This page has been translated from English

旧約聖書と新約のアビスの調査

旧約聖書と新約のアビスの調査

私は聖書に記載されているアビスを見て覚えて初めて男の悪魔がアビスにそれらを送信しないようにイエスを懇願ルーク8時31分にあった。

"そして彼らはアビスに入るためにそれらを命じないことと繰り返し彼を懇願した。"

これは本当に私の好奇心をそそったので、私はそれ以来、この場所にいくつかの研究を行っている。 ちょうどルークからいくつかのことはアビスについて知ることができる。 一つは、悪霊が彼らがそこに送られるかもしれないと恐れている、というようにもそれは場所の精神であることを理論的に送信される可能性があることです。 悪魔がリアルタイムリテラル可能性にある送信されて考慮に見えたので、アビスは2000年前に存在していた実数リテラルの場所、のようだ、と前に少なくともしばらくの間、およびその一般的には依然として存在すると仮定することができます今。

新約聖書ではギリシャ語のこの単語は"abyssos"(ストロングの12)であり、新約聖書の他の8回使用されています。 これらの時間のほとんどは、黙示録には次のとおりです。

リビジョン9時01分"と五の天使が聞こえた、と私は地球かれらの天国から星の落下を見た:そして彼にアビス(12)ピット(5421)のキーを与えられた。"

リビジョン9時02"そして彼はアビス(12)ピット(5421)を開設、そして偉大な炉の煙のように、ピットから煙(5421)をそこに生じた、と太陽と空気の理由で暗くされたピットの煙(5421)。"

REV 9:11"そして、彼らは、その中に名前、ヘブライ語の舌でアバドン(3)であるアビス(12)、の天使の王を持っていたが、ギリシャ語で彼の名前の底なし穴の天使を、かれら。"

リビジョン11時07分"そして彼らは彼らの証言が終了していなければならない時、アビスからascendeth(12)獣はそれらに対して戦争を行うものとし、それらを克服するものとし、それらを殺す。"

REV 17:08"汝sawestだったこと獣、とはではない;とアビス(12)から登って、そして破滅に入るもの:と地に住む彼らは、不思議に思うものと、名前の本に書かれていなかった彼らがいた、とではない、とまだある獣を見よ世界の基礎から、生命の。"

回転20:1-3"そして、私はアビスの鍵(12)と彼の手に大きな鎖を持って、天から降りてくる天使を見た。 そして彼は悪魔である竜、あの古い蛇、、とサタンのホールドを築いた、と彼に千年を結合しており、アビス(12)に彼をキャスト、そして彼を停止し、彼にシールを設定し、その彼は千年が満たされるべきまで、これ以上国民を欺いてはなりません:と、その後、彼は少しシーズンをloosedする必要があります"。

アビスに下降するものと ROM 10時07分"または、? (12)(つまり、死んでから再びキリストを起動する。)"

これらの通路から我々はアビスについて学ぶことができる多くがある。 "ピット"(ストロング5421)のための単語"phrearは"いくつかの場所でアビスと同義語として記述的に使用されます。 単語"phrearは、"新約聖書で7回使用され、当時のすべての"ピット"または"よく"と訳されている。 のように、"ロバはピットに落ちた"または"よく非常に深いです"。 このことから、我々はアビスがよくまたは地球の下方に位置するピットのようであることを収集することができます。

これらの聖句からの啓示で私たちも学ぶことができます。

1。 アビスは、それがいつの日かそこに1000年のためのチェーンにバインドされる堕天使サタン、のための刑務所として使用されるように、堕落した天使たちのための刑務所として使用することができます。
2。 アビスは再びシャットダウンロックすることができます刑務所のようなものとアビスに参照する、アビスを開いたり、シャットダウンする黙示録に2回使用されるキーを持っています。
3。 名前アバドンであるアビスの天使がある。
4。 アビスは、地球上に下に位置し、そして再び、アビスは"獣"として、地球内部の地球の表面、下、下向きに配置するように思われているアビスから"上昇"と言われています。

のでアビスは堕天使が地球の内部ダウン、チェーンで投獄することができる場所です。 この機能の説明と一致する場所に参照するように見える新約聖書のいくつかの他の節があります。

"そして、彼らの最初の不動産ではない維持、しかし、自分の居住地を離れ天使、彼は偉大な一日の判決かれらの闇の下に永遠の鎖に予約かれら。 ソドムとGomorrha、とのような方法でそれらについての都市、姦淫に身を上に与え、そして奇妙な肉の後に行くが、永遠の火の復讐を苦しんで、例えば、記載されても。"ジュード1:6-7は、

そして、古い世界ではない脇に置いて、しかし、ノアの第八を保存[人、"神は罪を犯している天使ではない脇に置いて、しかしダウンタルタロスへのキャストは、[その]、および[それらの]判断わたし予約する闇の鎖、へ配信された場合について]、正義の説教者、不信心なの世界に洪水を持って来ること、そして打倒に] [それらを非難し灰にソドムとGomorrhaの都市を回し、それらの後には、不敬虔な生活すべきものがた] ensample [を作る。 "2ペット2:4-6

