This page has been translated from English

聖霊の賜物、スピリッツのテスト、そして霊的戦い

第8章-聖霊の贈り物、スピリッツのテスト、そして霊的戦い

我々は霊的戦いに入る前に、私はそれは聖霊の賜物をカバーするために役立つだろうと思った。 一度あなたが悪魔や堕天使を扱っているし精神的な戦いの方法が適用可能になることを知っている。 しかし、私が最も困難な場合も手順はあなたが実際に悪魔や堕天使との経験や出会いを持つことを識別することであることを私の経験と研究で発見した。

うまくいけば、悪​​魔とそれ以前の章の堕天使の現代の活動の概要は、簡単にいくつかのものを識別するために、読者に役立つだろう。 しかし、悪魔や堕天使は嘘つき、と非常にインテリジェントな嘘つきです。

前の章で​​は、私は"反キリスト"、"偽教師"、そして"偽預言者"の概念をカバー。 我々は"反キリストの精神は、"今存在すると言われている。 それだけでなく、我々は多くの人が詐欺師と反キリストであることを言われています。

"そして、confessethは、イエスキリストが肉に来ているではないことを、すべての精神は神ではありません。そしてこの[精神]は反キリストである、就いがたは、彼が来る、そして世界に存在し、それが今、だと聞いたことがあります。 "1ヨハネ4時03

"多くの詐欺師はイエスキリストが肉に来ていることではない告白の世界、に入力されます。 これは、詐欺師と反キリストです。"2ヨハネ1時07分

小さ ​​な子供たちは、それが最後の時間です:そしてあなたがたが反キリストが来るものと聞いているように、今でもそこに多くの反キリストであり、私たちはそれが最後であることを知っているそれによって。 彼らは私たちから出て行ったが、彼 ​​らは本当に私たちに属していませんでした。 "しかし、彼らの行くには、それらのどれもが私たちに属していないことを示した 1ヨハネ2:18-19は、彼らは私たちに属していた場合のために、彼らは私達と残っていた。

"誰が嘘つきですが、彼 ​​イエスがキリストであることをそのdenieth? 彼は御父と御子をdenieth反キリストです。"1ヨハネ2:22

多くの反キリストが存在するのと同様、反キリストの多くの霊もあります。 反キリストのこのような欺瞞の霊は、文字通り悪魔やサタンのために働く堕天使です。 これらはイエスキリストに反対しているように"反キリストの精神は"、悪魔や堕天使の目標のための別の用語です。 彼らは悪魔や堕天使の反キリストの霊は、次で終わる場合のクリスチャンが偽教師、偽預言者、または反キリストであることを得る方法、である。 これらはキリスト教徒で作業しようとする欺瞞​​の一つは、聖霊の賜物を理解していないキリスト教徒で、聖霊の贈り物としてマスカレードすることです。 だから、聖霊の賜物ではない何かを示してどのような物事の認識するように、聖霊の賜物を知ることが重要です。

特に新約聖書で、聖書に記載される聖霊の多くの贈り物があります。 これらは、クリスチャンに与えられた聖霊の真の贈り物です。 私は今したい重要なポイントは、単に反キリストの精神のような(悪魔や堕天使)"偽の予言"(堕天使かによって引き起こされるのプレゼントで、"予言"の聖霊の賜物を偽造行うことです。鬼)...悪魔や堕天使も、何らかの方法で、聖霊の他のギフトの偽造いくつかしようとしません。

これは、聖書は断固として教えている理由の一つです。
1ヨハネ4:1-3には、"愛される、すべての精神を信じていない、しかし、彼らは神からのものであるかどうかを確認するために霊をテストし 、多くの偽預言者が世に出てきたので。 イエスキリストが肉に来ていることを告白、すべての精神は神からのものである、とイエスは神からのものではないと告白していないすべての精神、そしてこれはあなたの反キリストの精神、です:これによってあなたは、神の御霊を知っているそれが来ていると聞いた、と今では世界にすでに存在している。"

クリスチャンとして、聖書が教えている責任は、私たちの上に配置されます私たちは霊をテストするためのものです。 聖書は、反キリストの精神がイエスキリストが肉に来ていることを告白しないこと、そして神からの霊は、イエスキリストが肉に来ていることを告白される、または父と彼のひとりが拒否されることを教えてくれる息子。 我々はまた、読み取り

約霊の賜物、兄弟 Ⅰコリント12:1-3は"今、私はあなたが無知になることは望ましくありません。 あなたが異教徒だったとき、何らかの形でまたは他のお客様が影響を受けていたとミュート偶像に惑わさことを知っている。 したがって、私は神の御霊によって話している誰も"イエスは、呪われる"と誰も言うことができない、言っていないことを伝える、聖霊による場合を除いて"イエスは、主である"。"

そして、ここからは、明らかな説明が与えられてその精神をその呪いイエスは神からのものではない、と誰も言うことができないこと、"イエスは主です"しかし、聖霊によって。 あなたがその精神を知っているだろうこれでイエスが偽造を認識するための明白かつ容易なように思えます呪いは、その精神のテストを失敗したことを精神。 精神は他のテストに合格している知ることはとても簡単で明白ではありません。

それはあなたが"イエスキリストが肉に来ている"意味を理解する精神、を扱っている際に、重要性に等しい。 そうしないと、彼らはそのようなかではないとして彼を告白している場合は、精神を問うことによって、識別することができません。 あなたはイエスキリストが誰であるか知っている必要があります、と彼はではない人。 あなたは彼が神のひとり子である知っている必要があります。 これらはあなたに、基本的に見えるかもしれませんが、そこに多くの人々がその信頼はあまりにも喜んである。 子どもの歌が言うように、"あなたが信頼注意して少し心してください。"あなたは用心する必要があります。 これらの点のすべては、聖書、キリスト教信仰を定義する本質的なキリスト教の教義です。 だから本質的な聖書のキリスト教の教義に慣れるので、あなたがたは真理を知り、より簡単に嘘を見つけることができます。 ここでは良い出発点は、次のとおりです。

http://carm.org/essential-doctrines-of-christianity

心に留めておくべきもう一つの非常に重要なことは、イエスが神の"言葉"であるということです。 聖書はまた"神の言"です。 イエスは言った:

