を制限します。
神が隠し変数です。 マーフィーは、この位置が唯一の非決定論の神学的には好ましくないが、十分な理由の原則との整合性のさらなる利点を持っていることをアサートします。 神は量子イベントの責任者を務めている場合はもちろん、これはこれらがそれゆえ、神によって予測可能であることを伴います。 したがって、我々は、少なくとも量子レベルで、決定論的宇宙が残されています。"
"神の主権は独立して彼の演技のエージェントの可能性を支配する。 特に、 量子力学では、量子力学の決定論者の解釈が可能であることが、その非物理的な二次的な原因は排除し、神がすべてのイベントの主な原因であることができない与え、 存在論的決定論を意味するものではありません 。"
-John Byl PhD, “Indeterminacy, Divine action and Human Freedom”

William Pollard PhD, is a Nuclear Physicist and Episcopal Priest, with a PhD in Physics and Honorary doctorates in science, divinity, law, and humane letters. He is the author of “Chance and Providence: God's Action in a World Governed by Scientific Law”. The entire book is on God operating, instead of “chance”, in quantum mechanics.

“In the next chapter I will begin the presentation for your consideration of a quite different approach to this problem which seems to me to offer an entirely adequate solution for it. Under it, as we shall attempt to show, there can emerge again in all of its ancient power the fullness of the Biblical response to the living God who is ever active in the whole of His creation sustaining, providing, judging, and redeeming all things, both in heaven and in earth, in accordance with the mysterious and hidden purposes of His might will. At the same time, however, this is accomplished in such a way that the essential integrity and unity of science, both as it is now and as in principle it may become, is fully preserved.”
“To Einstein's famous question expressing his abhorrence of quantum mechanics, “Does God throw dice?” the Judeo-Christian answer is not, as so many have wrongly supposed, a denial, but a very positive affirmative. For only in a world in which the laws of nature govern events in accordance with the casting of dice can a Biblical view of a world whose history is responsive to God's will prevail.”

-William Pollard PhD, “Chance and Providence: God's Action in a World Governed by Scientific Law”, pg. 35, pg. 97

Nancey Murphy PhD, Theologian, is Professor of Christian Philosophy at the Fuller Theological Seminary. She also serves as an editorial advisor for Theology and Science, Theology Today, and Christianity Today. She is the author of “Divine Action In The Natural Order”.

“The second strategy for giving an account of the locus of divine action explores quantum physics and seeks to give an account of God's action throughout the natural and human world by means of action at the quantum level (either alone or in conjunction with top-down action). My proposal is motivated theologically. If God is immanent in and acting in all creatures, then necessarily God is acting at the quantum level. Emphasis on this fact has the advantage of sidestepping the problem of interventionism: the laws of quantum mechanics are only statistical and therefore not subject to violation. If, as most interpreters conclude, events at this level are genuinely indeterminate, then there need be no competition between divine action and physical causation. It is possible from a theistic perspective to interpret current physics as saying that the natural world is intrinsically incomplete and open to divine action at its most basic level .”
-Nancey Murphy PhD, Dive Action In The Natural Order, pg. 131

In other words, God is in control and constantly interacting with the world at a quantum level. Where scientists see randomness and probabilities, they are seeing God determine how the dice fall, all the time, in quantum mechanics. The Bible may also present an argument of God controlling the “quantum dice” in Col 1:16-17, referring to Jesus Christ,

“For by him were all things created, that are in heaven, and that are in earth, visible and invisible, whether [they be] thrones, or dominions, or principalities, or powers: all things were created by him, and for him: And he is before all things, and by him all things consist.

The word here for “consist” is “synistemi” (4921) and it means, “to consist of or be composed of, to cohere, put together, hold together or band together”.

素粒子物理学によると、それは量子力のボソンの粒子、と一緒に原子を保持するグルーオン、と一緒に別の原子を保持する光子や電子のような粒子です。 このように、聖書のこの詩は、それが我々が一緒に保持するためにで構成されているこれらの粒子を作る"量子サイコロ"上の神の支配によるものであること、に言及することができます。 このように、彼の行動によってすべてのものは、一緒に保持するか、"神によってすべてのものが構成されています"。

(ヘブル午前1時03分に加えて"彼の力の単語によって"、宇宙のように、"すべてのものを支持する"、それは神が物理学の量子レベルでのランダム性を許していることは事実ですが、また、常にその乱数の結果を制御すると仮定すると)、神はこのように宇宙を作成するための別の考えられる理由はありますか? それは奇跡、標識や不思議に関連するか? これは非常によくそうであるかもしれません。