ジュードとピーター両方は堕天使が投獄されている場所への参照を行います。 ピーターは、ここで"タルタロスにダウンキャストする"という意味の"tartarooを"(ストロング5020)動詞を使用しています。 ピーターは、実際にこれらの堕落した天使のようなギリシャ神話に準拠した"タルタロス"になっていることを示すものではないが、神がダウンしてそこに堕天使をキャストするという、"タルタロスにダウンキャスト"の動詞を使用しています。 しかし、ウィキペディアはそれは、ピット深さ、暗い場所だ"、ギリシャ神話ではタルタロスのだ、またはダンジョンとして使用されて奈落の底...ギリシャ神話では、タルタロスはすべてではない多くの...神と暗黒の場所でもありますが、タイタンから、タルタロスに投げ込まれた。 クロノスはタルタロスに投獄された。 他の神々も同様に、タルタロスを宣告される可能性が...クロノス、タイタンの支配者は、彼の子供でタルタロスのピットにスローダウンした。"[1]

タルタロスは、"神々が"(聖書として時々天使"神々"、小文字の- gを呼び出す)投獄することができるピットというのアビスの説明、および刑務所やダンジョンを、一致する。 [2]として、2ペテロの"罪を犯したが、タルタロスにそれらをダウンキャストすること天使"によって記述されるような行動は、Rev 20、そしてアビスとタルタロスは同義語である用語"[サタン]アビスに彼をキャスト"と同義です。

ジュードによると、アビスにダウンキャストされた堕天使はまた、"独自のドメインを維持できない"と訳されている彼等の最初の不動産を、保持しないことで罪を犯したものです。 使用されている年代順であることがあるようなのでこれが、起こったときのタイミングで2:5-6小屋ライト2ペット。 最初は自分のドメイン、第二洪水、そして破壊のofSodom三分の一を維持していない天使を犯していた。 ジュードは、独自のドメインと性的罪のofSodomandGomorrahを保持しないことで罪を犯した天使たちの間で比較を行います。 そしてそのことによって罪を犯した天使たち"姦淫して自分自身を上に与え、奇妙な肉の後に行く"ofSodom人と比較される"独自のドメインを維持できないが、彼らの適切な住居を放棄"。 これらの天使たちは、洪水の前にそれがあるものの権利を犯した、と罪の奇妙な肉の後に行くの、自然の中で性的いる時に完全にこのポイント。 そしてこれは我々が"神の息子が"天使であることを理解し、ゲン6:1-4を見れば私たちが見つけるとまったく同じです。

"そして、それは男性が、地球の顔に掛けるようになったときに、渡すために来て、娘は神の息子は、彼らが[あった]という公正な人の娘を見たことを、かれらに誕生した、と彼らはそれらにすべての妻を取ったその彼らが選んだ。 そして主は私の精神は、常に人で努力してはならない、だ、そのために彼はまた、肉[です]:まだ彼の日には百二十年とする。 そこに地球の巨人は、当時にあったともその後、神の息子は、男性の娘わたしに来たとき、彼らは裸[子供]、それらに、同じ[なった] [いた]勇士古い、男性のは、名声。"ゲン6:1-4

そしてそれは、天のすみかを残して地上に降りて来て、そして人間の妻を撮影し、アビスでは、この罪のために神によって投獄されたそれらの子供を、持っていることによって洪水の前に罪創世記6に記載されているこれらの堕天使です。 (またはタルタロス)。

アビス、そしてそれはローマ人10で使用される単語"abyssos"にさかのぼる。

"しかし、この賢明に信仰のspeakethである正義は、天に登るものザイン心、ではないと述べているか アビスに下降するものと誰が (つまり、上からキリストをダウンさせる)または、? (死んでから再びキリストを起動する、つまり 。)" -ローマ10:6-7

創世記6の堕天使がアビスで投獄されていることを知って、この通路は1で参照される交差ことは意味がある、です   ピーター3。

"キリストのためにも一度、彼は神に私達にもたらすかもしれない、単に不当な、罪のために苦しんでかれら肉で死刑にされているが、聖霊によって速めた: これでも、彼が行って、刑務所での精神がたに説教;。いつか箱舟は、8魂が水によって保存された、つまり、いくつかの特徴と、 準備していた間、神の一回longsufferingは、ノアの日に待って不従順、"1ペット3:18-20 れた

ピーターは、ある時点で、イエスは、以下のアビスへの訪問イエスイエスと上記の天の存在"を対比する、このためにアビス、これらの"刑務所の精神"、そしてローマ人10の参考文献でこれらの投獄堕天使に説教するために行ったことがわかります。 ローマ人はまたアビスで投獄されて天使が堕天使として彼らは不滅であっても、投獄されながら、"死んだ"とみなされることを示し、ここで"死者"として翻訳された単語のように、形容詞"nekrosは""霊的に死んで"意味することができます、または、1つは"動作不能、非アクティブ、力やパワーの極貧"であることを意味。 これは、黙示録20が説明されているように1000年のためにアビスで投獄されながら、サタンが非アクティブであることに沿ったものです。 それはギリシャ語の"phylake"(ストロング5438)はアビスへの参照で、"刑務所"として1ペット3、リビジョン20の両方で使用されていることにも留意すべきである。

