This page has been translated from English

サタンの歴史聖書分析 - パート3 - エゼキエル28&イザヤ書14

サタンの歴史聖書分析 - パート3  - エゼキエル28&イザヤ書14

サタンの歴史聖書分析-パート3

エゼキエル28&イザヤ書14

理解聖書の預言パート6

私たちの最後のアクションは、今も我々は火の池には、始まりともサタンの物語の終わりの両方を持っていることを強調するのに役立ったエデンに、サタンの物語の始まりに記入することであった。 だから、それがそうであるように、我々はより多くの情報を明らかにするために探しているかもしれない一つのことは、エデンの園にいる誰かについて話、または、火災によって破壊されている別の通路である。 我々が持っていた試合に最も近い、ぶら下げ残された私たちの最後のスレッドが、仕事中に "神の子"にあった。 それでは、ちょうど私達が何かを見つけることができるかどうかを確認するために、これらの条件でのワード検索を行うことができます。

"火の湖"いや"火に投げ込まれ"いや"神の息子"うーんよく思えるいくつかの"神の子"は創世記6で妻をめとった追求する興味深いものになるかもしれない...しかし、サタンがここで言及していないようです。 我々はに非常に詳細に、この物語をカバーパート2 、そしてこのシリーズのパート3ではもっとが、今我々はサタンの話を立証に注力していますので、今のためにこれを追求するのないようにしましょう。 大丈夫... "エデンの園"はうーんジョエル2 ...エゼキエル28 ...そしてエゼキエル31を見てみましょう。 エゼキエル31我々はアッシリアを持っている ...神は洪水の水を拘束する際、ピットに埋もれて...いや、それはそれはありません...サタンはまだアクティブであると思われるとローミングして自由に、地球に埋もれていない.... ジョエル2は神の馬軍程度であると思われる ...うーん...サタンは言及しない...オーケー.... エゼキエル書28 ... AHA!

11はまた、主の言葉は、言って、わたしに来た

男性の12息子、主なる神はこう言われる、ツロの王によって嘆きを取る、と彼に言う、知恵に満ち、そして美しさで完璧な和、アップ汝sealest。

13なたはエデンで神の庭であっ;あらゆる貴重な石はあなたのカバー、sardius、トパーズ、そしてダイヤモンド、緑柱石、オニキス、そして碧玉、サファイア、エメラルド、そしてカーバンクル、金だった:なたtabretsのとなたのパイプの出来映えは、汝は、作成WASTその日になたで調製した。

14汝おおうことが油を注がれたケルブ、と私はとてもあなたを設定している:神の聖なる山時汝ワ;なたは火の石の中で上下に歩いて。

不義をなたで発見されたまで、汝が作成WASTた日からあなたの方法で完璧な15汝ワ。

従って私は、神の山の不敬外となたをキャストします:と私はの中から、なた、Oカバー天使を、破壊され、彼らは暴力となたの真っ只中を埋め尽くしており、わたしは罪を犯しなたなたの商品の多数により16火の石。

17あなたの心が原因であなたの美しさを持ち上げていた、汝は汝の明るさの理由により、汝の知恵を破損なた:私は地面にあなたをキャストしますが、私は彼らがあなたを見張ることが、王の前にあなたを置くでしょう。

18なたなたの人身の罪により、ザイン咎多数によって汝聖域を汚しますので、なたの中から火が私もたらすでしょう、それはあなたを焼き滅ぼす、と私は、地球上に灰にあなたをもたらすあなたを見張ることをすべてそれらの光景。

なたに驚いされなければならない人々の間であなたを知っている19のすべては、彼ら:なたは恐怖とし、これ以上汝ことなかれ決して。

エデンで開始さ、彼の罪は、地面にキャストし、それは彼が火によって消費されることで終わりです。 地面にキャストされていないとして、エデンで始まり、火災とのエンディングでは、サタンの話と一致し、罪と多くの咎も言及されている。 これはサタン程度に意味をなさないと思います。 しかし、これは "ツロの王"程度と指定されています。 我々は点8と10で、パート3で覆われたように、予言は、リテラルまたは精神的な両方成就を持つことができ、巡回することができます。 これは両方のツロの王だった人間の男の程度と、またサタン程度であるためにそのようなものとして、それは別のリテラル対精神的な充足感で、これらの点によると、完全に許容です。 これは7000年のカバーとして、ここでの彼の道も第6位の要因は、当時のようにサイレントギャップが、この通路で見つけることができなければなりません。

我々はこれを証明するために外に設定しているとしてではなく、ただサタンは上の権威を主張ジョンすべての "この世界の王子"としてサタンを参照して午前12時31分、午後2時30、16:11、そしてルーク4、を参照してみましょう魅力的なイエス·キリストの世界のすべての王国、。 、サタンはツロの精神的な王であること、またツロの王である人間の男そこにいる:だからイエスはサタンが今のところのは、エゼキエル書28にそれをこのように見てみましょうので、その時点でこの世界の王子であることが確認さそしてそこには、彼らの物語で発見される平行である。 両方が真であることができます。

だから我々は既にサタンについて持っている時系列のタイムラインに、エゼキエル28で明らかであるものと比較することから始めてみましょう、そしてそれはどのようにラインアップを参照してください。

Ezekiel28Isaiah14

エデンでサタンの3明らかパラレル点がありますが、サタンは地面にキャストし、サタンは火によってとりこ。 知られている日付をこれらを並べ、それがEzekeil 28:14-16が改訂12:1-5に含まれているイベントに並ぶ必要があるだろうと思われる、エゼキエル28:17-19は改訂12時07分からのイベントに並ぶであろう - まで改訂20のイベントに17。 だから今我々は見て先の一般的な時間枠を持っていることを、28行までエゼキエルにおけるサタンについて何かどうかを確認してみましょう。

、順番にそれを取って

エズ28:12 ... 知恵に満ち、そして美しさで完璧な和、アップ汝sealest。 13なたはエデンで神の庭であっ;あらゆる貴重な石はあなたのカバー、sardius、トパーズ、そしてダイヤモンド、緑柱石、オニキス、そして碧玉、サファイア、エメラルド、そしてカーバンクル、金だった:なたtabretsのとなたのパイプの出来映えは、汝は、作成WASTその日になたで調製した。

だからここの写真は何ですか? のは、ジェン3にこれを比較してみましょう:

3今蛇は主なる神が造られた野のいずれ獣よりも狡猾だった。 そして、彼は女に言った、 "確かに、神は"あなたは園のどんな木から食べてはならない"、と言っている?"