マット5:17"わたしが律法や預言者を廃するために来たことを考えてはいけない、私は廃止になっていませんでしたが、満たすために。"

これはどういう意味ですか? それは神からイエスの聖霊、そしてどんな真の精神が(聖なる天使のような)聖書に反する何かを、教えて行うかと言う、またはあなたが教えることを取得しようとすると、何か言おうとしては決してされていることを意味します。

聖書全体は神の霊感によって与えられる[さ]、および教義のための、小言のため、補正のため、正義の命令のために有益[です]:神の人は徹底的にすべての良い作品がた内装、完璧な可能性がありますので、ティム3。 16から17

人々は、"最良の防御は良い攻撃である"、と言う。 彼らは神のかサタンのかどうかを判断する"精神をテストする"で絶対に非常に貴重である何かは、聖書の教えを知ることです。 全体の聖書を知る​​ためには、全体の聖書を読む必要があります。 あなたが聖書の中で何かを読んでいる一度、聖霊は、あなたがそれを保持しやすくなります。

彼はすべての時間神聖化されている方のために完成されたものを提供することによってのヘブル10:14-17"。 そして聖霊はまた、私たちを物語って、言った後のために、"これは私がそれらの日後に一緒に行うことを契約である、と主は言われる:私は彼らの心に私の法律を置く、その心に私はそれらを書き込みます。 、"彼はその後、だ"と彼らの罪とその無法行為は、私はもう覚えていないだろう。"

JN夜02時26"しかし、カウンセラーは、父が私の名前で送信される聖霊は、あなたにすべてのものをお教えしますし、私はあなたに言ってきたすべてのものを思い出させます。"

聖霊は、聖書で教えられて何を連想させる、そして私たちすべてのものをお教えします。 神はあなたの心に彼の法律を置き、あなたの心に彼の法律を記述します。 我々は実際に聖書を読めば、それはちょうど私たちにとって、それがはるか​​に容易になります。 それはよく費やされる時間です。 あなたが学ぶために、イエスは聖霊が彼が言ったことすべてを私達に思い出させる私達に言ったためには、読んだものの聖霊によって通知されるように(つまり、良いことですが)実際に聖書を暗記する必要はありません。 特に聖書、聖書全体を、読むのは"霊をテストする"で貴重なものです。

他のケースでは、その精神が問われることはできない、ではなく、夢、またはビジョンは、起こっている:これは進行中に可能であれば、主イエスキリストの名と権威において叱責。 " 主イエスキリスト叱責する。"また、時間がかかる、と神はあなたからの虚偽のビジョンや夢を削除したことでイエスキリストの名で祈るように開始する、と言う。 ビジョンや夢、等が神からのものであれば、それはそのまま残りますが、それは神からのものでない場合、それは停止します。 そしてそれは我々が霊をテストする必要があるという彼の言葉で言っている神であり、そして私たちはこれを実行するときに、神が満足していると信じて、そしてそれが私たちのために詐欺に対して守られて滞在する方が、はるかに安全です。 精神をテストするために - あなたが彼は既に操作を行うことが言われている何をするのに時間がかかるなら、神は気にするつもりはない!

我々は精霊のテストに関するいくつかの基本をカバーしたので、私は聖霊の賜物の両方に行ってみたい、とも反キリスト(悪魔や堕天使)の精神からいくつかの偽造偽ギフトをカバーしています。

聖霊の賜物は何ですか? いくつかの重要な詩は、彼らが何であるか私達に言う、と彼らは同じように、そしてなぜ彼らが与えられているが何であるかについてのいくつか:

ROM 12:6-8は、"私達は私達を与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っている。 男の贈り物が予言されている場合、彼は彼の信仰に比例して、それを使用してみましょう。 それがサービスを提供している場合、彼が処理できるように、それが教えている場合、彼が教えるせ、それが励みになるなら、彼が奨励させ、それは他の人のニーズに貢献している場合、彼は惜しみなく与えてみましょう、それはリーダーシップである場合、彼が統治できる熱心に、それは慈悲を表示されている場合、彼は陽気にそれをやらせる"。

エペソ4:11-16"そして、彼はサービスの仕事のための聖人の装備のため、体の上の建物に、使徒のようないくつか、そして伝道者として預言者のようないくつか、そしていくつか、そして牧師や教師などのいくつかを与えたキリストの、私達はすべてキリストの膨満感に属する身長の測定に、成熟した人間に、信仰の、そして神の御子に関する知識の統一に達するまで。 その結果、我々は子どもたちにはもはやない、波があちこちで投げ、そして教義のあらゆる風によって約運ば、男性の策略によって、偽りの陰謀のずる賢さで、しかし愛に真実を言えば、我々は以下の通りである。個々の部品の適切な動作に応じて、すべての共同供給することにより、装着と一緒に開催されて、全身誰からも、キリスト、誰が頭か、彼にあらゆる面で成長、身体の成長を引き起こす愛自体の構築のための。"

Ⅰコリント12:4-12には、"贈り物のさまざまな種類が、同じ精神があります。 サービスのさまざまな種類が、同じ主があります。 そこでの作業にはさまざまな種類がありますが、同じ神はすべて男性で、それらのすべてに動作します。 今それぞれに精神の症状は共通の利益のために与えられます。 ものにするために、別の奇跡的な力に、あの御霊によって治癒の別の贈り物に、同じ御霊によって別の信仰に、同じ精神による知識のメッセージ別に、御霊によって知恵のメッセージをそこに与えられる。別の舌の異なる種類の別の圏に、精霊の区別に、そして舌のさらに別の解釈に別の予言、。 これらはすべて、一つの同じ御霊の働きであり、彼は彼が決定するのと同様に、それぞれのいずれかになります。 それは多くの部品で構成されても体は、単位であり、そのすべての部分が多くあるものの、彼らは1つのボディを形成する。 だから、キリストとです。"