量子物理学は、我々はランダムな方法で動作するように実験で観測できること、既存の粒子を可能にする、それはまた、一見ランダムに、存在のうちにポップに、粒子と反粒子(反物質)が可能になるだけでなく、。 これらの粒子は、通常、非常に短い時間のために存在し、"仮想粒子"と呼ばれています。

"ダウン原子より小さい回数の非常に最も小さいの長さスケールと兆で、長さの概念はその意味と量子不確定性のルールが失われたプランクスケールと呼ばれるものです。 このレベルでは物理学の既知のすべての法律は、破壊しても空間と時間は、漠然とした概念になる。 任意と時空のすべての考えられる歪みは、 宇宙のあらゆる場所ですべての時間で起こっているランダムで混沌とした踊りの存在のうちに飛び出るされますこのような"量子ゆらぎ"とするために使用される"量子の泡"のような用語は、この混沌とした活動を記述するには、確かにそれを正義をしない。"
- ジムアルハリーリ博士、ブラックホール、ワームホール、そしてタイムマシン、PG。 207
理論核物理の博士号、サリー大学の理論物理学者

これらの一見ランダムな粒子の存在は、特に物理学、エネルギー保存の法則の法律に違反していません。

"すべてのこれらの粒子はどこから来たのか? 答えは、相対性理論と量子力学は物質が粒子/反粒子のペアの形でエネルギーが作成できるようにすることです。 そしてここで、エネルギーは、この問題を作成するためにから来たのでしょうか? 答えは、それが宇宙の重力エネルギーから借用されたということです。 宇宙は、正確に問題の肯定的なエネルギーのバランスを負の重力エネルギーの莫大な負債を持っています。"
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG。 97

仮想粒子はラムシフトとカシミール効果に見​​られるように、存在することが、実験により、示されている。

本当の"粒子、それらは粒子検出器で直接観測することはできない"とは異なり、ため、これらの粒子は、仮想と呼ばれています"。 それらの間接的な効果はそれにもかかわらず測定することができ、そしてその存在は、彼らは励起水素原子からの光のスペクトルで生成する小さなシフト("ラムシフト")によって確認されている 。"
- スティーブンホーキング博士は、ブラックホールとベビーユニバース、PG 107

カシミール効果については、

"我々は我々が考えるものであって、第7章で見たように"空"のスペースが一緒に表示される仮想粒子と反粒子のペアで満たされて、離れて移動し、そして一緒に戻ってきて、お互いを全滅させる。 今、1つは短い距離に離れて2枚の金属板を持っているとします。 プレートは、光の仮想光子や粒子のためのミラーのように動作します。 実際、彼らは少しだけ、特定のノートで共振しますオルガンのパイプのように、それらの間の空洞を形成することになる。 これは仮想光子がその波長(一つの波と次の頂上の間の距離)はプレート間の隙間に回数の全体数に合う場合にのみ、プレート間の空間で発生する可能性があることを意味します。 空洞の幅が波長の整数を加えた波長の数分の場合には、プレート間の前後にいくつかの反射の後、別の谷と波と一致するとつの波の波頭は相殺されます。
プレートの間に仮想光子のみが共鳴波長を持つことができるので、仮想光子は任意の波長を持つことができる板の外側の領域に比べて、それらのわずかに少ないがあるでしょう。 このように外表面より板の内側面を打つ少し少ない数の仮想光子が存在します。 一つは、したがって、お互いに向かって、それらを押して、プレート上で力を期待する この力は、実際に検出され、予測値をもっています。 したがって、我々は、仮想粒子が存在し、実際の効果を持っていることを実験的証拠を持っている。"
- スティーブンホーキング博士、時間のイラスト歴史、PGS。 204から206

仮想粒子は、光子、電子、グルーオン、ボソン、とクォークを含む粒子が、すべてのタイプを含めることができます。 物理学者によると、宇宙の特定の条件下では、仮想粒子は時間の長い期間、そのためになる"本当の"粒子のために存在することができます。 この特定の例では、ブラックホール近傍空間の条件に関連するが、原則的にこれは、科学は一般的に仮想粒子の存在に飛び出ると、実際の粒子になるの可能性を考慮しないことを示しています。