これはどのように世界に合っていますか? まあ、ジェン3で蛇が(6175)、 "狡猾"であり、我々はその言葉を見れば、それはエグゼ28に慎重、賢明、または抜け目のない、そして "知恵"(2451)を意味することも賢明か抜け目のないことを意味し...ので、これらの言葉を同義語です。 サタンや蛇については、この時点でのGen 3マッチエグゼ28。 それは簡単です。

次に、エゼキエルは、くぼみやソケットに設定された宝石で覆われたサタンの説明を、持っています。 宝石で覆われた何かが、宝石の輝きのように、むしろきらめくまたは光沢なる輝きと光を反射するように起こっている。 私たちは、まだ神の理事会にもらっていないが、この次の接続を理解するために、私たちは、ヘブライ語の可能な意味をテーマに博士マイケルS.ハイザーによって日数講義の古代からいくつかのクリップを見に行くされているこれはジェン3 "蛇"のための言葉であるように "nachash"、。 講義は"古代のテキストでアヌンナキ、サーペンタイン存在たち、そして冥界"、時計と呼ばれる議事6-8議事23-25 ​​。

あなたが、この上でフル講義視聴できエイリアン抵抗YouTubeチャンネルで、他の多くの魅力的な講義とともに、 博士を ハイザー

と名詞ほどnachashは蛇を意味するが、形容詞として、それは輝くことを意味します。 などの蛇の、光沢だったものの両方のGen 3 "nachash"、言葉の二重の意味があります。 エゼキエル書28では、宝石はピカピカです。 これはまた、ジェン3で光沢nachashとの一致、エズ28でピカピカ宝石です。 別のパズルの1ピースに一致するように、光沢のある光沢のあるマッチ、など私たちは答えを持っている。 エグゼ28で光沢のある宝石は、ジェン3 "nachash"という言葉に戻って参照し、 "昔の蛇"はリビジョン12がそれを置くように、ジェン3に、戻って蛇、 "nachash"を意味します。

私の個人的な、これは働いていた方法を取る私には意味をなさないと思い何か、そのくらいのサタンのように話すとイブを欺くしようとする、超自然的な方法で、サタンは蛇のような動物を通して働いたイエスを裏切っ達成するためにユダを締結している。 リビジョン12、ophis(3789)で蛇のためギリシャは本当にただヘビを指すように思わないので、私はこれを考えています。 また、後の創世記3章で我々は、神が彼らの腹に行くとほこりを食べ、サタンは彼を締結ユダの行動のようにそれほど示すであろうどのように作り、蛇を呪うように見えることがわかります、ヘビは、そのためにアカウントに開催されましたサタンの影響下ながらアクション。

そしてそれはジェン3で蛇の物語はエズ28:12-13とまで一致していることと思われる。 私たちは基本的にここにあるのは簡単謎です。 何が、光沢のあるだった知恵があったが、エデンにいた? つまり、nachashそうです。 それはリビジョン12がサタンであることを示してエデンで蛇を指して、ビジュアルで構成される謎だ。 だから今私たちは、エズ28は地球にダウンキャストされ、火でとりこにされて、我々はすでにエデンであることのなかったパラレルと一緒に、サタンに関する事実であることを、いくつかの確認を持っている。

次の詩は、次のとおりです。

14汝おおうその油を注がれたケルブ、と私はあなたを設定している:

そして我々は今のその1をスキップしようとしている。 後これは、次のとおりです。

汝は神の聖なる山に基づいWAST;なたは火の石の中で上下に歩いた。

これは何だろうか? すべてが創世指すので、最後の例では、それは簡単だった。 我々はから動作するように確立された年表を持っているので、しかし、私たちはこれが参照されているものはおそらく旧約聖書に記載されていたり、少なくとも前にイエス·キリストの昇天にすることであることを把握することができます。 我々はまだ掛かって残っていたどこかに収まるかもしれない名前、、でサタンを命名する、いくつかの通路があります。 ここでシーンがサタンは火の石の真っ只中に、上下に歩くのです。 ここでは、視覚的なこれらのシーンのどれにも一致していますか?

サタンとヨブ1900-1700 BCの物語

サタンと1クロニクル1010から970紀元前にダビデの国勢調査

サタンは}ツェッヒ3 520紀元前に主に叱責

サタンとイエスマット&ルーク4 30 ADの誘惑

年代順に次の一節は、ヨブの物語です。 のは、比較してみましょう:

エズ28:14 ...神の聖なる山時汝ワ;なたは火の石の中で上下に歩いた。

ヨブ1:6-7は今、神の子らが主の前に自分自身を提示するようになった日があった、とサタンは、彼らの間でも来ました。 主はサタン、そこからのCOMESTの汝に言った? その後、サタンは主に答えて、地球であちこちに行ってから、それを上下歩くから、言った。

ヨブ2:1-2はやはり神の子らが主の前に自分自身を提示するようになった日があった、とサタンは主の前に自分自身を提示するために、それらの間でも来ました。 主はそこからのCOMESTの汝から、サタンに言われた? そしてサタンは主に答えて、地球であちこちに行ってから、それを上下歩くから、言った。

何かが専門用語でここに一致 - サタンは上下に歩いて。 それが試合だ。 しかし、残りの部分はどうですか? エゼキエルは言うと仕事でマッチがサタンは神の子 "の中に"されていることに最も近いもの "火の石の真っ只中に"。 だから、これはどのように一致しているだろうか? 火の石は何ですか?

"彼の天使の霊をmakethの、彼の閣僚燃える火"詩篇104:4
ヘブル1時07分"そして、彼は天使たちの霊をmakethの言われると、彼の閣僚火の炎の天使。"

天使は、火災の炎であると言われている。 これが一致します。 どの石について?

石のためのエズ28でここに単語、 "エベン"(68)は、貴重な石や宝石を参照することができます。

これは、天使ガブリエルの説明では、ダニエルにと同様かもしれません:

ダン10時06分には、 "彼の身体も緑柱石のように[いた]、と雷の外観としての彼の顔、そして火のランプのような彼の目、そして洗練された真鍮の色のような彼の腕や足、そして彼の声多数の声のような言葉。 "

ガブリエルの外観は、少なくとも最初は、彼は緑柱石、我々はおそらく今日黄色いトパーズを呼ぶかもしれないもの、特に貴重な石や宝石の種類のようなボディを持っていたということでした。

だからたまに天使の神型の息子が何らかの方法で貴重な石や宝石に似たボディを持っているように見える可能性がここに先例があるように思われません。 そして火の石は簡単に宝石のような方法で探して、火の炎のように、天使たちを参照することができます。 それは再び、我々はお互いに一致するビジュアルまたはシンボリック手がかりを持っているようだ。

神会のこれらの息子たちだった "神の山"、については? ヨブは言う

"今、神の子らが主の前に自分自身を提示するようになった日があった、とサタンは、彼らの間でも来ました。 , and from walking up and down in it.” 主はサタン、 そこからのCOMESTの汝に言った次にサタンは主に答えて言った、 地球のあちこちに行くから 、それを上下に歩くから。 "