教会の神の 1コリント12:28-13:3"とは、最初にも、すべての使徒、第二の預言者、第三先生、奇跡の労働者、治癒の有するもの贈り物、他人を助けることができるそれらのの贈り物とのそれらを任命しました管理、そして舌の異なる種類のものを話す。 すべての使徒は? すべての預言者はいますか? すべての教師ですか? すべての作業の奇跡をか? すべての癒しの賜物を持っているのですか? 異言で話すすべてのですか? すべて解釈するのですか? しかし熱心に大きい贈り物を望んでいる。 そして今私はあなたに最も優れた方法が表示されます。 私は男性のと天使の舌で話すが、愛していない場合は、私だけ鳴り響くゴングまたはガランガランと音を立てることのシンバルです。 私は預言の賜物を持っていると、すべての神秘とあらゆる知識を測深することができる、と私は山を動かすことができる信仰を持っているが、愛していない場合、私は何も午前いない場合。 私は貧しい人々に所有し、炎に私の体を放棄しますが、愛していないしているすべてを与える場合、私は何も得られない。"

Ⅰコリント14:1-6は"愛の道をたどり、熱心に、特に精神的な贈り物、予言の才能を求めています。 舌で話す人のための男性にはなく、神に話すことはありません。 確かに、誰も彼を理解していない、彼は彼の精神と神秘を発話する。 しかし、預言誰もが自分の強化、励ましと慰めのための男性に語りかけます。 舌で話す彼は、自分自身をedifiesが、預言、彼は教会をedifies。 私が異言で話すことを一人一人にしたいのですが、私はむしろあなた預言を持つことになります。 彼は解釈する限り、預言彼は、教会がedifiedされるように、、、異言で話す1より大きいです。 私はあなたに来て、舌で話す場合、私はあなたにいくつかの啓示か知識か預言または命令の単語を持っていない限り、今、兄弟は、、私は、あなたにいいものだろうか?"

Ⅰコリント14:12-33には、"だから、あなたとです。 あなたが霊的な ​​賜物を持って熱望しているので、教会を構築贈り物に秀でてみてください。 このような理由から舌で話す人は彼が彼の言うことを解釈する可能性があることを祈るべきです。 私は舌で祈る場合のために、私の精神の祈りが、私の心は実を結ばないです。 だから私は何をすればいいの? 私は私の精神を持って祈るでしょうが、私はまた私の心で祈るでしょう、私は私の精神に歌うでしょうが、私はまた私の心で歌う予定。 あなたの精神と神を賛美している場合、彼はあなたが何を言っている知っていないので、どのように理解していない人々の間で自分自身を見つける一つは、"アーメン"あなたの感謝祭に言うことができる? あなたは十分に感謝を与えることができるが、他の男はedifiedされていません。 私はより多くのあなたのすべてよりも異言で話すことを神に感謝。 しかし、教会で、私はむしろ舌に10千の言葉よりも、他人に指示する5つの明瞭な言葉を話すでしょう。 兄弟は、子供のように思考停止する。 悪になる乳児に関しての、しかしあなたの思考に大人である。 法律ではそれが書かれている:"奇妙な舌の男性を通して、外国人の唇を通じて、私はこの人に話すだろうが、それでも彼らが言うこと聞かないだろう"と主は言われる。 舌は、その後、信者のためだけ不信心のためではない、記号であり、予言は、しかし、不信心者のために、信者のためではありません。 全教会が一緒に来ると皆が異言で話す、と理解していない一部の人や、いくつかの不信者が入ってくるのであれば、彼らはあなたがあなたの心から外れていると言うではないのだろうか? しかし、誰もが予言されている間不信心者または理解していない誰かに来れば、彼は彼が罪人であり、すべてが判断される、と彼の心の秘密が裸配置されることすべてに納得されます。 そこで彼は、"神があなたがたの間本当にある!"それから私達は言ってはならないもの、兄弟のexclaiming、落下して神を礼拝するのだろうか? あなたが一緒に来るとき、皆は賛美歌、または命令の言葉、啓示、舌または解釈を持っています。 これらのすべては、教会の強化を行う必要があります。 誰もが舌で話す場合、2またはで最もスリーはず、一度に話す、と誰かが解釈する必要があります。 はインタプリタが存在しない場合、スピーカーは教会で静かにしていると彼自身と神に話す必要があります。 二、三の預言者は話す必要があり、他の人が言っているか慎重に比較検討する必要があります。 と啓示が座っている誰かに来る場合、最初のスピーカーは停止する必要があります。 あなたのために順番にすべての予言ができるように、誰が指示し、奨励することができます。 預言者の霊は、預言者の管理の対象となります。 神は聖徒たちのすべての集会のように、疾患のですが、平和の神ではない。"

Ⅰコリント7:7-8は、"しかし私は、私自身は午前中もすべての人がいたことを望む。 しかし、それぞれの人は彼自身の神からの贈り物、このように1つ、そしてその内の別のを持っています。 しかし、私は彼らもI.として残っている場合は、"独身の贈り物""彼らのために良いことが未婚との寡婦に言う

異邦人はの贈り物によると、仲間の相続人と体の仲 ​​間のメンバー、そして私が大臣行われたの福音書を通して、イエスキリストの約束、の仲間partakersであることを、具体的にエペソ3:6-8"彼の力の働きに応じて私に与えられた神の恵み。 すべての聖人の少なくとも、私に、この恵みが与えられ、異邦人にキリストの計り知れない富"(使徒/エバンジェリスト)を説くために


ここに聖霊の賜物のリストが順番(または私はそれを把握することができる限り近い)で、次のとおりです。

/勧告を奨励使徒、予言、教育、放牧、伝道、奇跡、癒し、信仰、霊の霊や目の肥えた区別、知恵のメッセージ、知識のメッセージ、料理、、慈悲を示し、他の人のニーズに貢献するか与えて、リーダーシップや統治、独身、異言の解釈は、舌の異なる種類で言えば。