イエスはアビスを訪問し、そこに投獄さ堕天使に話したときのタイミングとしては、それはイエスの復活後、天国への彼の上昇の前にだったようです。 同イベントは、地球の内部にあるアビスの場所を示すエペソ4:8-10、で参照されるようだ。
"かれは何のために、彼が高い上に即位すると、彼は捕らわれの捕虜を率いて、男性、かれの贈り物を与えた。 (今彼が昇っていること、それは彼がまた地球の下の部分に最初に降りていることが何ですか降りた彼は昇天までずっとすべての天の上に、その彼がすべてのものを埋める可能性があることも同じです。)"

ただアビスへの新約聖書の参照を見てそれはアビスについての多くの情報を収集することが可能です。 しかし、ヘブライ語でアビスに旧約聖書も参照。 それを参照してヘブライ語のどの単語または語句を知るために必要なことであるヘブライ語でアビスに旧約聖書の参照を参照してくださいに。

黙示録20では、それはサタンがアビスにダウンキャストされることを預言されています。
"そして彼は悪魔である竜、あの古い蛇、、とサタンのホールドを築いた、と彼に千年をバインドし、そしてアビスに彼をキャスト"。

この予言は、イザヤ書14にサタンが並列接続されています。
Isa 14:15,19 [3] "しかし、汝は、 ピットの側面に、地獄にダウン状態に...しかし、憎むべき枝のよう汝の墓から追い出さなた、[とと]さなた行く剣を持つを通じて推力を殺されているものの衣服を、、ダウンピットの石に、足の下で踏まれた枝肉として"伊佐14:15,19 [3]。

"ピット"のためここで単語"bowr"(ストロングの953)であり、それは"ピット、よく、水槽を"を意味する。 ため、ISA 14の予言の文脈から、アビスのサタンの懲役刑を、我々は時々ヘブライ語でこの単語"bowrが"アビスを参照するために使用されていることを知ることができます。 何度もこの単語も一般的な意味でも、ピット、またはダンジョンを参照するために使用されていますが、それはまた、いくつかの他の詩でアビスを参照しているようだ。 最も顕著な例は、エゼキエル書31になります。 以下の節では単語"アビス"は"bowr"という言葉に置き換えている。

エズ31:3-16"見よ、アッシリアフェア支店を持つ、とシャドウイングシュラウド付き、高身長のレバノンの杉[だった];と彼のトップは太い枝の間でした。 水は彼の植物についてのラウンドを実行している彼女の川と高いに彼をセットアップ深く、偉大な彼を作り、フィールドのすべての木がたに彼女の小さな河川を送った。 したがって、彼の高さは、フィールドのすべての木の上高貴であり、そして彼の枝を乗じて、彼が前後に撮影したとき、彼の枝は、ため水の多数の長期となった。 天のすべての鳥が彼の枝で巣を作り、彼の枝の下のフィールドのすべての獣は、それらの若者を生み出すか、そして彼の影の下にあるすべての偉大な国に住んだ。 従って彼は彼の枝の長さで、彼の偉大さに公正だった:彼のルートは、偉大な海になったため。 神の庭の杉は彼を隠すことができなかった。モミの木が彼の枝のようではなかった、と栗の木が彼の枝のようなものではなかった。また、神の庭内の任意のツリーは、彼の美しさの中で彼かれのようだった。 私は彼の枝の多数で彼はフェア行ってきた:[はあった] エデンのすべての木々 、神の庭では、彼をうらやましがられるように。 したがって、このように言う主なる神、汝のhastは高さに自分自身を持ち上げ、そして彼は太い枝の間で彼の上を撮影かれ、そして彼の心は彼の高さに持ち上げられているので、それゆえ、私は巨大な一つの手に彼を提供してきました異教徒の、彼はきっと彼に対処しなければならない:私は彼の邪悪のために彼を追い出されている。 と見知らぬ人、国の恐ろしいが、彼 ​​を切断している、と彼を残している:山際、すべての谷で彼の枝が落ちている、と彼の枝は、土地のすべての河川で分解され、そしてすべての人々の地球は自分の影からダウンしている、と彼を残している。 彼の破滅は、天のすべての鶏が残っているものに応じて、およびフィールドのすべての獣は彼の枝になるもの:最後に水ですべての木のどれもが自分の身長のために自分を賛美しない、どちらの間で彼らの上を撮影する太い枝、どちらもそれらの木々は、彼らの高さにすべてのその飲料水をスタンドアップ:これらはすべて人の子の中で、地球の地獄の部分に、死に至るまで配信されますため、彼らとアビスに下がること。 このように言う主なる神、彼は墓にダウン状態になった日で、私は嘆きの原因:私は彼のために深いをカバーし、私はその洪水を抑制し、偉大な水が滞在した:そして私はレバノンが彼のために追悼する原因、およびフィールドのすべての木々は彼のために気絶してしまった。 私は奈落の底に降りて一緒に地獄に彼をダウンキャストするとき、国家は彼の秋の音に振るために作った:とエデン、レバノンの選択と最高の、すべてのその飲料水、のすべての木々が慰めするものとする地球の地下の部分で。"