“We can understand this in the following way: what we think of as “empty” space cannot be completely empty because that would mean that all the fields, such as the gravitational and electromagnetic fields, would have to be exactly zero. However, the value of a field and its rate of change with time are like the position and velocity of a particle: the uncertainty principle implies that the more accurately one knows one of these quantities, the less accurately one can know the other. So in empty space the field cannot be fixed at exactly zero, because then it would have both a precise value (zero) and a precise rate of change (also zero). There must be a certain minimum amount of uncertainty, or quantum fluctuations, in the value of the field. One can think of these fluctuations as pairs of particle of light or gravity that appear together at some time, move apart, and then come together again and annihilate each other. These particles are virtual particles like carry the gravitational force of the sun: unlike real particles, they cannot be observed directly with a particle detector. However, their indirect effects, such as small changes in the electron orbits in atoms, can be measured and agree with the theoretical predictions to a remarkable degree of accuracy. The uncertainty principle also predicts that there will be similar virtual pairs of matter particles, such as electrons or quarks . In this case, however, one member of the pair will be a particle, and the other an antiparticle (the antiparticles of light and gravity are the same as the particles).
Because energy cannot be created out of nothing, one of the partners in a particle/antiparticle pair will have positive energy, and the other partner negative energy. The one with negative energy is condemned to be a short-lived virtual particle because real particles always have positive energy in normal situations. It must therefore seek out its partner and annihilate with it. However, a real particle close to a massive body has less energy than if it were far away, because it would take energy to lift it far away against the gravitational attraction of the body. Normally, the energy of the particle is still positive, but the gravitational field inside a black hole is so strong that even a real particle can have negative energy there. It is therefore possible, if a black hole is present, for the virtual particle with negative energy to fall into the black hole and become a real particle or antiparticle . In this case it no longer has to annihilate with its partner. Its forsaken partner may fall into the black hole as well. Or, having positive energy, it might also escape from the vicinity of the black hole as   a real particle or antiparticle . To an observer at a distance, it will appear to have been emitted from the black hole.”
-Stephen Hawking PhD, The Illustrated Brief History of Time, Pgs. 134-137

According to science it is possible that physical quantum particles can randomly pop into existence seemingly out of nowhere. If God is controlling the “quantum dice”, then this means God could cause these subatomic quantum particles to come into existence out of nowhere. This does not contradict the laws of physics in any way. Rather the laws of physics and modern science make clear that subatomic quantum particles popping into existence from out of nowhere is the normal state of the universe, which science has confirmed. And it is entirely possible for this randomness to be controlled by God controlling the “quantum dice”; and the quantum randomness seen has no explanation. Metaphorically speaking, this is a huge hole in the wall of science, which allows for the hand of God to come through into the physical universe, without in any way contradicting science or the known laws of physics. This shows that science actually allows for miracles and the miraculous done by God, without it in any way conflicting with Science or Modern Physics.

Modern Physics teaches that elementary particles, of all kinds, can and do randomly pop in and out of existence. This includes photons, which are particles of light. This also includes gravitons, which are theoretical and theoretically instrumental in gravity, as well as gluons, bosons and other force carrying particles.

Some force carrying particles are what hold quarks together to form neutrons and protons, and other force particles hold together atoms. All of these particles can pop into existence out of nowhere, seemingly randomly, the universe allows for this, and the universe was created by God intentionally to be the way it is.

What are quarks and electrons? They are the particles that are the building blocks of atoms.

Different types of atoms make up all of the elements of matter, as seen in the periodic table of the elements.

Atoms are the building blocks of all the matter we see, and our bodies are made of atoms.

So assuming God, who is omnipotent, one way or another controlled the randomness of the quantum world… then this means that God could choose to have a large number of quarks, gluons, electrons, etc. pop into existence very quickly, and assemble into atoms. God could also do this in such a way that many atoms were formed, and would assemble into much larger objects, even objects large enough that we could see them.

This might include things like oil and grain popping into existence out of nowhere:

1 Kings 17:8-16
And the word of the LORD came unto him, saying, Arise, get thee to Zarephath, which belongeth to Zidon, and dwell there: behold, I have commanded a widow woman there to sustain thee. So he arose and went to Zarephath. And when he came to the gate of the city, behold, the widow woman was there gathering of sticks: and he called to her, and said, Fetch me, I pray thee, a little water in a vessel, that I may drink. And as she was going to fetch it, he called to her, and said, Bring me, I pray thee, a morsel of bread in thine hand. And she said, As the LORD thy God liveth, I have not a cake, but an handful of meal in a barrel, and a little oil in a cruse : and, behold, I am gathering two sticks, that I may go in and dress it for me and my son, that we may eat it, and die. And Elijah said unto her, Fear not; go and do as thou hast said: but make me thereof a little cake first, and bring it unto me, and after make for thee and for thy son. For thus saith the LORD God of Israel, The barrel of meal shall not waste, neither shall the cruse of oil fail, until the day that the LORD sendeth rain upon the earth. And she went and did according to the saying of Elijah: and she, and he, and her house, did eat many days. And the barrel of meal wasted not, neither did the cruse of oil fail, according to the word of the LORD, which he spake by Elijah .