聖霊の19贈り物があると思われる。 一部の人々は複数のギフトを持っていますが、すべてのクリスチャンは、少なくとも1つの贈り物を持っています。 聖霊は、キリスト教を与えるためにどのような贈り物選び、そして人自身が自分のギフトを選ぶために取得しません。 人々はもちろん、特定の贈り物を求めることができますが、時には彼らは、その贈り物を与えられません。 覚えておくべき重要なことは、それぞれのプレゼントが重要と必要に応じて特殊であり、神からの贈り物と祝福であるということです。 あなたは、オンラインビデオとここに学習ガイドで、それらについて多く学ぶことができます。 http://www.guymalone.com/holyspiritbaptismspeakingintongues.htm

聖霊の賜物は、両方とも内側には、ビルドアップと教会を助けるために使用され、その成長に、そしてイエスキリストの福音を広めるの偉大な任務を遂げています。 舌は、自己啓発(通訳もない限り)で言及した唯一の贈り物ですが、一般的に聖霊の賜物は、キリストの体、キリスト教の教会の教化のための、または非キリスト教の福音に向けてのものです。

しかし、彼の男性、かれのそのprophesieth speaketh教化、そして勧告、そして快適性[へ]。 彼はその[不明]舌edifieth彼自身のspeakethが、彼 ​​そのprophesieth edifieth教会。 今私は啓示によってどちらかに話すものを除いて、兄弟たちは、私はあなたの舌で話すに来る場合、どのような私は、あなたの利益を得るもの、または知識によって、または予言によって、または教義で?コリント14:3-4,6を

だけではなく、予言でなく、知恵や知識の言葉、健全な教義における教育の贈り物は、すべての教会の精神を高揚するまたは精神的利益を得るのに役立つ。 これは、何かが聖霊の贈り物からの場合は区別するのに使用するもう一つの重要な経験則です。

聖霊と反キリストの精神(悪魔や堕天使)の偽の贈り物の本当の贈り物を区別するには、心に留めておくべきいくつかあります。 一つは、キリスト教の教会から、と離れてイエスキリストから離れている、とイエスキリストと神以外にもいくつか他の人またはされて父に栄光をもたらす超自然"贈り物"は、偽のギフトを考慮する贈り物であるということです。 いずれかの罪、魔法、天使を崇拝、オカルト、カルト、魔術、占いの実践に参加するリード贈り物等は、聖霊の賜物ではありません。

これで、私はキリストの体全体 - 私たちは本当にお互いを必要とする作業として一緒に機能するように設計されていることを指摘しておきたい。 我々はすべての教師を必要とする、我々すべては、霊のdiscerners、と使徒、そして介護者、そして舌のスピーカー、およびそれらのスピーカーの通訳を必要とし、真に我々は、互いに他を必要とするか。

例えば、一つの贈り物は予言です。 予言が含まれているかについての意見を変えることがたくさんある。 いくつかの事柄は現在、過去、または将来のビジョンや夢を、含まれています。 一部の人々は、新約聖書の予言の才能は、旧約聖書の贈り物とは異なると言う。 一部の人々は真の預言は、悔い改めのメッセージを今日は含まれていないか、他(ヨナのように)破壊があるものになるとしている。 しかし、また、預言者はそれが起きる前に飢饉を警告し、黙示録があるとされた行為11:27-29を参照してください。 一部の人々は、予言の今日は、しばしば自分自身について奇跡的な知識でタッチし、またはそれらを悔い改めに導く信念を感じる助けるためにそれらに言うためにちょうど何かを知ることによって自分の罪の人を有罪に使用されていると言う。 ので、意見は変わる。 しかし予言に関連する以前の詩に加えて、我々はまた読んでください。

行為2:17-18"'AND ITは、最後の日であるものとする"私は全人類の際MY SPIRITの第4注ぐことを"神は言う、、予言するものとし、あなたの若い男性は夢を見るであろうとあなたの息子およびあなたの娘であり、また、古い男性は夢を見しなければならない。も、私のBONDSLAVES、男性と女性の両方の際、私は当時、MY SPIRITの第4注ぐそして、彼らは預言するものとする"。

NUM 12:06は"彼は言った、"今わたしの言葉を聞く:あなたの中の預言者がある場合は、私、主は、ビジョンで自分が彼に知られてするものとする。 私は夢の中で彼と話すしなければならない。"

アモス3:7"確かに主なる神は彼のしもべである預言者たちに彼の計画を明らかにすることなく何もしません。"

として聖書で使用されている"予言"という言葉は、聖書はそれについて教えていることによって定義される必要があります。 我々は、ちょうど我々はそれがになりたいものに基づいて"預言"という言葉の私達の自身の定義をすることはできません。 それは、聖なる天使たちによって引き起こされる夢やビジョンを、含んでいます。 予言は過去、現在、または将来にすることができます。 それは神からメッセージを取得の問題である、と私は個人的にそれが起こる時、それがどのように見えるか制限されません。 しかし、聖書と比較してメッセージの内容は、、預言は神からかどうかどうかを判断する精神をテストするに検討する必要があります。

予言のための他の聖書の規格があります。

預言者は死ぬ DEUT 18:20-22"しかし、私は彼が話すように、または彼が他の神の名において語るものとなる命じていない私の名前でpresumptuously単語を話すものと預言者、。" "そして、あなたは"どのように我々は主が語られていない単語を知っているもの?"、あなたの心で言うことができる "預言者は主の名前で話しかけると、物が約来るか叶えていない場合、それは主が語られていないものです。 預言者はpresumptuouslyそれを話された。あなたは彼を恐れてはならない"。