40 それは彼らが自分自身を提示するために、彼らがしていたところ、そうすることで、その後どこかに行っ​​ていた主に来たこと、聞こえるので、これは最も簡単に、意味をなさないと思います。 彼はどこから来たのか尋ねられたとき、サタンは彼が地球上で上下に往復歩行から来ていたと語った。 これが示すように思われる神の息子、彼らとサタンは、彼らが地球を去った主に自分自身を提示し、別の場所に、主のもとに来るようになったときに。 このような地球上の山を記述していないようです。 最も単純に、それは3 番目の天国で神の玉座になってきたし、彼の王座で、そこに神の前に自分自身を提示しているように思われる。 そうだとすれば、神の御座である場合には、その後エズ28における "神の山"は、第三の天になる。

もう少し探して、エズ28は神がダウンして地面に神の山の不敬外とサタンをキャストし、と言っています。 これは神の山は、地球上にあるという優れたコントラストを作り、サタンが天から追い出さ上下地球に黙示録12に、そして天国と神の存在から禁止されているとよく平行になる。

, which accused them before our God day and night. And they overcame him by the blood of the Lamb, and by the word of their testimony; and they loved not their lives unto the death. Therefore rejoice, [ye] heavens, and ye that dwell in them. Woe to the inhabiters of the earth and of the sea! for the devil is come down unto you, having great wrath, because he knoweth that he hath but a short time. And when the dragon saw that he was cast unto the earth , he persecuted the woman which brought forth the man [child]. 黙示録12:7-13そして戦争が天にあった:マイケルと彼の天使たちが竜と戦っていない、と龍は戦ったと彼の天使たちではなく、勝った;もその場所は天国でそれ以上発見され 、巨大な龍だった昔の悪魔と呼ばれる蛇、そして全世界を欺いサタンこと、アウトキャスト: 彼は地球に追い出された 、と彼の天使たちは、彼と一緒に追い出されていたそして、私は天に言って大きな声を聞いて、今すぐ来ている。救い、強度、そして私たちの神の王国、そして彼のキリストの力:私たちの同胞の告発のためには、私たちの神の昼と夜の前にそれらを非難している、 ダウンキャストされ 、彼らは、小羊の血によって彼を克服。と、自分たちのあかしのことばによって、彼らは死に至る自分たちの生活をしない愛してそこに住むため喜ぶ、[がた]天、そしてあなたがたは地球の海のinhabitersに災い悪魔が来ているため。!ダウンあなたがたに、彼はしかし、短い時間かれらことを知っておられるので、大きな怒りを持つこと。そして竜は、彼が地球がた投げられたのを見て、彼は人を産んだ女性を迫害[子]。

エズ28:16-17は...したがって、私は神の山の不敬外となたをキャストされますと、私は火の石の中から、なた、Oカバー天使を、破壊します。 あなたの心が原因であなたの美しさを持ち上げていた、汝は汝の明るさの理由により、汝の知恵を破損なた:私は地面にあなたをキャストしますが、私は彼らがあなたを見張ることが、王の前にあなたを置くでしょう)。

だから、これはあることも、エズ28:14と仕事1&2で試合になると思われる "神の聖なる山時汝ワ;なたは火の石の中で上下に歩いていった。"ように見えるかジョブへの参照、およびそれらの間、神の息子と一緒に、神の山、サタンは3 番目の天国に来るだろうと、これらの天使たちは、火の石である。 そのようなものとしてエゼキエル28:14、ジョブでサタンの話と一致するように思われる。

今、私たちは、前の詩に戻ってしようとしている

14汝おおうその油を注がれたケルブ、と私はあなたを設定している:

我々はこれまでエズ28:12-13はエデンを参照していることは、この部分が存在しており、その後、エズ28:14の残りの部分は、ヨブの物語を参照しているようだ。 創世記のために与え日付は紀元前4000年ごろになると、ヨブの物語は1900年から1700年BCごろでしょう。 これは時系列順に作業している場合、それはサタンが油を注がれた天使であることについて、このセクションでは、ジェネシスと仕事の間で行わなければならないことを意味します。 ジョブは、その物語の創世記にあるアブラハム、現代的であると考えられているように、それはこの油を注がれたケルブとしてサタンに言及物語は創世記と仕事の間で発見されなければならないことを意味します。 我々の前にアブラハムの時間やであることが創世記にでなければならないであろう仕事の前の時間のために天使やケルビム​​のための単語を検索し、実行した場合、我々は唯一の1の結果を得る。

ジェン3:24 "だから、彼は人を追い出し、彼はエデンケルビムの庭の東に置かれ、そして命の木の道を保つために、あらゆる方法を回る炎の剣。"

cherubim4 前のジョブおよびアブラハムの時に述べたケルビムのための唯一つの結果があります。 それは、命の木から離れた人々を守っケルビムです。 エズ28:14神は "おおう"や、それはまた、 "ヘッジ"や "塀"、 "保護"や "鎧でカバーする"ことを意味することに油を注がれたケルブとして彼を配置したと言います。 これが一致しているようだ。 そして今、私たちは多くの人々に全く新しい何かを学んできたことがあります。サタンは "油を注がれた天使は神によって配置"された方法は、彼が命の木への道を守るために配置されたケルビムだったことだったこと。 聖書はエゼキエル1と10で私たちのためにケルビムを説明しています。 だから私たちは、これはサタンが実際ケルビムであり、どのように見えるかを、一般的にあることを知ることができます。 ていない彼は、通常のように描かれている赤ら顔ヤギ男。

エズ28の次のセクションに移動、

不義をなたで発見されたまで、汝が作成WASTた日からあなたの方法で完璧な15汝ワ。

何これを参考にされるだろうか? 除去のプロセスを使用して、我々は残っている。

サタンと1クロニクル1010から970紀元前にダビデの国勢調査

サタンは}ツェッヒ3 520紀元前に主に叱責

サタンとイエスマット&ルーク4 30 ADの誘惑

サタンは、聖書の中で主に叱責されるように見られるのは初めてのことは、これは"不正行為がなたで発見されたまで、汝は、作成WAST言うからあなたの方法で完璧な"と一致することができるようツェッヒ3にあり、なぜならツェッヒ3において、これは、サタンは主に叱責されていることを、創造の初め以来、聖書の中では初めてです。 それはおそらく、 "発見" MATSA(4672)のためにここに単語やので、これはこれが最初であることを意味していないようです "を確保することが、あることを証明するために、十分で、十分なことを見つける"ことを意味することに注意すべきである時間神はサタンに罪があると見ているのではなく、これは、それが公然と証明し、または他の言葉で、公然と非難されていることが初めてであること。 謎と真の観察のようなものとして、それはかなりよく一致します。 確かにサタンは、聖書の中で公然と主に叱責されて初めての言及をする注目すべきイベントになるでしょう。 公然と名前でていない蛇ではなく、ツロの王が、サタン自身。 もちろん、エゼキエル預言サタンの運命は、この時点で最近の仕事だったエゼキエルはゼカリヤの前に、約40-70年から書かれているようだ。