エゼキエルのこの一節は、象徴的画像で、多くの枝や葉を持っていた偉大な巨大な杉の木だった"アッシリア"の、そして偉大な高さの他の木々を語る。 このアッシリアの木はエデン、神の庭、そしてこの場所でエデンが破壊される前に、洪水前に起きたことが物語の他の木々、で羨ましいと言われています。 また、具体的に言及偉大な海と深い(世代午前8時02分を"深いの噴水が停止された")抑制されての洪水である。 ここで一般的な画像はこの木が洪水で破壊されたということです、そしてそれだけでなく、彼が深く、この洪水の時に、地球の地獄の部分に、ダウンアビスへ行く、とせざ​​るを得なかったこと以上覆われており、深い下のアビスれました。 (深い深い海洋や水域を指します)。 エデンの言及と大洪水、そして"死に至るまで提供さ...人の子の中で"されているすべての人は、ノアの時代の大洪水を指すように思われる。 古代に多くの文化は、神々として木々を崇拝するか、木は神が含まれていると考えられていた。 [4]聖書は時々"神"としての天使を指す、とここでエゼキエルのようなそれは、アッシリアの木と他の木が象徴的に天使を表して言及しているかもしれません。 それは、アッシリアの木と彼のすべての派生は、創世記6の神の子を参照するように思えます。 木々が彼らの偉大な高さで知られていたことは、疎創世記6レコードとして背の高い巨人を望みのした堕天使にも関する。 エゼキエル書31この一節は、ノアの洪水の時に、地球の地獄の部分の内部に、奈落の底に創世記6の堕天使の懲役の記録その聖書の主要な場所かもしれません。

土地下の地下水だった"オープン深いバーストの噴水"(ジェン7時11)、これでノアの時代の洪水は、世界的なイベントをされているために聖書に記録されます。 山が覆われて、そして地球は激変の変化を経ていた。 それは、地下の石油や石炭のようなものがその後死亡死んだ植物と動物の生活の膨大な量から形成されたと考えられる。 それは無秩序に土地と海を混合し、回転破壊的な暴力的な世界的な洪水によってよく説明されている高い山々の上に水生化石、のような地質学の多くの奇妙なことが、あることが指摘されています。 表面上にあった多くの植物は地下行き、オイルになり、そして海にあったものは山の頂上に今いる。 それがどれだけ暴力と世界を変える用のアカウントが洪水が本当にあったなら、神は、洪水時の地球の内部に深く裂け目の内側に堕天使を投獄していることは想像に難くない。 [5]

単語"bowrを"使用する別の詩には、アビスの刑務所の構造でヒンティングするようです。

ラム3:53-55は、"彼らはダンジョンで私の人生を切断している("bowr"アビス)、そしてわたしの上に石を投げる。 ウォーターズは、私の頭の上に流れた、その後、私は言った、私が切断しています。 私は外に低いダンジョンの汝の名は、O LORD、("bowr"アビス)に呼びかけ。"

ここで画像は、深い穴に井戸や貯水槽の誰かを投げ、それを密封するように石でそれらをカバーするものです。 その後、雨水は貯水タンクに入るが、石の上に流れはない。 一般的な考え方は、その上に深い岩で覆わ穴、、そして水です。 貯水槽は、しばしばそれらの時の人々を投獄するために使われていたのでための言葉"ピットは、よく、貯水タンクは"そう頻繁にも"刑務所やダンジョン"を意味する理由は、例えばエレミヤはそのような地下牢に監禁されては、エレミヤ37です。 [6]比較的、アビスは地球や岩石で覆われた大地、、、これの上に、深層水(または海)内部の深い穴のようです。

エゼキエルは、ヘブライ語の単語"bowr"を使用してアビス他のいくつかの回に言及している。

このように言う主なる神のエズ26:19-20"、私は、なた生息していない都市のような荒涼とした都市、しなければならないとき、私は、なたに深いを起動するもの、そして偉大な海がtheeをカバーするものとするとき、どのような場合ダウンthouのないようアビスへ行くその彼らと、古いの荒涼とした場所で、昔の人々と、アビスに降りて、そして地球の低い部分でtheeを設定しなければならないことは、彼らと汝をダウンさせるもの住んで、そして私は生活の土地で栄光を設定しなければならない"。

ここでアビスと"昔の人"の両方が記載されて、そしてアビスは再び地球の低い部分にあると説明されています。 "昔の荒涼とした場所が"今廃墟に地球の内部に置かれていることここでいくつかのヒントがあります。 再び、それは世界的に洪水時に破壊されたプレ洪水の都市の遺跡が地球に深くダウン埋もれなったことは、かなり可能です。

地球の地下の部分がたエズ32:18、23-25、29-30"男の息子、エジプトの多くのために嘆き、そしてそれらをダウンキャストし、[偶数]彼女の、そして有名な国の娘、、殺害されたそれらのすべて、生活の土地でテロを起こした剣によって倒れた。 アビス ... 誰の墓アビスの両側に設定されている、と彼女の会社は彼女の墓についてのラウンドであるにダウンして彼らと ダウンの生活の土地で、その恐怖の原因となった地球の地下の部分に割礼を受けなくなっている剣によって倒れたエラムと彼女の墓についてのすべての彼女の多数のラウンド、殺害されたそれらのすべて、そこに[である]; まだ持っている彼らは、アビスに下りて彼らと彼らの恥を負担彼らはすべての彼女の多数で殺されたの真っ只中に彼女のベッドを設定している:。割礼を受け、それらのすべて、剣によって殺さ::しかし彼女の墓の彼についてのラウンド[は]その恐怖は、まだ彼らはアビスに下る彼らと彼らの恥を負担している、生活の土地で引き起こされた彼は殺された[されているそれら]の真っ只中に置かれている...あるエドム、彼女の王、および[です]彼らの全力でによって置かれているすべての彼女の王子、[そのようにされた]剣によって殺害された:彼らは割礼を受けていない、と彼らとダウンアビスに行くことになければならない。 北の王子、それらのすべて、そして殺害されたとダウンしてされているすべてのZidonians、そこに[なる];それらの恐怖に、彼らは彼らの全力の恥じであり、そして、彼らは[なると彼ら]に割礼を受けていない潜むによって殺された剣、そしてアビスまで行くことを彼らと彼らの恥を負担する。"