DEUT 13:1-5"預言者や夢の夢を見る人は、私たちは後に行ってみよう"、と言って、あなたがたの間で発生するとあなたに記号や不思議を与える、および記号や不思議がtrueになる、彼があなたにスポークに関する場合他の神々 (あなたが知られていない)と私たちはそれらを処理できるように、"あなたがその預言者や夢のその夢想家の言葉に耳を傾けてはならないが、主のためにあなたの神は、あなたの神、主を愛するかどうかを確認することをテストしているすべてあなたの心を持つと、すべての魂を持つ。 "あなたはあなたの神、主と恐怖イエスに従うものとし、あなたが彼の戒めを守るもの、、彼の声に耳を傾ける彼に仕え、彼にしがみつく。 "しかし、彼はエジプトの地からあなたを持ってきて奴隷の家からあなたを換金あなたの神、主に対して反乱を助言しているので、その預言者や夢のその夢想家が、死刑にされなければならない、の道からあなたを誘惑するあなたの神、主は歩くことを命じた。 ですから、あなたがたのうちから悪をパージしなければならない。"

1サム3:19-20は"こうしてサムエルは成長し、主は彼と、彼の言葉のどれもが失敗することができます。 とダンからさえベエルシバまでのすべてのイスラエルは、サムエルが主の預言者として確認されたことを知っていた。"

真の預言者から未来のもののメッセージは、予言の真の贈り物で、預言者が預言として渡すために来る。 予言の真の贈り物との真の預言者の言葉は失敗しません。 予言の真の贈り物と神の真の預言者は、他の神々の礼拝やサービス、期間を奨励しません。

私たちも、偽預言者が潜在的に真なる記号や不思議を持つことができることを学びますが、その預言者は彼が他の神々ではなく、主なる神やイエスキリストの礼拝やサービスを促進するという事実が虚偽であることが知られる。 実際、何人かの人々は聖書がこれを教えているミス、そして唯一の預言者のメッセージが叶うことを修飾する...しかし、時には悪魔や堕天使は(限定的ではあるが)、将来に関する情報を提供し、偽の予言を与えることができます。 何度も将来についての偽預言者のメッセージは部分的にしか、または漠然と渡す来る。 神からのメッセージは、神が与えた、と悔い改めの条件がある場合は、神が彼のメッセージで言ったようにし、また一貫して満たされることを細部に、神が言ったように渡すために来る。

偽の予言はまた時々人が聖書に与えられた十戒、または他の方向に違反することを行うにプッシュされている、苦しめる形をとるだろう、とこれは明確に違反する人をプッシュすることで予言 - 偽を判断する方法です。何の聖書の法律は、罪です。 神は一貫しており、彼は罪に彼の人に聞くか、プッシュされません。

この贈り物を持っていることに聖霊の確認も非常に重要です。 ですから、聖書が予言の才能が最高の2回目証人となることができる洞察力の贈り物に確認されていることを教えるようです。

Ⅰコリント午前14時29分"と二、三人の預言者が話し、そして他の人が判断を渡すことができます。"

ここでギリシャ語で"判断を下す"という用語は、識別分離する、区別することは、"diakrino"(1252)であり、試してみるか、決める。 これは"霊の目の肥えた"の贈り物で午前12時10Ⅰコリントで使用されている"diakrisis"(1253)と同じ語根からです。 だから我々は、実際には誰かが予言した後、その他は預言に関して識別することを聖書で語られている。

だから我々は、キリスト教徒は精神をテストする必要があります。 我々は聖書を知っている、と聖書は霊をテストするどう書かれているか、より多くの我々は識別のために祈る、と近づく私たちは主イエスに描くより、よりよい私達は精神をテストするになります。

人が悪魔や堕天使からの相互作用や攻撃が発生しているのであれば、助ける霊的戦いの方法があります。 と最初のステップは、あなたがどの​​ような方法や、彼らがとる形で、悪魔や堕天使を扱っていることが識別される。

本当に我々は精神的な戦争の途中ですべてなので、"霊的戦い"はこのような呼ばれています。

REV 12:12,17"そのためには、その中に住む人天O、喜びとする。 大地と海、にわざわい悪魔は、彼がほんの短い時間を持っていることを知って、大きな怒りを持って、お客様に下がっているので。"龍がある女性と激怒した、との残りの部分と戦争をするために離れて行ったので神の戒めを守り、イエスの証言に保持彼女の子供、。"

過去2000年間の間に、戦争は積極的にイエスキリストとキリスト教徒に対して、サタン、そしてサタンの下で堕天使と悪魔の間に地球上で繰り広げられている。 クリスチャンは"神の戒めを守り、そしてイエスの証言に保持する"人たちです。 使徒や初期のキリスト教徒は、このような状況だったと理解し、状況を何度も話し、そして精神的な戦いのための命令、そしてどのように最高のクリスチャンとして、状況に対処するを与えた。

堕天使はまた、我々は多くの人々が(とはまだしない)現在の状況を理解していないことを確認ここで、ピーター(ちょうど"天使"と呼ばれる聖なる天使たちと区別される)、からこの次の一節で"栄光のもの"として知られています:

2ペット2:10-12は、"彼は自身の悪、貪欲な欲望に従うと、誰が権威を軽蔑する人には特に難しいです。 これらの人々は震えなどのそれほどなく輝かしいもの嘲笑するにも大胆な、誇りと傲慢です。 しかし、天使たちは、彼らはこれらの偽教師よりもパワーと強さではるかに大きいにもかかわらず、輝かしいものに対して無礼に出話すことはない。 これらの偽教師は、キャッチされるために生まれたと殺されて何も考えていないような動物が、本能の生き物のようです。 彼らは約ので少しを知って恐ろしいパワーで笑い、そして彼らは彼らと一緒に破棄されます。"

"栄光のものは"落ちていることを天使たちは、ジュードが確認されています。

ジュード1:8-10"しかし、彼らの夢から権限を主張これらの偽教師、、ライブ不道徳な生活は、権威に反抗し、輝かしいものの力を一蹴。 しかし、ミカエル、天使たちの最強の一つは、サタンに対する冒涜告発を持参はしなかったが、単に言った、"主叱責を。"(マイケルは、モーセの体について、サタンと議論したときにこれが行われた。)しかし、これらの人々は彼らが理解していないものを冒とく。 動物のように、彼らは彼らの本能がそれを言う何か、そして彼らは自らの破壊をもたらす。"