次は、次のとおりです。

:彼らは暴力となたの真っ只中を埋め尽くしており、わたしは罪を犯したなたなたの商品の多数により16

時系列順に行き、次の重要な通路がサタンであるとマット4&ルーク4に見られるように、イエスの誘惑は、30 AD年頃。

ルカ4:5-8 "そして悪魔は、高い山に彼を取って、時間の瞬間に彼に世界のすべての王国をお見せになった。 と悪魔は、このすべての力、私はあなたを与えるだろうし、それらの栄光は彼に言った:わたしに配信され、そのために、そして私はそれを与える目的格に。 私を崇拝する汝が故に萎凋した場合、すべてがザインでなければならない。 イエスはサタン、答えて彼に言った、私の後ろにあなたを取得します、それが書かれているために、汝は主なるあなたの神を崇拝し、彼は唯一の汝仕えるなかれ"。

M4-帝国 "商品"のためのエズ28:16で言葉は "rekullah"(7404)で、それは "交通や貿易に"を意味する。 these kingdoms, and can give it to who he wants.ルーク4この通路に、サタンはイエスが聖書に戻って彼を拒否すると回答したに、イエス崇拝サタンと引き換えに、世界のすべての王国を取引するために提供しています、 "汝、主なるあなたの神を崇拝し、彼は興味深いことです唯一汝が仕えるなかれ。 "これらの王国を受けた"サタンはさらに、彼がしたことを示す"と、彼が望んでいる人にそれを与えることができます。 これはサタンが誰かによって、これらの王国上の権限を与えられていたが、誰が彼にそれらを与えたが指定されていないを意味するようです。 それはサタンはこれらの王国を受けている前に人身売買、マーチャンダイジングや取引のいくつかの並べ替えを、暗示することがあります。 また、サタンがイエスを世界中の王国、または王国の多数を示したことは興味深い。 そして確かに、それはあなたを崇拝するために、神ご自身、神である神の御子を、誘惑しようとするどころか、あなたを崇拝するために他人を誘惑しようとする罪です。 それはひどい罪だった。

としてルークで見つかったので、サタンによってイエスの誘惑のこの一節では、我々は最初の礼拝と引き換えに、商品のように、その後、貿易や交通王国の多数をしようと、王国を多数受けたサタンの要素を持っている、とイエス·キリストは、私たちの主、主、王の王と主の主、神に対してこのサタンの罪である。

これはまた、試合になると思われる、とエズ28:16 なたの商品の多数で"と言って、ルーク4(また、マット4に並列されている)に見られるように、サタンによってイエス·キリストの誘惑に言及しているように見える"彼らは暴力となたの真っ只中を埋め尽くしており、わたしは罪を犯しなた。

このためか、 "それゆえ"、次の部分は続けて:

従って私は、神の山の不敬外となたをキャストされますと、私は火の石の中から、なた、Oカバー天使を、破壊します。

我々は以前の可能性が高い第三の天にあるものとして神の山を同定した。 そのようなものとして、それは、これが第三の天から追い出されているサタンを参照していることをここで意味をなさないと思います。 神の子が出会う場所であるならば、サタンも神GOの子たち、天使たちはどこに行くから禁止されている神の山、、から追い出されて、彼らは神に自分自身を提示する接続がある。 私たちの年表の次並列イベントはリビジョン12時07分には、戦争と天国です。 だから、サタンは火の石の間であることの外に破壊され、あるいは第三の天における神の天使たちの存在から削除されます。 これはよく天国での戦争、そしてサタンと彼の天使に対する立場を取って聖なる天使たちと平行に思わないだろうし、それらは、改訂12時08状態として、天から禁止されている "もその場所は天国でそれ以上を発見しました"。

次は、次のとおりです。

17あなたの心が原因であなたの美しさを持ち上げていた、汝は汝の明るさの理由により、汝の知恵を破損なた:私は地面にあなたをキャストしますが、私は彼らがあなたを見張ることが、王の前にあなたを置くでしょう。

ここでサタンはグランドにキャストすると、理由はなぜ与えられて言及されている。 サタンがグランドにキャストされていることと、サタンは天国で戦争を失った後、彼は地球に投げ落とされていることであるヨハネの黙示録12の年表内の次のイベントと平行になる。

18なたなたの人身の罪により、ザイン咎多数によって汝聖域を汚し...

次の明白なイベントは、火災によってサタンとりこにされています。 しかし、この前に、 "トラフィックや取引"の同じ単語が再び言及されている - 王国の権限の提案された取引や人身売買のルーク4、と同じ線に沿って、これは簡単にサタンが上の彼の権威を与えたときに参照することができ反キリストの世界の王国は、ヨハネの黙示録のように午前13時02分に見られる "と、竜は彼に彼の力、シート、そして偉大な権威を与えた"。 (また、振り返ってみると獣の治世を概観、アバドンにサタンによる電力のこの転送はJersalemにおける至聖所の聖域を汚すアバドンにリードしています。)

18 ...故に汝の中から火が私もたらすでしょう、それはあなたを焼き滅ぼす、と私はあなたを見張ることをそれらすべての目に地球に灰になたをもたらすでしょう。 なたに驚いされなければならない人々の間であなたを知っている19のすべては、彼ら:なたは恐怖とし、これ以上汝ことなかれ決して。

サタンは、アビスでの彼の刑務所から解いて、国家を欺くために消灯し、その後、彼らがされたとき、サタンの中から来て灰に、彼を食べ火災、千年統治の終わりを指すように思われる天からの火によって消費され、サタンは、すべての黙示録20で、時間の終わりに行われて、火の池に投げ込まれている。

改訂20:7-10 そして千年の有効期限が切れているとき、サタンは彼の刑務所から出て緩めれなければならない、そして、地球の四方にある国を欺くために外出しなければならない、ゴグとマゴグ、にそれらを一緒に収集するために戦闘:数海の砂のように[ある]。 そして、彼らは地球の広さにまで行き、約聖人、そして最愛の街のキャンプを一周:と火が天から神から降りて来て、彼らをとりこに。 そして、彼らを欺いている悪魔は火と硫黄の池、獣と偽預言者[あり]、そして永遠のために苦しめられ、昼と夜でなければならない。に投げ込まれました