この一節ではアビスが墓地に墓を持っている可能性がどのように似て、その辺の墓を、持っていることが明らかにされる。 そこにアビスの墓であるが、この通路はアビスがアビスがその周りに墓を持つことができる場合であっても、"墓"ではないことを示している可能性があります。 また、この通路はアビスにいる人々に関連付けられて恥があることを示して、そして彼らは恥を負担すること、そして再びアビスは地球の下の部分に配置されていることを確認します。

別の通路は、イザヤ書に含まれています
"そして、それは主が高い上に[は]高いもののホスト、および地上の地の王たちを罰するもの[こと]、その日に渡すことを来る。 そしてそれらが一緒に収集されなければならない、[として]囚人は時、アビス、(そして刑務所送りにシャットダウンされるものとし、多くの日後に彼らが訪問するものとする。)それから月が混同されるものとし、恥じて太陽の下でまとめられています軍の主はシオンの山に君臨し、エルサレムで、そして見事に彼の古代人の前にしなければならない。"- ISA 24:21-23には、

イザヤは、アビスのものは、刑務所で、多くの日後に訪問されることを、ほぼ接線として、このendtimes予言で予言した。 これは、イエスが私達が既に説明したように、そこに投獄され堕天使に話すようにアビスに降下するときに参照するようです。

他の通路は、ポイントを説明するために、またはそれ以上の詩的に、渡すことでアビスで投獄堕天使の物語のヒントに思われる。

敵の詩篇143:3-7は、"私の魂を迫害かれ、彼は地面に自分の人生をダウン打たかれ、彼はかれらを私はだいぶ前に亡くなっているものとして、暗闇の中で住むに加えた。 従って私の精神は、私の中で圧倒され、私の中の私の心は荒れ果てています。 私は昔の日を覚えて、私はすべてのなたの作品について熟考する、汝の手の仕事で私はミューズ。 私は、なたを私の手を差し出す:私の魂[thirsteth]なたの後に、のどが渇いて土地として。 Selah。 、私にO主をスピーディに聞く:私の精神のfaileth:私は奈落の底に降りることがかれらのようになるないよう、私から汝のない顔を隠す"。

これは神がアビスにダウン状態になった人たちから顔を隠したことを示しています。 緩くそれをアビスのものが長い"死んだ"だったことを暗示し、暗闇にあり、"昔の時代は"具体的に言及されています。 この一節は、決定的な何よりも投獄された堕天使の物語のヒントの詳細です。

箴言1:11-12"彼らが言う場合、私達と来ては、私たちは血液を待つレイせ、私たちは理由なく無実のためにひそかに潜むてみましょう:私たちは墓として生きているが、それらを飲み込むしよう、と全体、ダウンしているものとして奈落の底に"

これはアビスにダウンした人は全体のダウン状態になったことを意味します。 "全体"のためのここでの単語は、完全または全体を意味し、これは洪水の前に罪を犯した堕天使のグループ全体を保持しているアビスに参照することがあります。

cannot hope for thy truth.”アイザ38:18" については、なたを賞賛することはできない、 死は、なたを祝う[しない]ができます:彼らは奈落の底に下るは、なたの真実を期待することはできません。"

この詩は、彼らは時々一緒に関連付けられているにもかかわらず、墓(冥土)、死、そしてアビスが同じものを参照されていないことをこれらの3つの別々の用語を示します。

詩篇88:4-8、9月12日"私は奈落の底に降りること一緒にカウントしています:私は[かれら]のマニュアルとして午前のない強さ:殺されたような、死人の中フリーその墓の嘘、誰なたはこれ以上rememberestない:そして彼らは、なたの手から切り離されている。 汝はディープスで、暗闇の中で、最も低いアビスに私を置いたなた。 わたしの上にハード汝の怒りlieth、となたはあなたのすべての波で[私]を苦しめなた。 Selah。 [私は]黙って、そして私が出て来ることができない...鉱 ​​山の目のmourneth苦悩の理由による::主は、私がなた毎日呼ばれている、私は汝になたかれら醜態私を作った、汝ははるかに私から離れて私の知人を置くなたなたを私の手を伸ばしている。 死者になた供えの不思議? 死んで発生するもの[と]賞賛のなたの? Selah。 汝のlovingkindnessは墓の中で宣言されなければならない? [または]破壊なたの貞節? 汝の驚異は、暗所で知られなければならない? 忘れっぽさの土地で、なたの正義?"