ここでは"輝かしいものが"サタン、堕天使、そして堕天使のリーダーに直接比較されていることがわかります。

我々は破壊される人たちと同じようにしないように、クリスチャンとして、警告されます。 我々は、"輝かしいもの"、堕天使になる"恐ろしい権力"で笑うことはありません。 我々は彼らに対して失礼に発言するものではありません。 そこでのキーワードは"無礼"です。 しかし、どこにでも闇がある私たちはしばしば外話すのアクションを必要とする光、でそれを公開することです。

それは、我々は"輝かしいものの力嘲笑"ではないことが指摘されている。 我々はまた、一般的に適用できる、"我々は理解していないものを冒とく"ではないはず。

冒涜とは何ですか? GKから"、"自分を神の権利または性質を仮定しての犯罪":ここに辞書からいくつかうまくいけば有用な定義です。 blasphemia blasphemeinから"不敬、スピーチ、中傷、"、"の悪を話すことは。"番目の要素はpheme"発話"です。 それは"悪、中傷、非難、手すり、虐待を話す""全くの猥褻またはprofanities"、セイヤーの我々が得るから、"不遜なまたは不敬な方法で話す"、することです。
しかし、おそらく最も有用な定義は"自分に神の権利や資質を想定しての犯罪"です。 私はまたポールが言った何かを指摘したいと思います。

ギャル午前1時08分、"しかし、我々 、または天から天使が、あなたに私達はあなたに説教をしたものに反して福音を宣べ伝えるした場合でも、彼には呪われたとさせていただきます!"

気づくために一つのことは、マイケルがそれを譴責サタンではなく、彼の場所への主の場所だと思ったということです。 ポールは"彼が呪われるしましょう​​"と言ったが、"私は彼を呪う"、言わなかった。 マイケル、強力な大天使は言った、"主叱責する。"ない"私は非難する。"我々の例です。 私たちは、福音書で説明するように、イエスの名によって悪霊を追い出すことができます。 これは似ている、と私はここでのポイントは、リアリズムと謙虚で、我々は離れてイエスと私たちの神の保護から無力であるの実現、そして我々自身の地球上に存在するこれらの堕天使よりも弱い、との我々が不安になるはず、ことだと思いますこれらの事実の、そして行動し、それに応じて話す。

私たちの力と権威はイエスキリストから、そして父なる神から、そしてイエスの聖霊からではなく、自分自身から来ている。 私たちも、聖大天使ミカエル(強力な天使が)言っていないこと堕天使(この例ではサタン)を扱う際には上記を参照、"私は非難する"のではなく、"主叱責する"と述べた。マイケルは現実的に理解している主神は力を持つものである、と主、イエスキリストはまた、ここで参照され、そしてマイケルは主に呼ばれ、要求され、その主叱責が堕天使尋ねた。 マイケルは、それが彼の場所または譴責サタンに"右"ではない、むしろそれは神の場所と叱責サタンに"右"だったことを理解。 不敬な物言いをする上記の定義を見ると、これは理にかなっている。 それは、クリスチャンが簡単にわずかに無知で、言葉遣いの彼らの選択で行うことができるものですが、それはあなた自身が離れて、​​主イエスキリストの与えられた権限の下であることから叱責堕天使の権利と場所を持つと仮定するクリスチャンとして、不敬です主なる神の父。 そう、マイケルのように、我々は言う必要があります"主イエスキリスト威する。"(特に堕天使の場合)。

We are to follow this principle, that the authority and power belongs to and is given by Jesus Christ, whether it comes to demons or fallen angels. As this passage illustrates the principle, there is a wrong way to do this:

Acts 19:11-16 “God was performing extraordinary miracles by the hands of Paul, so that handkerchiefs or aprons were even carried from his body to the sick, and the diseases left them and the evil spirits went out. But also some of the Jewish exorcists, who went from place to place, attempted to name over those who had the evil spirits the name of the Lord Jesus, saying, “I adjure you by Jesus whom Paul preaches.” Seven sons of one Sceva, a Jewish chief priest, were doing this. And the evil spirit answered and said to them, “I recognize Jesus, and I know about Paul, but who are you?” And the man, in whom was the evil spirit, leaped on them and subdued all of them and overpowered them, so that they fled out of that house naked and wounded.”

We are not to have a spirit of fear, but at the same time we need to be apprehensive of who really has power over fallen angels and demons: it is not us, but the Lord Jesus Christ, and us only through Him. Jesus has given us authority as his disciples, but we need to use it correctly, as given authority, in His name, and as the Bible has instructed us to do.

Luke 10:17-20 “And the seventy returned with joy, saying, “Lord, even the demons are subject to us in Your name.” And He said to them, “I was watching Satan fall from heaven like lightning. “Behold, I have given you authority to tread upon serpents and scorpions, and over all the power of the enemy, and nothing shall injure you. “Nevertheless do not rejoice in this, that the spirits are subject to you, but rejoice that your names are recorded in heaven.”

As such, when it comes to dealing with the enemy spirits of Satan in this spiritual war that is waging all around us, I think it best to follow Jesus' example and Biblical instructions.

But we need to keep in mind that when Jesus rebuked demons and Satan, that Jesus was the Son of God. All of our power over the enemy comes through Jesus. While Jesus said, “Come out of that person”, we are doing so under the authority Jesus has given us, and under His authority, and under the name of Jesus. We have authority over the enemy when we are under the Lord Jesus, under His blood, name, and authority, and what part we can do we do successfully only under the authority and in the name of the Lord Jesus Christ.