私も注意したいのですが何かは、エゼキエル書28:18で、言及がなされていない、または何もピットやアビスでサタンの懲役を指すように思われていないということです。 それは、このイベントのようなものだ上スキップされますが、それは上スキップされ唯一のイベントではありません。 我々はどちら国勢調査を取るためにサタン挑発デイビッドに一致するものを検索していないようでした。 それはサタンが1000年のためにピットやアビスに投獄されていることに思えるかもしれない一方、しかし同時に、国勢調査は簡単に、より大規模なイベントと見なされる可能性、マイナーイベントと見なされる可能性があります。 だから我々は、後でそのに戻りましょうと、まさに今のその不在に疑問符を残してみましょう。

だから今我々の時系列グラフ、線すべてこれまでを更新してみましょう:

Ezekiel28Isaiah14Revelation12

だから私たちはここで何をやっている? 我々は、彼らが一緒に収まるように設計された部分から成るパズル、、あるように経典を扱ってきた。 パズルをすることに同じように、我々は、彼らが一緒に収まるように設計されたため、別の赤ジグソーピース、彼らの視覚イメージのマッチング、完全に一緒に合うと赤ジグソーピースを一緒に一致させるために全体像を理解する必要はありません。

18

なぜ我々はエゼキエル28で文章が聖書を通してサタンの歴史について明確な話と一致したことを知りましたか? これは、これらの文章は、聖書の中でサタンについて与えられた明確な話を一致するように設計されたインテリジェントに設計されたパズルであるため。 予言の各文またはスニペットはサタンの話に接続するために考え出したされるように設計されており、一致した少し謎やパズル、です。 我々はイベントに予言に合わせて、必要なものを類似した画像やアクション、詩の主題と、彼らが何をしていたかとの関係に注意すること、また、一致したマーカーやキーワードを探すために、説明の記述アクションは初めてだったサタンについての明確な通路では、被験者間での、あるいは関係。 時には、彼らはどのように適合するか確認し、元の言語で単語の詳細な意味を調べる必要があったが、情報は接続を行うために必要とされたすべての存在していた。 そしてそれは、これらの作品は年代順にとてもよく合うのは偶然ではありません。 我々は、このシリーズのパート2で説明したように、私たちの1点または先例は神のライティングスタイルが年代順に書くことであるということです。 そこに例外はできますが、我々はそれが良い学習運動を行う理由の一部であるエゼキエル、ここで任意のを見つけられませんでした。 第3部補遺で覆われもう一つのポイントは、、時には文脈から推定しなければならない個々の詩(または文)が、それ以外の部分との間で行く時間の長いギャップが存在することができる点6位、神の忍耐、です聖書のこれを確認することができる。 このケースでは、サタンに関する啓示とさまざまな明確な通路は、その情報を与える。

そして、私は、神が彼の聖霊によって聖書、イエス·キリストである言葉を、書いたようにパート1で覆われ誰も、、思い出させるためにしたいと思います。 別の作家は、異なる時間に、それはすべての神と同じ究極の著者、から来ました。 だから、一貫性のあるパターンに従ってパズルを設計しているため、言葉自体の保存の予見を運命づけられたレベルと、聖書の唯一の究極の著者として永遠の神の枠組みの中で完全に許容される、とで私たちに自分自身との情報を明らかにしたこのように、聖書を通して。 見ることができるような、そのような枠組みの文脈の中で驚くべきことではない、むしろそれ以上のそれは、のように許容されると見られているかもしれないよりも、期待されるべきである。

そして、我々はこのパズルを一緒に入れてから得ている結果は、我々は今、時系列に並べるとお互いにマッチングとフィット、一緒に抱き合わせている情報の3セットを持っているということです。 情報の私たちの最初のセットは、名前で聖書言及サタンが、サタンは聖書全体を通して、何かをするかと言うことに記載されている主要なイベントに絞らどこでもあった。 情報当社の2番目のセットはサタンが両方の名前で記載されるであろう最初のセットのサブセットであり、主に特にチャプター12で、黙示録に "昔のドラゴン、蛇"という文脈において、 13、および20。 我々はそれを並べる、第二セットの内部情報の最初のセットをフィット。 と情報の当社の第三セットが接続されており、情報の他の2セットで並んエゼキエル28の通路、一つずつパズルのピースだった。

そして、私たちはサタンがエデンに命の木を守っジェン午前3時24分に記載されているケルビムのようだし、その神が、この仕事のためにサタンを選んだということでした何か新しいことを、学びました。 なぜそれがでしょうか? より詳細に話を見てみましょう。

アダムうんとジェン3:21-24 "もと彼の妻への主なる神は、皮のコートを作ることでしたが、彼 ​​らに着せ。 そして、主なる神は見よ、男は私たちの一つのようになるさ、善と悪を知って、言った:そして今、しないように彼は手を伸べ、命の木からも取って、食べ、永遠に生きる:そこで主なる神はそこから彼が撮影された地面を耕すために、エデンの園から彼を遣わした。 そこで彼は人を追い出し、彼はエデンケルビムの庭の東に置かれ、そして命の木の道を保つために、あらゆる方法を回る炎の剣"。

神はアダムとイブを愛し、彼らのために最善だったかと思いました。 男はまた、命の木から食べ、永遠に生きるかもしれないことをここで大きな懸念やアラームがあるようです。 理由は今あの男は罪で罪深い、そして精神的に死んでいたということであるように主張することができ、その人は精神的に悪と不完全の状態になりました。 ずっと火の池に投げ込まれる堕天使のように - 男は今、それらが物理的に永遠に生きるようになるだろうの木から食べるようにしたら、それは彼らが罪深い、または悪、不死になることを意味する。 Planning on the atonement of Jesus Christ, and new life in the Holy Spirit, before creation was made, God knew that it was better for man to die, but be resurrected into new life, and be spiritually born again, than for man to become immortal while in this sinful evil state. If man had eaten from the tree of life, they would have immortality on their own, and would not have been able to receive salvation and eternal life in Jesus Christ through being born again, and given new bodies, because their old bodies would have never died. God had a plan to redeem them, and knew it would be better for them and mankind in His plan, and it would be much worse if they gained immortality while in this evil state. So the key word here is Protection, God wanted to protect Adam and Eve and their children, from the situation getting any worse.

sataneden God knew that Satan was the one who had deceived Eve, through the serpent, because God is all-knowing. God seems to handle the situation by putting responsibility on Satan to be the one to see to it that the situation didn't get any worse. There's a couple thing to keep in mind here, which is that 1) Satan was only 5 days older than Adam and Eve, and 2) God loved Satan, also, as His creation. So apparently how God handled this was that Satan had made a mistake, and God gave him a job to do, preventing the situation from getting any worse. Satan had set into motion events that harmed Adam and Eve, but in keeping man away from the tree of life, Satan was going to be protecting them from something worse happening. And so Satan got stationed as basically the security guard for the tree of life in Eden, a position that we can safely guess had to have lasted until the Flood of Noah's time, about 1600 years later, when the location of Eden seems to have been lost, along with the tree of life. Which means that for about 1600 years, Satan was located in Eden, stationed there, guarding the tree of life. This could be looked at as chance to make up for his earlier mistake, show better character, by protecting mankind. But it also could be looked at as God's justice and a practical chastisement in a way, that Satan was kept away from humanity, for a long time, in a very long time out. Man was driven out of the garden, but Satan was made to stay there, in the empty garden, for a very long time. God is love, and in this we can see God's love, justice, mercy, and patience, interwoven in this decision on how God chose to handle the matter.