God provided for 3 years oil and grain, though the land was in a drought with famine. This oil and grain appeared seemingly out of thin air. But another way to put it might be that it appeared out of “seemingly random quantum foam”. And there are many miracles, signs, and wonders in the Bible, done by God, which are similar to this, such as Jesus Christ feeding the multitudes of thousands from a couple fish and a few loaves of bread.

Also, there are miraculous healings mentioned many times in the Bible. According to science, our bodies are made up of molecules of atoms, which are made from quarks and electrons and such. Consider the cases of sight being restored to the blind, the healing of the disfigured hand, the healing of lepers, and the healing of all manner of sicknesses; miracles done by Jesus Christ. Control over the “quantum dice” would be one way to explain how sick flesh was instantaneously changed into healthy flesh.

And so this is one way to describe, in modern physics concepts, how God does miracles, signs, and wonders. Though God does do them, whether control of the “quantum dice” of quantum physics is truly and specifically how, or not.

But the Bible also says that Holy angels, and Fallen angels, also work miracles, signs and wonders. (Acts 2:22, 5:12, 2 Peter 2:11, Heb 2:4, Matt 24:24, 2 Thes 2:9, Rev 13:2, 14, 16:14) So it could be an accurate description to say that how fallen angels also do miracles, signs, and wonders is because they too somehow have control over the “quantum dice”, though definitely on a more limited scale than God does.

The Bible teaches that God is everywhere in the universe, and there is nowhere that He is not. Whereas fallen angels have a set, limited, location for their spirit body, and are only in one place at a time, much like mankind. Under this line of reasoning, God has power, and “quantum power” over everywhere in the universe, but fallen angels only have power or “quantum power” in their immediate location. Also, God has power over the fallen angels' spirit bodies themselves, as their bodies are part of the creation, whereas fallen angels have no such power over God.

It does make some analogous sense that all angels would have powers like God, but limited, for the Bible several times in the Old Testament calls angels the “sons of God”. (Gen 6, Job 1:6, Job 2:1, Psalm 29:1, 89:6)

It may be that the extra-dimensionality of angels is what would make possible them having limited control over the “quantum dice” in their immediate location.

“Today, however, physicists are following a different trail-the one leading to superstring theory. Unlike previous proposals, it has survived every blistering mathematical challenge ever hurled at it. Not surprisingly, the theory is a radical-some might say crazy-departure from the past, being based on tiny strings vibrating in 10-dimensional space-time… In superstring theory, the subatomic particles we see in nature are nothing more than different resonances of the vibrating superstrings, in the same way that different musical notes emanate from the different modes of vibration of a violin string.”
-Michio Kaku PhD, “Into the Eleventh Dimension”, author of Hyperspace: A Scientific Odyssey through the 10th Dimension, Oxford University Press.

According to String Theory, particles in the 4-dimenional space-time we observe, are the result of vibrations of 1 dimensional strings that exist in an additional 6-7 dimensions, in the scientific sense of the word which (comes to10-11 dimensions total).

As such, speaking generally according to science in principle, it is possible that the extra-dimensionality of angels would allow for their altering of particles in our 4 dimensional world, on the subatomic quantum level. As such, their extra-dimensionality, in the spiritual realm, may be tied directly to their ability to work “miracles, signs, and wonders”, possibly through being able to determine how the “quantum dice” fall (on a limited scale in their immediate locality).

To illustrate, imagine that sitting on a table, is a cup. This cup has 3 spatial dimensions, and as the second pass, it moves through the 4 th dimension of time. Now, in the exact same location as the cup, would be 6-7 invisible dimensions that you can't see. And that is because these invisible 6-7 dimensions intersect the 4 dimensions we know at every point. These 6-7 dimensions are most definitely not somewhere else, but are in the same place we are, but invisible. Now, if these 6-7 extra dimensions correspond to the invisible spiritual realm that the Bible teaches, then an angel who has a spirit body would have an invisible spirit body comprised of the stuff of these 6-7 extra dimensions. And such an invisible angel could choose to effect the 6-7 extra dimensions where the cup is located so as to knock the cup over.