There are many examples of Jesus casting out demons throughout the gospels. Jesus also told his followers to cast out demons. This point is also shown in Mark 9:16-29:

“And He asked them, “What are you discussing with them?” And one of the crowd answered Him, “Teacher, I brought You my son, possessed with a spirit which makes him mute; and whenever it seizes him, it dashes him to the ground and he foams at the mouth, and grinds his teeth, and stiffens out. And I told Your disciples to cast it out, and they could not do it.” And He answered them and said, “O unbelieving generation, how long shall I be with you? How long shall I put up with you? Bring him to Me!” And they brought the boy to Him. And when he saw Him, immediately the spirit threw him into a convulsion, and falling to the ground, he began rolling about and foaming at the mouth. And He asked his father, “How long has this been happening to him?” And he said, “From childhood. “And it has often thrown him both into the fire and into the water to destroy him. But if You can do anything, take pity on us and help us!” And Jesus said to him, “'If You can!' All things are possible to him who believes.” Immediately the boy's father cried out and began saying, “I do believe; help my unbelief.” And when Jesus saw that a crowd was rapidly gathering, He rebuked the unclean spirit, saying to it, “You deaf and dumb spirit, I command you, come out of him and do not enter him again.” And after crying out and throwing him into terrible convulsions, it came out; and the boy became so much like a corpse that most of them said, “He is dead!” But Jesus took him by the hand and raised him; and he got up. And when He had come into the house, His disciples began questioning Him privately, “Why could we not cast it out?” And He said to them, “This kind cannot come out by anything but prayer.”

What this shows us is that some evil spirits can only come out with prayer. (This is also something to keep in mind as applicable for some “self-deliverance situations”.) In other words, we must ask the Lord God and the Lord Jesus to make the evil spirit come out, and not enter in again. By saying “The Lord Jesus Christ rebuke you” a person can pray to the Lord Jesus as they say it, pray out loud, and be asking Jesus to make the evil spirit come out and stay out, as they address the evil spirit in Jesus' name. Though some deliverances require much prayer beforehand and during the deliverance than that. Calling out to Jesus, “Jesus!” also is prayer to Jesus.

We read how the apostle Paul would cast out a demon; the correct way to do this is seen in Paul's choice of words:

Acts 16:18 “And she continued doing this for many days. But Paul was greatly annoyed, and turned and said to the spirit, “I command you in the name of Jesus Christ to come out of her!” And it came out at that very moment.”

Where Jesus said to demons, “I command you to come out”, we must recognize we are under Jesus' authority and say “I command you in the name of Jesus Christ to come out.” Where Jesus rebuked a fallen angel, we would say “The Lord Jesus Christ rebuke you.”

Speaking of addressing demons, I find it important to note that Jesus himself did not have much dialog with demons that he was casting out of people. Jesus asked demons their name.

Mark 5:9 “And He was asking him, “What is your name?” And he said to Him, “My name is Legion; for we are many.”

Jesus told demons to be quiet.

Mark 1:25 “And Jesus rebuked him, saying, “Be quiet, and come out of him!”

And most importantly Jesus told demons to come out. As seen above with Paul, the early church closely followed the example that Jesus set. Jesus said,

Mark 16:17-18 “And these signs will accompany those who have believed: in My name they will cast out demons, they will speak with new tongues; they will pick up serpents, and if they drink any deadly poison, it shall not hurt them; they will lay hands on the sick, and they will recover.”

I think there is something noteworthy here, in that we are to cast out demons in Jesus name, but that does not mean we should have lengthy conversations with them or listen to them or take heed of things they say. They are deceivers and liars, and cannot be trusted in anything they say.

When it comes to fallen angels in specific, we are told that Jesus resisted Satan with scripture, and told him to be gone, rebuking him. (Though demons are applicable also.)

Matt 4:1-11 “Then Jesus was led up by the Spirit into the wilderness to be tempted by the devil. And after He had fasted forty days and forty nights, He then became hungry. And the tempter came and said to Him, “If You are the Son of God, command that these stones become bread.” But He answered and said, “It is written, 'MAN SHALL NOT LIVE ON BREAD ALONE, BUT ON EVERY WORD THAT PROCEEDS OUT OF THE MOUTH OF GOD.'” Then the devil took Him into the holy city; and he had Him stand on the pinnacle of the temple, and said to Him, “If You are the Son of God throw Yourself down; for it is written, 'HE WILL GIVE HIS ANGELS CHARGE CONCERNING YOU'; and 'ON their HANDS THEY WILL BEAR YOU UP, LEST YOU STRIKE YOUR FOOT AGAINST A STONE.'” Jesus said to him, “On the other hand, it is written, 'YOU SHALL NOT PUT THE LORD YOUR GOD TO THE TEST.'” Again, the devil took^ Him to a very high mountain, and showed Him all the kingdoms of the world, and their glory; and he said to Him, “All these things will I give You, if You fall down and worship me.” Then Jesus said to him, “Be gone, Satan! For it is written, 'YOU SHALL WORSHIP THE LORD YOUR GOD, AND SERVE HIM ONLY.'” Then the devil left^ Him; and behold, angels came and began to minister to Him.”

We are told in James 4:7 “Submit therefore to God. Resist the devil and he will flee from you.” This applies not only to “the” devil, Satan, but also to the other fallen angels. In Luke 10 Jesus said he has given to his disciples “ authority… over all the power of the enemy” , and this includes demons and fallen angels.

Indeed, we are in a spiritual war, and these are the basic things Christians need to know about spiritual warfare. We in this battle we are told to put on the full armor of God.