This seems to shed some new light on the story in Job, that there is more meaning behind the question God asks Satan, and Satan's reply. “And the LORD said unto Satan, Whence comest thou? Then Satan answered the LORD, and said, From going to and fro in the earth, and from walking up and down in it.” It could be taken that this was a change of pace from what Satan was used to, because prior to the Flood Satan had been stationed in Eden, but after the Flood he was able to travel to and fro, up and down the Earth. And also, that now Satan was able to come up to the third heaven, whereas prior he had been stationed in Eden on Earth.

What this does tell us however, is that it seems Satan was not up to much else but being stationed in Eden, prior to the Flood. This could tentatively narrow down the date range for us of Satan's activities, in when did Satan sweep down a third of the stars of the sky with his tail, down to earth. Since we are told what Satan was doing, stationed in Eden, presumably up until the Flood when Eden was lost, and we can see it's note is made that after the Flood, in Job or Abraham's time, Satan was traveling the Earth, then it might make sense that it was not until after the Flood, and the Eden stationing ended, that satan got busy with the activity of sweeping down a third of the stars with his tail, down to earth. Arguable, if Satan was in Eden, and not the third heaven, prior to the Flood, then Satan would not have been able to sweep stars down to earth from heaven, until after the flood when he was not tied down in Eden, and now able to roam the Earth or go to the third haven freely. So tentatively, this might narrow down this dangling question, to a more narrow timeframe of when, to being after the Flood, but before Jesus Christ was born.

We also have gained some new insight, but also more questions, regarding Satan's authority over the kingdoms of the world. It seems that in Rev 13:2 Satan will hand his authority over to the Beast from the Sea, the Antichrist. And we can see that in Luke 4, prior to this, Satan tempts Jesus Christ by offering to hand his authority over the kingdoms of the world over to him in exchange for worship, and Jesus refuses. Ezekiel 28 in both these instances refers to this handing over of kingdoms as “trafficking, trading, or merchandising”. There is a little timeline going her in itself, that first Satan offers to hand authority over to Jesus, and then later hands it over to the Antichrist… but eventually Jesus Christ returns and has all authority over the kingdoms of the world, and so Satan loses this authority. But the piece we are missing is the beginning. In Luke 4 Satan says he has received this authority, and he can do what he wants with it… but so far we do not know who Satan has received this authority from, or how he received it.

So this is an unanswered question: how or when did Satan receive authority over the kingdoms of the world?

Many people, I have heard, teach that God gave this authority to Satan, assuming this is what is meant by “anointed cherubim”. However, what the Bible indicates is that “anointed cherubim” refers to Satan being stationed as a security guard in Eden, to guard people away from the tree of life. So there is nothing in this phrase, of the rest of Ezekiel 28, which indicates or tell that God gave this authority over the kingdoms of the world to Satan. Yet Jesus Christ in his time here on earth did not dispute this as reality, calling Satan, “the prince of this world”, so while this is true, we still do not know how it is so.

Revelation 12 stars fallen angels Before we started into adding Ezekiel 28 to this puzzle, we had a question: what are the stars that Satan swept down to earth with his tail? Looking up stars in Revelation we saw they could represent angels, and noted that Satan's angels were later also cast out of heaven with Satan after the war in heaven. But the time period given for this event would have to be before Jesus was born. The closest visual image that match out of known events mentioning Satan by name was the story of Job, in that many angels and Satan were mentioned together, but it was not a perfect match in that the visual of Satan's tail sweeping these angels down to earth was not represented. Ezekiel 28 did seem to verify the event in Job as being significant, at least in contrasting this to the census of David which did not seem to get a mention in Ezekiel's parallel chronology, but that could be for whatever reason. In any case, we do not seem to have found any additional insight on this question of the event of Satan's tail sweeping down a third of the stars, as of yet.

So now we have added another dangling question, puzzle pieces which do not seem to be explained anywhere yet: when and how did Satan receive authority over the kingdoms of the world? This also seems to be have happened by the time when Jesus Christ was born, but when did this begin? And let us also hearken back to that the woman in Rev 12 is pregnant for a long unknown time, which depends on her identity, and this event of Satan sweeping down a third of the stars with his tail to earth may have been a gradual event occurring over a long period of time.

These are our questions, but they are also our clues. Not having answers, let's leave them dangling out there for just a little while longer.

And we have another clue, which is an omission of a significant event from Ezekiel: how is it that Satan's imprisonment in the pit or Abyss for 1000 years did not warrant a mention in this parallel chronology? It seems to be rather obtusely missing from a chronology, which otherwise, noted many major events of Satan's story told in plain passages of the Bible, in precise chronological order, which was quite amazing. God is amazing.

So as we now know that Ezekiel gave a chronological parallel of both events in Revelation, and clear passages in the Bible mentioning Satan by name… could it stand to reason that there might be more parallel chronologies given in other passages of the OT? Everything major seems to have been covered in which Satan is mentioned clearly by name, except for the events seen in Revelation 20. So, much like we searched for keywords from Revelation, looking for an “old serpent”, regarding Satan's beginning, let's see if there's any keywords in Rev 20 that might lead us to an Old Testament prophecy regarding Satan's ending.

Rev 20:1-3, 7-10 And I saw an angel come down from heaven, having the key of the bottomless pit and a great chain in his hand. And he laid hold on the dragon, that old serpent, which is the Devil, and Satan, and bound him a thousand years, And cast him into the bottomless pit, and shut him up, and set a seal upon him, that he should deceive the nations no more, till the thousand years should be fulfilled: and after that he must be loosed a little season.
And when the thousand years are expired, Satan shall be loosed out of his prison, And shall go out to deceive the nations which are in the four quarters of the earth, Gog and Magog, to gather them together to battle: the number of whom [is] as the sand of the sea. And they went up on the breadth of the earth, and compassed the camp of the saints about, and the beloved city: and fire came down from God out of heaven, and devoured them. And the devil that deceived them was cast into the lake of fire and brimstone, where the beast and the false prophet [are], and shall be tormented day and night for ever and ever.