この一節は、アビスは深い海の深さを指す"ディープス"の暗い場所として理解さを示しています。 参照波に悩まされている、と黙っていると出てくることができません。 これは、ヘブライ語の単語"bowr"でアビスを参照すると思われる最後の主要な通路である。 しかし、詩篇88でここにも興味深いことは、"汝のlovingkindnessが墓で宣言されるものと、"破壊"と呼ばれる場所で"墓"のパラレルです? [または]破壊なたの貞節?アイザ38:18に記載された"墓"と"アビス"この並列は、はるかにどのように両方のようなものです"。 場所"破壊"のためここで単語"abaddown"、またはアバドンなので、これは注目に値する。 これは、最も密接に黙示録に記載されている、アバドン、"アビスの天使"の名前と一致するヘブライ語の単語です。

REV 9:11"そして、彼らはそれらの上に王を持っていた、[これは]名ヘブライ語でアバドンとは】アビス、、しかしギリシャ語で[彼の]名前のアポリオンをかれらの天使。"

ギリシャ語の単語アバドンは"アバドン"(ストロングの3)であり、それは"、、破壊の場所を破壊して台無しに"、を意味する。 これはのみの新約聖書ではここで使用されますが、それは、"破壊の場所、破壊、台無し、アバドン"を意味するヘブライ語"abaddown"(ストロングの11)から来ています。

詩篇88のほかに、この単語"abaddownは"旧約聖書では他の5回使用されています。 ために方法のための"墓"と"アビス"、そして"墓"と場所"破壊"、との間で​​伊佐38と詩篇88に見られる類似のアビス/"bowr"と破壊/"アバドン"これらの言葉は詩篇88に使用される、と理由リビジョン9に見られるようにアビスへの単語"abbadown /アバドン"の関連の方法に基づいて、同義語である可能性があります、それは"abaddownは"別の同義語であることを理由に立っているヘブライ語でその深淵への参照。 そう"abaddownが"使用されている他のインスタンスが5を見てみましょう。

"死んで震え、海の下でそれら、およびそれらに生息するもの。 シェオルは神の前に裸、および破壊(abaddown)はカバーがない。"ジョブ26:5-6 [です]

男性はできないが、この最初のインスタンスでは墓(冥土)と破壊(アバドン)は、神が障害物なしに見ることができますどちらも二つの異なる場所、として並列されているようだ。 また、言及深層水で覆われると言われているアビスのもの、を参照できる"水の下にそれらの、震える"誰が"死んだ"です。 文脈上の手がかりに基づいて、それは場所"破壊"や"Abaddownは"深淵のための別のシノニムである可能性が見えるではありません。

私の心は女性に誘われている場合、または私は私の隣人のドアでlurkedしている場合は、ジョブ31:9-12"、そして私の妻が別のために挽くことができます、そして、他の人が彼女の上空でお辞儀をしましょう。 そのためには、邪悪である;はい、それはそれはアバドン/破壊するために消費する火災となるため、判決に値する罪になる、とすべて私の増加を一掃するだろう"。

この道の仕事で性的不道徳は判決に値する犯罪、破壊/アバドンと呼ばれる場所に消費し、一人が持っていたすべてを失わせ判断として述べている。 これは非常に一般的に創世記6、洪水の破壊をもたらす判決、判決に値する性的不道徳の堕天使をテーマに保持し、そしてそれらは、彼らが持っていたすべてを失って、アビスで投獄されている。 仕事が長期アバドン/破壊とアビスを参照していることを示すことがここでパラレルがあります。

(前述の火災については、それは破壊/アバドンに消費する火災がアビスに分解消費する火を意味している可能性があります。DEUT 32:21-22は、預言、神がこれを行うに言及、地球のようにいつか火によって破壊される"彼らは神ではない[であること]と嫉妬する私を移動している、彼らは彼らの洗面化粧台との怒りに私を挑発している:私は人々ではない[であるもの]と嫉妬に移動されます、私は怒りにそれらを引き起こすだろう愚かな国で。火事は私の怒りに火を付けたされており、 最も低い地獄がたに焼いてはならない、と彼女の増加に伴って地球を消費するものとし、火災の山々の基盤を設定してください。")

から仕事28:20-24には"、そして、知恵は来るのでしょうか? と理解の場所はどこですか? それはすべての生き物の目から隠され、空の鳥から隠されている。 アバドンと死は、神がそれへの道を理解する""我々は我々の耳でそれの噂を聞いたことがある"、と彼はその場所を知っている、と言う。 彼は地球の端に見え、天の下すべてを見るために。"

この一節は、再び"理解の場が"男性と鳥のビューから隠されている間、神は、天の下のすべての場所を見ることができるという点を強調している。 ここでアバドンと死を話す、と耳を持っている象徴、と彼らは知恵と理解はどこから来る場所の噂を聞いたことがあると言うされています。 Jobが既にアバドン(破壊)が隠し覆わ場所だったことが確立として、ここでのポイントはそこにも、それらの、堕天使は、唯一の知恵から来て理解の場所の噂を聞いたことがある可能性があります。 全体的には、隠蔽または非隠蔽の実行をテーマに、詩的であり、そしてアバドン/破壊と呼ばれる場所に言及しているように見えますが、この場所は擬人化されています。 ここでの意味は、それの噂を聞いて、その死(時には悪魔、ヘブル2時14に関連付けられている)と破壊(他の堕天使の擬人化?)理解や知恵を持っていない可能性があります。

神の同じテーマでも冥土とアバドン/破壊も箴午後03時11分に発見された場所に見ることができる、
"墓/冥土と破壊/アバドンは主の前にいるのですかどのくらい多くして人の子らの心"