Eph 6:10-20 “Finally, be strong in the Lord, and in the strength of His might. Put on the full armor of God, that you may be able to stand firm against the schemes of the devil. For our struggle is not against flesh and blood, but against the rulers, against the powers, against the world forces of this darkness, against the spiritual forces of wickedness in the heavenly places. Therefore, take up the full armor of God, that you may be able to resist in the evil day, and having done everything, to stand firm. Stand firm therefore, HAVING GIRDED YOUR LOINS WITH TRUTH, and HAVING PUT ON THE BREASTPLATE OF RIGHTEOUSNESS, and having shod YOUR FEET WITH THE PREPARATION OF THE GOSPEL OF PEACE; in addition to all, taking up the shield of faith with which you will be able to extinguish all the flaming missiles of the evil one. And take THE HELMET OF SALVATION, and the sword of the Spirit, which is the word of God. With all prayer and petition pray at all times in the Spirit, and with this in view, be on the alert with all perseverance and petition for all the saints, and pray on my behalf, that utterance may be given to me in the opening of my mouth, to make known with boldness the mystery of the gospel, for which I am an ambassador in chains; that in proclaiming it I may speak boldly, as I ought to speak.”

But let us, who are of the day, be sober, putting on the breastplate of faith and love; and for a helmet, the hope of salvation. 1 Thes 5:8

Our spiritual armor includes our loins girded with truth, which is like binding or tying up loose clothes (like a robe) to yourself so you can move with more agility. Don't have loose pieces that hinder you and could trip you up, but hold the truth tight to yourself.

Also, feet shod with the preparation of the Gospel of peace, ready to preach the Gospel of peace, wherever we go, and moving forward with this goal in mind. And we are to be carrying the sword of the spirit, which is the Word of God, the Bible. Just like a real sword, we need to be familiar with our Bible, and practiced in using it. The breastplate of righteousness is actually made out of faith and love. The shield of faith is possibly made of the same material as the breastplate, not just of faith, but also of love. At least it seems them being from the same material would make sense, in a literal analogy.

Why would love and faith be part of a protective breastplate, called the breastplate of righteousness? First off, because we are counted as righteous by faith, and not by works:

But to him who does not work but believes on Him who justifies the ungodly, his faith is accounted for righteousness. Rom 4:5

Second, because the 2 Commandments Jesus gave us, are all about us Loving God and everyone else, and so practicing Love is true righteousness:

And Jesus answered him, The first of all the commandments [is], Hear, O Israel; The Lord our God is one Lord: And thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind, and with all thy strength: this [is] the first commandment. And the second [is] like, [namely] this, Thou shalt love thy neighbour as thyself. There is none other commandment greater than these. Mark 12:29-31

Therefore Love is a very essential and important part of spiritual armor, even the very material out of which the breastplate is made, and perhaps the shield also. And then there is also the Helmet of Salvation, and more insight is given here:

Remembering before our God and Father your work of faith and labor of love and steadfastness of hope in our Lord Jesus Christ. 1 Thes 1:3

In hope of eternal life, which God, that cannot lie, promised before the world began… Which he shed on us abundantly through Jesus Christ our Saviour; That being justified by his grace, we should be made heirs according to the hope of eternal life. Titus 1:2,3:6-7

Faith, Hope, and Love are pictured together here. Faith and Love are both described in practice, through work and labor. But Hope is described in practice through endurance or faithfulness, in hope in Jesus Christ and eternal salvation in Him. It seems likely that the Helmet of salvation is made in particular out of the Hope of eternal salvation in Jesus Christ. In this it is clear that having Hope of salvation is important, and the endurance to continue in hope. So the helmet of salvation seems to indicate keeping an eternal perspective, fixed on the hope of eternal life in Jesus Christ. And it is also important in spiritual warfare, in battle, to strengthen Hope by protecting and surrounding it with Love, so it is impenetrable to fear, as “perfect love cast out fear” (1 Jn 4:18).

Keeping all this in mind, research into spiritual attacks on people has shown that there are 3 main causes for spiritual attacks. This summary of these findings is from CE4Research.com, of the CE4 Research Group, Christians who have worked with hundreds of cases of “alien abduction” experiences, and found that they stop in the name and authority of Jesus Christ.

“1. You asked for it. Some people actually ask to have the experience to know what is like or about. Be careful what you ask for.

2。 You unknowingly open a door to the realm of this experience. Some people unknowingly opened a door for the experience, by being involved in New Age or Occult activities. When you engage in the unknown things outside of GOD the Creator and His WORD you make yourself vulnerable to these entities. We have found this reason to be the most often found root cause.

3。 You are part of a generational cycle or generational curse. When asked about the experiencer's parents or early family life, we found that the opening had come from one or more of the parents. It IS important how you raise your children. When there is a GODLY covering over the family by the head of the household, the family is protected. But if there is No GODLY covering, the family is open to these types of unnatural experiences.”
-The CE4 Research Group http://www.alienresistance.org/ce43causes.htm

If there are spiritual attacks ongoing, then the solution is to deal with the 3 potential causes above. There can be more than one reason. Any of these can open a door to allow evil spiritual entities into a person's life, and give them spiritual legal authority grounds to harass or attack a person. But the solution for all 3 is prayerful repentance to God, whether for your sins and involvement, or for the sins or involvement of your ancestors. A person has to get whatever sin or occult involvement or false beliefs out of their life completely, and replace these things with the things of God. This also builds up the spiritual armor of God. In this a person is drawing near to God, and resisting the devil, so he will flee. And spiritual attacks can be stopped, not only once but as a life pattern, by drawing near to God and resisting/rebuking these entities in the name and authority of Jesus Christ.

Please see the resources below for more educational information and testimonies to study on this topic, which is so essential for the church, of spiritual warfare and deliverance ministry. Much more detailed practical information can be found here:

http://www.bible-knowledge.com/spiritual-warfare/
and also here: http://www.alienresistance.org/m akeitstop.htm

The Bible teaches spiritual warfare, which is meant for all Christians. We do not have to go anywhere to be on the front lines, and we do not need to provoke to start the violence of this war, for Satan has gone off to make war against us. The violence is all around us, and we are on the front lines in one way or form or another. This war is raging on around us, and against each of us, all the time. We were born into a spiritual warzone. And our effectiveness as Christians in reaching the lost, as the church, is in many ways dependent on our effectiveness in becoming spiritual warriors whom practice Biblical spiritual warfare under our Savior and King, Jesus Christ.