Now, Satan being destroyed by fire was already mentioned in Eze 28, so that might not be where to start. What really seems to be missing is Satan being bound and shut up in the bottomless pit, the events of Rev 20:1-3.

There is a detailed study on my website called “A Survey of the Abyss in the Old and New Testaments” which is on the Abyss or Bottomless Pit as seen in both the Old and New Testaments, which I believe covers every time it is mentioned in prophetic passages and elsewhere, if you are interested.

But for the purposes of this study, let's say we'll just do a word search and see if we can find any Old Testament passages to parallel Revelation's chronology. The term “pit” is used many times in Isaiah, Jeremiah and Ezekiel . We would have to spend time reading and sorting through all of these, but as I have already done so, there's a few of note. Ezekiel 31 and 32 mention the Assyrian cedar of lebanon, many other cedar trees and mighty warriors being sent down to the pit, Eze 26 mentions a city Tyrus going down to the pit, and Isa 24 mentions someone going down into the pit, and someone coming up out of the midst of the pit , but for the purposes of this study, let's stop and look at Isaiah 14. This passage begins with mention of a rest and ceasing of the city Babylon, and ends with the King of Babylon being throne into the pit. That would generally seem to be the same picture as in Revelation 20, Mystery Babylon has been destroyed, and Satan is thrown into the pit. But we are going to shift gears here a little. That is because there are really too many advanced external prophetic references here in Isaiah, that reveal the timing, to go into detail here in trying to prove all of them out. But still we can and will see a loose similar picture that matches, and so we will just go on that.

3 And it shall come to pass in the day that the Lord shall give thee rest from thy sorrow, and from thy fear, and from the hard bondage wherein thou wast made to serve,

The first thing of note here is that this mentions a day in which the Lord gives rest, which as a day is a thousand years, many see the millennium as a 1000 year rest period, a Sabbath, and it is referred to as God's rest in Heb 3-4.

4 That thou shalt take up this proverb against the king of Babylon, and say, How hath the oppressor ceased! the golden city ceased!

Next, the city Babylon has ceased, which could refer to Mystery Babylon being destroyed at the beginning of the millennial reign. And this is addressed to the “King of Babylon”, much like in Ezekiel it was addressed to the “King of Tyrus”. As prophecies can be cyclic and have both literal or spiritual fulfillments, points #8 and #10, this is allowable. Or again, Satan being the spiritual king of Babylon in Isaiah's time, along with a human king of Babylon, it is allowable for this to be meant for both in ways.

5 The Lord hath broken the staff of the wicked, and the sceptre of the rulers. 6 He who smote the people in wrath with a continual stroke, he that ruled the nations in anger, is persecuted, and none hindereth.

The Lord is said to have broken the scepter or power of rulers. He who ruled the nations in anger could easily refer to Satan,

7 The whole earth is at rest, and is quiet: they break forth into singing. 8 Yea, the fir trees rejoice at thee, and the cedars of Lebanon, saying, Since thou art laid down, no feller is come up against us.

The Lord's rest would make the whole earth to be at rest, in peace, during the millennial reign, so this matches. Also the “cedars of Lebanon” rejoice. From my studies, these are the “sons of God” of Gen 6 who have been released as locusts in Rev 9 , and are repentant, here rejoicing as Satan is laid down, and being let alone, no lumberjack coming up against them during the millennial reign.

9 Hell from beneath is moved for thee to meet thee at thy coming: it stirreth up the dead for thee, even all the chief ones of the earth; it hath raised up from their thrones all the kings of the nations. 10 All they shall speak and say unto thee, Art thou also become weak as we? art thou become like unto us? 11 Thy pomp is brought down to the grave, and the noise of thy viols: the worm is spread under thee, and the worms cover thee.

Here Sheol, filled with bones of dead people from before the Flood, and bodies of dead nephilim, declare unto Satan that he has become as weak as them, and he lies in a grave.

12 How art thou fallen from heaven, O Lucifer, son of the morning! how art thou cut down to the ground, which didst weaken the nations! 13 For thou hast said in thine heart, I will ascend into heaven, I will exalt my throne above the stars of God: I will sit also upon the mount of the congregation, in the sides of the north: 14 I will ascend above the heights of the clouds; I will be like the most High. 15 Yet thou shalt be brought down to hell, to the sides of the pit.

The exclamation here about “How art thou fallen from heaven” does not seem to refer to this being the time when Satan falls to earth, but rather is an exclamation , meaning oh how very much so he has fallen, all the way from heaven way down to the pit. Reasons why are given, emphasizing he wanted to be like God the Most High, but he is going down to Sheol, to the Abyss or pit, the lowest place. That “Lucifer, son of the morning” can be translated “shining star, son of the morning” which would again reference to Satan as shiny, as the nachash, but also to Satan as a “morning star”.

It is my view that the “host of heaven” as the broadest term, are divided into 2 subcategories, the “sons of God” which are messenger angels, watchers, which look like men. And the second category would be the “morning stars”, which are the cherubim or seraphim.

We know the angels were all finished being created by the end of the 6th day,

“And God saw every thing that he had made, and, behold, [it was] very good. And the evening and the morning were the sixth day. Thus the heavens and the earth were finished, and all the host of them.” Gen 1:31,2:1

And arguably the angels were created on the first day, between when God created the heaven, and the earth, in Gen 1:1. This is thought to be so because in Job it is mentioned that when God laid the earth's foundation, in creating the earth, that the morning stars sang together and the sons of God shouted for joy. The sons of God are the type of angels which look like men, and so it seems the second classification of the type of the host of heaven, besides the “sons of God” would be the “morning stars”. Satan is called a morning star, and a cherubim, which indicates that cherubim correlate to the morning star type of the host of heaven. So it seems likely that the type of angels who look like men are called sons of God, but that the cherubim, or seraphim, are the mornings star type of the host of heaven. (See Introductory Q & A for more info.)

Job 38: 4-7 [God says to Job] “Where were you when I laid the earth's foundation ? Tell me, if you understand. Who marked off its dimensions? Surely you know! Who stretched a measuring line across it? On what were its footings set, or who laid its cornerstone- while the morning stars sang together and all the angels shouted for joy?”

Continuing on,

16 They that see thee shall narrowly look upon thee, and consider thee, saying, Is this the man that made the earth to tremble, that did shake kingdoms; 17 That made the world as a wilderness, and destroyed the cities thereof; that opened not the house of his prisoners?