Abaddownは箴27:20に最終的な時間を使わされ、"冥土とアバドンは、人間の目の役割を満足することはない、と満足されることはありません。"シェオルとアバドンの両方がこの通路に擬人化され、飽き飽きしていませんか満たされていることとして。 The grave, Sheol, is never satisfied because people are always dying. If Destruction/Abaddon is the same place as the Abyss, a prison for fallen angels rarely opened or shut in the Bible, then it may be that the personification here refers to the fallen angels of Genesis 6 imprisoned in the Abyss, who were not satisfied with what they had and wanted more, or to the “angel of the Abyss” named Abaddon. Between this and the personification of Destruction/Abaddon in Job, it seems that Bible in the Old Testament does somewhat point to Abaddon both being a place and also an individual (as Abaddon is mentioned as an individual in Rev 9).

Let's look at Psalm 88 again, “I am counted with them that go down into the Abyss … Thou hast laid me in the lowest Abyss, in darkness, in the deeps . Thy wrath lieth hard upon me, and thou hast afflicted [me] with all thy waves. Selah. Thou hast put away mine acquaintance far from me; thou hast made me an abomination unto them: [I am] shut up, and I cannot come forth…Wilt thou shew wonders to the dead? shall the dead arise [and] praise thee? Selah. Shall thy lovingkindness be declared in the grave? [or] thy faithfulness in destruction ? (Abaddown?) Shall thy wonders be known in the dark ? and thy righteousness in the land of forgetfulness ?”

Here the Abyss and Destruction/Abaddon as places are compared most closely as synonyms. If this is the case, then it is implied that the place Abaddon is dark, same as is said of the Abyss, and it is a land of forgetfulness or a land of what is forgotten, which matches in Eze 26 the “places desolate of old” said of the Abyss; both descriptions matching those of the Abyss.

So far we have seen that the Greek word Abyss “abyssos” is referenced to as Tartaros with the verb “tartaroo”, the word “phrear” for “pit” is used as a synonym, and also the general descriptive term “phylake” or “prison” was used to refer to the Abyss in the Greek. Comparing Rev 20 and Isa 14, we can see the Hebrew word “bowr” is sometimes used to reference to the Abyss, which means a “pit, well, or cistern”. Likely also “abaddown”, a place of destruction, references to the Abyss, sometimes with personification.

Are there any other Old Testament words that refer to the Abyss? We have seen that words that are used to refer to a “pit, well, cistern, prison” in general can also at times be used to refer to the Abyss, and as such there may be more words that refer to the Abyss. It seems that a noun which refers to a “place of destruction” sometimes seems to be personified to point to “the angel of the Abyss” named Abaddon, and so as such there may be more passages referencing “destruction” that are referring to Abaddon. Sometimes synonymous words used are general descriptive words, and not proper nouns that always mean the same thing.

Another such synonymous word may be in Isa 24:17-23, in which the Hebrew word “pachath” or “pit” (Strong's 6354) is used, which means, “a pit, often used as a figure of destruction”. As we already have covered, the Hebrew word “bowr” for “pit” is used in this passage, seeming to reference to the Abyss, and this may indicate “pachath” for “pit” could be another word that is a synonym for the Abyss.

“Fear, and the pit (“pachath” Abyss?) , and the snare, [are] upon thee, O inhabitant of the earth . And it shall come to pass, [that] he who fleeth from the noise of the fear shall fall into the pit; and he that cometh up out of the midst of the pit (“pachath” Abyss?) shall be taken in the snare : for the windows from on high are open, and the foundations of the earth do shake. The earth is utterly broken down, the earth is clean dissolved, the earth is moved exceedingly. The earth shall reel to and fro like a drunkard, and shall be removed like a cottage; and the transgression thereof shall be heavy upon it; and it shall fall, and not rise again. And it shall come to pass in that day, [that] the LORD shall punish the host of the high ones [that are] on high, and the kings of the earth upon the earth. And they shall be gathered together, [as] prisoners are gathered in the Abyss (bowr) , (and shall be shut up in the prison, and after many days shall they be visited.) Then the moon shall be confounded, and the sun ashamed, when the LORD of hosts shall reign in mount Zion, and in Jerusalem, and before his ancients gloriously.” - Isa 24:17-23

Two different words for “pit” are used here. “Bowr” seems to clearly reference to the Abyss due to a prophetic fulfillment of Jesus visiting the fallen angels imprisoned there. As such it seems reasonable that the other word for pit in this passage “pachath” may also refer to the Abyss and could have some prophetic meaning. This end times passage could refer to those in the Abyss or pit coming out of it, and “he that cometh out of the midst of the pit (Abyss)” being caught in a snare. And so, a reason why “pachath” may be a synonym for the Abyss in this passage is that it seems Paul may be quoting from Isa 24:18 in 2 Thessalonians 2:7.