In other words, fallen angels have spirit bodies in the invisible spiritual realm. If the spiritual realm is composed of these extra 6-7 dimensions, then the spirit bodies of the fallen angels are composed of the spiritual realm, these extra 6-7 dimensions. Just as the invisible spiritual realm is all around us, so also could be these 6-7 extra dimensions. According to String Theory (just a theory) what we observe as an effect in our 3 spatial dimensions is caused by what happens in the 6-7 invisible extra dimensions. This means that an extra-dimensional angel could use their extra-dimensional spirit body in the 6-7 extra dimensions, to have the effect of changing things in the physical 3 dimensions we perceive. And in this, fallen angels would also have limited control over how the “quantum dice” fall, but only in a very limited location where they are present. As the invisible realm is all around us (or these extra dimensions would be also) a fallen angel can only effect changes in the immediate locality around them, in the location of their spirit body.

And so this shows how Modern Physics also allows for angels or fallen angels to work miracles (in a limited locality) along the same lines as how Modern Physics allows for God to work miracles. And so angels can also work miracles and do the miraculous, without violating and laws of Modern Physics or science. Rather, Modern Physics and Science totally allows for the existence of angels, their spirit bodies, the invisible spiritual realm, and the miraculous powers of angels as described in the Bible.

When it comes to Holy angels or fallen angels, the Bible describes that they can cause dreams and Visions, as well as causing the physically miraculous or miracles.

In the case of fallen angels, they cause False Visions, which can seem entirely physically real to a victim, and also dreams. Beyond this fallen angels can cause physical injury, and other sorts of physical manifestations, like objects moving, or recording film being altered, etc. These physical manifestations would be considered as false signs, false miracles, and false wonders, Biblically speaking.

I think that fallen angels being able to control (in their immediate locality) how the “quantum dice” fall, would work as a way to explain Physical manfestations very easily, both with visible angels materializing, or seeing the physical effects of invisible angels, including the physical aspects of Visions.

Excepting time perception manipulation, I also think this “quantum dice” idea explains all varieties and aspects of Visions quite well, and also dreams. This is because the human brain also can experience the effects of a fallen angel being able to control the “quantum dice” (in a limited localized way).

“The human brain, however, is also subject to the uncertainty principle. Thus, there is an element of the randomness associated with quantum mechanics in human behavior. But the energies involved in the brain are low, so quantum mechanical uncertainty is only a small effect.”

-Stephen Hawking PhD, Black Holes and Baby Universes, Pg. 133

Although the effect of quantum mechanical uncertainty in the brain is normally small, if fallen angels can determine how the “quantum dice” fall, then a fallen angel could make the effect quite large and noticeable.

Regarding False Visions, all of our physical senses are dependant on how our brain interprets them. By fallen angels generating electrical impulses in the brain, and such things like that, fallen angels would be able to make us “see” things that are not actually in front of our eyes, and “hear” things that are not there to make any sound, “feel” things that are not touching our bodies, “smell” things not before our noses, and “taste” things that are not on our tongues. These things would seem completely real to all of the bodily senses. And the electrical impulses that are truly transmitting information about reality around us could also be blocked out by fallen angels, under this same ability. Or actual reality could be partially blocked. And either way, false electrical signals in the brain generated by fallen angels, through manipulation of the “quantum dice”, could cause a person to experience a False Vision that seemed entirely physically real, but was not.

A person could be caused to perceive something completely illusionary, by a fallen angel manipulating that person's brain, which is a person's gateway to physical perception. As such, an illusion could seem completely physically real to all of the bodily senses, so much so as to be completely indistinguishable from reality to the person. This manipulation of the senses through manipulation of the brain is very likely what happens in False Vision (or in Holy angelic true Visions). Fallen angels could cause this to happen to more than one person at a time, strengthening the deception. And also under the same limited control over the “quantum dice”, fallen angels could cause physical manifestations, even running concurrently with a Vision which seems real. This sort of deception can be very powerful. Dreams could be explained much in the same way, but the same sort of thing occurring while the person is asleep and dreaming.

Besides all of this, there is one more thing which is miraculous that fallen angels do, which modern science allows for in a specific way. That is time perception manipulation.