And people are said to look at him, wondering in seeing him, how it is that this weak person is the one who caused so much destruction. This overall seems to fit a description of what would make sense for it to be like when Satan is thrown into the pit. People wonder to see him as weak, angels on God's side rejoice, the reasons why he's sent down match, and the timing of this starting right after Babylon is destroyed, and the Lord has broken the power of the rulers, and the whole world is at rest: this all matches. And it lists all the many reasons why this occurs, and gives more details on these events.


34

26

And as I said, you have noted we shifted gears here a little, because there's really too many advanced external prophetic references here in Isaiah, that reveal the timing, to go into detail here on all of them. But, to the point, there is a loose visual imagery match that is present, as it does seem that this generally fits as a parallel chronology giving more detail on Satan being imprisoned in the Abyss or bottomless pit at the beginning of the millennial reign, as described in Rev 20. So let's add it to the chart as such.

Ezekiel28Isaiah14Revelation12-20Genesis3Finaljpg

Now we may have been given some additional clues here, so let's pause and take a closer look at this section:

sataneden “For thou hast said in thine heart, I will ascend into heaven, I will exalt my throne above the stars of God: I will sit also upon the mount of the congregation, in the sides of the north: 14 I will ascend above the heights of the clouds; I will be like the most High. 15 Yet thou shalt be brought down to hell, to the sides of the pit.”


When did Satan say this? It would seem, from what we looked at earlier, that Satan was stationed in Eden for some 1600 years, and during that time had to stay there, on Earth in Eden. The temptation in Eden seems to have taken place early on, may less than a year after creation, maybe only a few days after the creation week. So it seems that during this 1600 years, Satan spent no time in Heaven, and prior to that he had spent very little time in Heaven also. In Job, we can see what is possibly expressed as excitement, in that Satan was then traveling to and fro, walking up and down the earth – which would make sense if he had been stationed for 1600 years in Eden. He would not have been able to travel the Earth, or go to Heaven, so it would make sense to note he was now able to do so.

So would it make sense, that perhaps during this time in Eden, that Satan would say “I will ascend into heaven”?

Let's keep in mind that after the flood, in the time of Job, Satan seems to be free to come into Heaven, and is also likely seen there in Zech, and generally is able to be there until the war in heaven, after Jesus Christ's ascension. At which point he is banned, and this is clear, so it seems he would not be saying “I will ascend into heaven” after that point. This leaves the time period in Eden as being the most likely time period in which Satan would be saying “I will ascend into Heaven”.

sonsofGodedit But look at what follows, “I will exalt my throne above the stars of God.” Here the stars of God are mentioned. This may be a clue relevant to one of our questions, of how is it Satan swept down a third of the stars down to earth with his tail? It seems that the “stars of God” here are likely angels of God, and that Satan had said in his heart he would exalt his throne above the stars of God.

“I will exalt my throne above the stars of God. I will sit also upon the mount of the congregation, in the sides of the north, I will ascend above the heights of the clouds”

This would seem to refer to perhaps again, “the mountain of God” or third heaven, above the heights of the clouds, where we see the sons of God come to present themselves to the Lord in Job. This may refer to Satan wanting to be involved in their assembling, but might also imply this assembling was important somehow, involving power, or that they had thrones, as Satan wanted to exalt his throne above ones they might be implied to have had. It seems that Satan wanted to have his throne be above the angels of God, in the third heaven, and to also assemble with them, as seen in Job, but even more so than this:

m4-empires “I will be like the most High” And this “I will” could parallel very closely to what we see in the temptation of Jesus, in which Satan tries to tempt God to worship him, and is even trying to trade his power over the kingdoms of the world in exchange for this worship.

So we see confirmation here of what we have seen prior, but beyond this, we can see motive and goals of Satan involved here, a desire and agenda to do something. First, to go into heaven, then to exalt his throne above the angels of God, to assemble with them in the third heaven (which we see in Job), and to be like God, which we see in Luke 4, in Satan trying barter to receive worship from Jesus Christ, and Jesus Christ rebuked Satan saying, “Get thee behind me, Satan: for it is written, Thou shalt worship the Lord thy God, and him only shalt thou serve.”

So these are our current clues:

Sometime before the birth of Jesus, but likely after the Flood, Satan swept down a third of the stars with his tail to the earth. This may have happened over a long time, based on the woman being pregnant, if she represents Israel waiting for the Messiah.

Satan received authority over the kingdoms of the world somehow, before the time of Jesus, but we are not told how or when.

Satan was stationed in Eden for 1600 years, and did not seem to be doing much else, such as traveling the earth or going to heaven. There's nothing indicating Satan yet had authority over the kingdoms of the world at this time. So this also likely indicates Satan received authority over the kingdoms of the world, after the flood.
Around 1700-1900 BC we see Satan assembling with the “sons of God” in heaven, in Job, and Isa 14 indicates Satan had a desire or agenda to “exalt his throne above the stars of God”, or angels of God – perhaps after wanting to ascend into heaven (likely in Eden) and perhaps before wanting to be like the Most High and receive worship, seen in Luke. This might seem to imply that the angels of God had thrones, in order for Satan to be wanting to exalt his throne above them, or their thrones, and “mount of the assembly” is a similar scene to the assembling of the “sons of God” meeting in Job, likely paralleling the third heaven that Satan is later seen to be cast out of.

SatanSonsofGod By 700 BC in Isaiah, Satan is called the King of Babylon, and by the 590-570 BC in Ezekiel Satan is called the King of Tyrus. So it would seem Satan had authority over at least 2 kingdoms of the world by 570 BC, and in Zech 3, circa 520 BC, we see him being rebuked by the Lord, in a scene likely set around God's throne.

At this point, we have seen what seems to be all the clear passages on Satan fit together, in chronological order, aligned with Revelation, with Ezekiel 28 and Isaiah 14 giving confirmation or more details about all of these events. We have covered all the pieces and seen them tied together into an internally consistant comprehensive chronology, and there are no more passages we easily know about Satan to be found that seem to add in here. It would seem like the puzzle should be completed, and we should be having that Aha! Moment where everything makes sense. However, we are still left puzzling about whatever it is these clues are referring to. They all seem to point to the time range from Job up to Isaiah, from about 1900-1700 BC to 700 BC, and something to do with the sons of God or stars of God and their assembling. It almost seems like Satan wants to exalt his throne above the angels of God who assemble? So, some angels are getting together in Heaven, what's the big deal?

So for those of you who are familiar with the Divine Council, thank you for bearing with me, I just really wanted to highlight the importance of understanding the Divine Council, and I hope you have enjoyed beating around the logical bush with me, to see that all roads lead to needing to understand the Divine Council . But for those of who do not, without further ado, let's get into what the divine council is.

A Modern Guide to Demons and Fallen Angels © 2007-2013
パラドックスブラウン