“And it shall come to pass, [that] he who fleeth from the noise of the fear shall fall into the pit; and he that cometh up out of the midst of the pit shall be taken in the snare: for the windows from on high are open, and the foundations of the earth do shake.” -Isa 24:18

In Hebrew the words here are “alah tavek pachath” (Strong's 5927, 8432, 6354). These words meanings are: alah “go ascend, climb”; tavek “midst, middle, among, from among”; pachath “a pit, often used as a figure of destruction”. And from this arrives the phrase “he that cometh up out of the midst of the pit”. This may be a very close match to 2 Thes 2:6-7:

“And you now know the thing that is holding back, that he may be revealed at the proper time. For the mystery of lawlessness is already at work; only the thing which now restrains will continue to do so until out of the midst he comes .” -literal translation by Bryan Huie [7]

“And in the present you know he's restrained, into being revealed in his appointed time. For the mystery now is working lawlessness alone, a restraining at this very moment, until out of the midst he arises .” –literal translation by Paradox Brown [8]

The Greek here for “out of the midst he comes” is “ek mesos ginomai” (Strong's 1537, 3319, 1096). These words meanings are: ek “from out of, out from, forth from”; mesos “middle, the midst, in the midst of, amongst”; ginomai “to come into existence, to arise, appear in history, come upon the stage”. And from this arrives the phrase, “out of the midst he comes” which is a very close match to “he that cometh out of the midst” .

It is also interesting that the “pit” or “Abyss” is a prison, a place which restrains those in it, and Paul repeatedly references to him being restrained. The word for restrained Paul uses twice in these verses is “katecho” (Strong's 2722) which means, “to hold back, detain, retain, restrain, hinder, hold fast, keep secure, possess”. This is contrasted with Paul saying he will be “revealed”, the word “apokalypto” (Strong's 601) which means, “to uncover, lay open what has been veiled or covered up, to disclose, make bare”.

This word meaning “uncover” is interesting, as in the Old Testament the Abyss is mentioned as being covered: “I covered the deep for him… when I cast him down to hell with them that descend into the Abyss… in the nether parts of the earth” (Eze 31) and “great waters shall cover thee; When I shall bring thee down with them that descend into the Abyss” (Eze 26). The method of covering seems to be described in Lam 3, “cast a stone upon me, waters flowed over my head” , of rock and earth, and on top of this deep oceans, covering the Abyss. Also interesting is the Old Testament emphasizing that while we cannot see the Abyss/Destruction, that to God “Abaddon has no covering” (Job 26) and (that even), “Sheol and Abaddon are before the LORD: how much more then the hearts of the children of men?” (Prov 15).

If there is another reason to think that “pachath” or pit is used in Isa 24 as a synonym for the Abyss, it would be related to an event described in Revelation 9.

“And the fifth angel sounded, and I saw a star fall from heaven unto the earth: and to him was given the key of the Abyss. And he opened the Abyss; and there arose a smoke out of the pit, as the smoke of a great furnace; and the sun and the air were darkened by reason of the smoke of the pit. And there came out of the smoke locusts upon the earth… And they had a king among them, [which is] the angel of the Abyss, whose name in the Hebrew tongue [is] Abaddon, but in the Greek tongue hath [his] name Apollyon.” - Rev 9:1-3a,11

Here smoke “arose” from the Abyss “out of” it, and locusts “came out” of the smoke, and “among them” is a king, the angel of the Abyss who is named Abaddon. And so, in the midst of smoke and locusts, Abaddon arose and came out of the Abyss among the locusts. The word for “arose” here is “anabaino” (Strong's 305) which means, “to ascend, go up, rise”. The word for “out of” here is “ek” (Strong's 1537) which means “from out of, out from, forth from”. And the words here for “came out” are “exerchomai ek” (Strong's 1831, 1537) and “exerchomai” means, “to go or come forth of”. The word here for “among” is “epi” (Strong's 1909), and can mean “among, by, before, in the presence of, near” and in several places in the New Testament is translated as “among” (KJV – Mat 13:7, Acts 1:21, 4:17, 2 Thes 1:10, Rev 7:15).

This passage describes that the angel Abaddon comes up out of the Abyss, among the locusts, in the middle or midst of smoke and locusts, as the Abyss is opened and becomes uncovered, and those in it are no longer restrained but revealed. Altogether there does seem to be some parallel between “he who cometh up out of the midst of the pit” of Isa 24 and “out of the midst he comes” of 2 Thes 2 and “arose a smoke out of the Abyss… came out of the smoke locusts… a king among them, the angel of the Abyss… Abaddon”of Rev 9.

Also interesting in Revelation, and potentially related, is the repeated use of the phrase “the beast who ascends out of the Abyss” as the angel Abaddon and locusts ascend out of the Abyss, and the phrase “beast from the sea” as the Abyss is said to be covered by deep oceans. And also, in an explanation of a mystery, “the beast that thou sawest, was, and is not, and shall ascend out of the Abyss” , all of which may also reference back to Isa 24, 2 Thes 2, and Rev 9.

[1] http://en.wikipedia.org/wiki/Tartarus
[2] http://www.thedivinecouncil.com/
[3] For a more complete study on Satan with a timeline, see here: http://www.paradoxbrown.com/Chapter_1.htm
[4] The Tree of Life: An Archeological Study by EO James, pgs. 4, 34, 42…
[5] To learn more on the Flood and how science supports the cataclysmic historic reality of this event, see http://www.Creation.com or also http://www.DrDino.com .
[6] http://www.bible-history.com/biblestudy/cisterns.html
[7] http://www.herealittletherealittle.net/index.cfm?page_name=Abaddon
[8] http://www.stopalienabduction.com/BookofRevelation.doc